侘び草の小型水槽レイアウトは置くだけ簡単でキレイ!

侘び草のレイアウトのコツ

30キューブ水槽の真ん中に置くだけで映える!

置くだけで簡単に水槽が華やかになる画期的な製品。それが侘び草。

控えめに言って神ですね。

水草は育てたりレイアウトを考えたりするのがおもしろい反面、扱いが難しいんですがADAの侘び草はそんな悩みを一発で解消してくれますね。

今回侘び草を使った30cmキューブ水槽を立ち上げたので紹介したいと思います。

久しぶりにアクアリウムを始めたいと思い、水作りを始めておよそ1年。

どんだけ放置しとんねん。

とツッコミたくなりますが、育児やら仕事やらなんやらでずいぶん時間が空いてしまいました。

ウィローモスがはびこり、ミナミヌマエビが繁殖して何世代も繁栄する30キューブ水槽に、ついに生体と水草を入れました。

今後のアクアリウムの軌跡を残そうと思いまして、このブログにちょこちょこ載せていこうと思います。

タンクデータ

まず水槽の各種構成はこちら。

水槽:コトブキ クリスタルキューブ300(30cmキューブ水槽)
濾過:エーハイム2211
照明:ジェックス クリアLED パワーⅢ

侘び草を入れてみた

ようやく本題ですが、侘び草を30cmキューブ水槽に入れてみた状態を紹介します。

まず侘び草を入れる前がこちら。

30キューブ水槽に侘び草を入れる前のレイアウト。

はびこっていたウィローモスはカットして石に巻き付けました。

もともとコリドラスを飼いたくて、映えるように白砂を入れていたのですが、ちょっと汚くなってしまいました。

そして侘び草を入れた状態がこちら。

30キューブ水槽に侘び草を入れたレイアウト。

はい、キレイ。

もうこれだけで十分ですね。

30cmキューブだと侘び草のサイズ感から、真ん中に配置するのが一番良いと思います。

ただちょっとコードが見えてるのがナンセンスですねw

さらに侘び草をアップしてみるとこんな感じです。

侘び草のアップ。

はい、キレイ。(2回目)

侘び草、やっぱり良いですね。

そして生体を入れた状態がこちら。

侘び草と生体の写真。

これだけですごく良い感じの水槽になりました。

生体は以下の通りです。

ネオンテトラ 10匹
コリドラス・パンダ 3匹
コリドラス・シュワルティ 2匹

シュワルティは結構大胆というか、初日からカメラ目線くれました!

コリドラス・シュワルティがカメラ目線。

よろしくね!

さいごに

最後まで読んでいただきありがとうございました。

これからもアクアリウム日記をアップしていこうと思いますので、よろしければごらんください。

その他のブログ記事も良かったら見てもらえると泣いて喜びます。

以上、よろしくお願いいたします。

侘び草は通販できるのか?と言う話↓

侘び草をCO2無し、照明無しで4ヶ月育てた話↓

侘び草をCO2無し、照明無しで7ヶ月育てた話↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました