ハスラーをスタッドレスをインチダウンして装着【165/65R14がおすすめ】

ハスラーのインチダウンのオススメサイズ

165/65R14

12月に入ったのでハスラーのタイヤを15インチから14インチにインチダウンしてスタッドレスに換えました。

ハスラーは軽自動車なので、当然タイヤも安いと思いきや、めっちゃ高い!よくよく見ると純正タイヤは一般的ではないサイズなんですよね。産業革命以降、大量生産品=安いという方程式が成り立ってきましたが、逆を言えば希少品=高価。残念ながらハスラーのタイヤサイズは後者に当てはまります。

せっかく軽自動車でコスパ良く乗りたいので、スタッドレスタイヤはインチダウンしました。これでだいたい純正タイヤの半額くらいになりました!ハスラーのインチダウンはサイズによりますが、安全で車検も通りますのでオススメです。

今回はハスラーのインチダウンについて、以下の要点で深堀していきます。

  1. 自分のハスラーをインチダウンした話
  2. タイヤサイズの説明
  3. インチダウンした時の安全性や車検は大丈夫かをディーラーで聞いた話

ハスラーのタイヤ高くてどうしようかなあ・・・と迷っている方のご参考になれば幸いです。


ハスラーのスタッドレスをインチダウンして装着


12月に入って寒くなると、スタッドレスの出番がやってきます。私の相棒ハスラー(新型ハスラー)は、2020年11月に納車したばかりですが、いきなりタイヤ交換です。

冒頭述べた通り、ハスラーの純正タイヤサイズは一般的に普及していない165/60R15というサイズです。なのでハスラーの純正サイズタイヤは高い!あまりにも高かったので、私は15インチから14インチにインチダウンすることにしました。

純正であることに強いこだわりがあれば別ですが、インチダウンすることをオススメします。とはいえ見た目とかどうなるか分からないと、オススメされても出来ない・・・という方のために私のインチダウンを実例として紹介いたします。

まずは純正タイヤの状態です。

ハスラー純正タイヤ装着状態
ハスラー純正タイヤ装着状態


ハスラー純正タイヤ装着状態
ハスラー純正タイヤ装着状態


ハスラー純正タイヤサイズ165/60R15
ハスラー純正タイヤサイズ165/60R15

ハスラーの純正タイヤサイズは165/60R15です。ちなみにタイヤはダンロップのENASAVE EC300+でした。

ではインチダウンしたハスラーの姿をご覧ください。

ハスラーインチダウンタイヤ装着状態
ハスラーインチダウンタイヤ装着状態


ハスラーインチダウンタイヤ装着状態
ハスラーインチダウンタイヤ装着状態


ハスラーインチダウンタイヤサイズ165/65R14

15インチから14インチ(165/65R14)にインチダウンしました。ちなみにホイールはVelva sportスタッドレスタイヤはヨコハマのice GUARD iG60です。純正も良いですが、ホイールが変わると雰囲気が変わってこれもまた良いですね!


さて気になるインチダウンによる変化ですが、正直ほとんど分かりません。インチダウンしても実際にはほとんど変わらないサイズなので、並べてみてもよく分からない程度の違いです。


これならインチダウンしても全然アリだと思います。

しばらく乗ってみましたが、乗り心地など特に問題ないです。強いて言えばスタッドレスなのでノーマルタイヤに比べてロードノイズは大きいですが、これは仕方ないですね。

タイヤサイズの見方

ハスラーのタイヤサイズをインチダウンした例を紹介しましたが、タイヤサイズって意味がよく分からないですよね。私も調べるまでは分かりませんでした。

インチダウンしても大丈夫!と言われても、理屈がよく分かっていないと不安になると思うので、タイヤサイズの見方を紹介します。

ハスラー純正タイヤサイズの165/60R15で説明します。

タイヤ幅

165/60R15

まず先頭の数字はタイヤの幅(mm)を表しています。ハスラーのタイヤの幅は165mmあることが分かります。

扁平率

165/60R15

次に2桁の数字は扁平率(%)と言って、タイヤの断面幅に対する断面高の比率を数値で表したものです。この数字が大きいほどゴムのタイヤ部分が薄く、小さいほど厚くなります。

タイヤ構造

165/60R15

アルファベットのRはタイヤの構造がラジアル構造であることを表しています。ほかにはバイアス構造がありますが、現在販売されているタイヤのほとんどがラジアルなので、特に気にしなくても良いです。

インチサイズ

165/60R15

ようやくきましたインチサイズ。最後の2桁がホイールのインチサイズを表しています。勘違いしそうですが、タイヤのインチサイズではなく、ホイールの直径(リム径)を示しています。

インチダウンする場合のサイズの見方

タイヤサイズの見方は上述の通りですが、ではインチダウンするときにどう考えたら良いかという説明をしたいと思います。

まずタイヤの幅は変更してはいけません。車体からタイヤがはみでると道路交通法違反になりますので、ハスラーの場合は165が必須です。

タイヤの構造はバイアス構造は古い規格なので、ラジアルタイヤを選びましょう。とはいっても基本的にラジアルタイヤしかない。

インチダウンする場合、15インチを14インチ、または13インチにしますが、その時にタイヤの外径が変わらないようにしないといけません。例えば165/60R14にすると、タイヤの外径が165/60R15よりも小さくなりますので、メーターなどに誤差がでます。よって、インチダウンする場合は扁平率を上げる(タイヤを厚く)することで、外径ができるだけ変わらないようにします。

165/65R14なら、165/60R15と比べて外径が9mm小さくなる計算になります。これなら法律的にも問題なく、メーターの誤差も気になりません。

ディーラーに確認してみた

ハスラーをインチダウン(165/60R15→165/65R14)した場合、車検とか点検が通るのか気になりますよね。なのでスズキアリーナで聞いてみました。

結論から言うと、「特に問題なし」です。要点は以下の通り。

165/65R14なら誤差範囲で、法令で定められている範囲なので車検は通る。
安全点検も問題無い。
若干スピード検知に差がでるので、安全装置の精度が悪くなるかもしれない。

ハスラーは自動ブレーキ装置がありますが、インチダウンするとスピードメーターに若干の誤差がでるため、精度が悪くなるかもとのこと。ディーラーとしては安全に関わることですから、保証外のように言わざるを得ないでしょう。とは言っても微々たる差ですし、作動すると思います。この点がどうしても気になる人は純正サイズにするしかないですね。

まとめ

ハスラーのインチダウンは165/65R14がオススメです。

14インチは一般的に多く普及しているので、純正サイズの15インチより圧倒的にコストパフォーマンスが良いです。スタッドレスなどでタイヤ交換を考えている人はぜひご参考ください。

余談ですが、ハスラーの後部座席のアレンジの自由度は素晴らしいです。タイヤ交換したあと持って帰るのがすごく楽。

後部座席はぺったんこになります。
純正タイヤ4本載せても余裕です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました