Diary

タフトのサンルーフはいらない!?試乗してみて分かったこと【ハスラーとの比較】

タフトのサンルーフはいらない!?試乗してみて分かったこと【ハスラーとの比較】
この記事を読むべき人

タフトのサンルーフ(スカイフィールトップ)っている?
ハスラーと比べてどう?
という疑問を持っている方にオススメ記事です。

ハスラー購入記その④です。

プリウスをハスラーに乗り換えることになりました。

通勤で乗るので次は軽にすると決めており、見た目や燃費からハスラーが良いなと思っていましたが、ハスラーと似たような車のダイハツのタフトにも試乗してきました。

スズキのハスラーと、ダイハツのタフト、それぞれ試乗して感じたことをご紹介いたします。

見た目に関しては完全に好みの話になるので、外観については触れず、乗ってみた感想、フィーリングについて記載しております。

タフトのサンルーフはいらない

タフトのサンルーフはいらない
ダイハツHPより引用

タフトはサンルーフを全グレードに標準採用されていることが特徴です。

開放感があって良いというレビューを見かけますが、実際に乗ってみるとそんな感じはしませんでした。

タフトはフロントガラスが狭いので、運転席から見える視界が狭く圧迫感を感じます。

サンルーフがあっても運転中は空を見上げることはありませんので、写真で見るような開放感は感じませんでした。

そしてサンルーフは思いのほか暑いです・・・

試乗したのは10月後半の快晴の日。

外気温は20度前後で快適でしたが、タフトに乗ってすぐサンルーフから降り注ぐ太陽光でジリジリと暑さを感じ、5分くらいでシェードを閉めました。

シェードを閉めたら開放感は全くなくなり、むしろ窮屈感があります。

ハスラーは車内が広いので、窮屈感はありませんでしたので、この点ではハスラーの方が優位ですね。


タフトのシートはホールド感があって良い

タフトのシートは比較的ホールド感があって運転はしやすいシートだと思います。

ハスラーは運転席もシートをフルフラットに倒せるよう、横の出っ張りがないので、ホールド感は欠けます。

この点はタフトの方が優位ですね。


タフトは燃費が悪い

燃費はハスラーの圧勝です。

カタログ値ですが、ノンターボでWLTC市街地モードで、ハスラーは22.9km/L、タフトは17.6km/L。

通勤メイン使用なら燃費は重要。

マイルドハイブリッド搭載のハスラーの圧勝です。

タフトにもマイルドハイブリッドなどの低燃費仕様があれば良いんですけどね。

スズキHPより引用

タフトはアイドリングストップからの再始動音がうるさい

タフトもハスラーもアイドリングストップ機能があります。

タフトはアイドリングストップから再始動する際、キュルキュルキュル!と大きな音がします。

一方ハスラーは静か!

プリウスはある程度モーターで動くので圧倒的に静かですが、それに慣れた私でもハスラーの再始動音は静かだと思いました。

これもハスラーの圧勝です。


まとめ

タフトの一番の売りであるサンルーフ(スカイフィールトップ)は残念ながら私には合いませんでした。

運転席ではなく、助手席に乗っている人は楽しいかもしれませんが、通勤で使うつもりなので不要でした。

あと暑さだけはもうちょっとどうにかしてほしかったですね。

10月でも開けてられないくらいジリジリと暑さを感じたので、冬しかサンルーフは開けられないのではないかと思います。

個人的にはハスラーの圧勝でした。

以上、タフトとハスラーの比較でした。

ご参考になれば幸いです。


新着記事

Photo & Camera

2023/1/6

標準ズームレンズを着けたフルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ

ありがとうございます。Udokkoです。 私の愛機はSONYのα7Riiで、レンズは小三元レンズのSEL2470Zです。カメラをカバンに入れて持ち運ぶときに、そのまま入れてしまうとダメージがありそうなのが気になりますよね。今回はその対策としてラッピングクロスを購入してみました。カメラのラッピングクロスを購入しようとしている方は、サイズ感が気になると思いますので、そのご参考にしていただければ幸いです。 フルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ 結論は題名に書いてある通りなんですが、フルサイ ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/4

GRⅢxのRAWデータは情報量が豊富

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxはコンパクトなカメラながら、APS-Cセンサーを搭載しています。よって、そのデータの情報量はコンデジとは思えない物です。今回はRAWで撮ったデータをLightroomに取り込んで、シャドウやハイライトをいじってみました。GRⅢxのデータにどれだけの情報量が詰め込まれているのか、感覚的に掴んでみたいと思います。 室内で撮った写真のRAW現像 まずはこちらの写真。これは何もいじっていないスタンダードな状態です。部屋の床に落ちていた猫じゃらし。左上は黒潰れ、右上 ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/3

RX100M6の外観レビュー。滑るのが気になる。

ありがとうございます。Udokkoです。 GoopassさんでSONYのコンデジのRX100M6をお借りしました。GRⅢxでコンデジの魅力に気づいたので、借りてみたわけです。GRⅢxは単焦点、RX100M6は24−200mmの超便利なズームレンズという違いがあります。レンズの構成を見るとある意味対極に位置するような2つのカメラです。また、GRⅢxのズームができない、AFや動画性能が劣るという点をRX100M6は克服してくれています。とても面白そうなコンデジ。試さずにはいられませんね。というわけで今回はRX ...

ReadMore

Game

2023/1/2

COD DMZのコントローラーの上下反転の設定方法

ありがとうございます。Udokkoです。 COD Warzoneに新たに追加されたDMZの、コントローラーの上下反転の設定方法です。PS5版ですが、おそらくPS4でも同様だと思います。意外と分かりにくかったので、備忘録として残しておきます。 歯車マーク → コントローラー → エイム → 垂直エイム軸 → 通常を反転に変更 以上が手順になります。画像も載せておきますので、反転民の方はご参考くださいませ。 この記事は以上です。

ReadMore

Photo & Camera

2022/12/28

GRⅢxのイメージコントロールを猫で比較してみた

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxには10種類のイメージコントロールがあります。 https://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr-3/feature/03.html Fujifilmで言えばフィルムシミュレーション、SONYだとクリエイティブコントロールになりますね。各社色々言い方がありますが、要はカメラメーカーが用意してくれている画作りのことです。特にRICOHのGRⅢxはモノクロはもちろんですが、ポジフィルム調やブリーチバイパスなどが ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-Diary
-, , , , ,