Diary

ハスラー(MR92S)のハイブリッド用バッテリーの紹介

ハスラー(MR92S)のハイブリッド用バッテリーの紹介

2020年11月に新型ハスラー(MR92S)を購入しました!モデルチェンジ前から大人気のハスラーですが、実際乗ってみると確かに良い車だと感じます。ぜひハスラーの魅力をお伝えしたく、今後もこのブログでレビューをしていこうと思っておりますので、よろしければお付き合いください。

ハスラー紹介記事一発目は、ハイブリッド用バッテリーのご紹介です!

え!?興味ない!?
他にも伝える所があるだろうって!?

まあまあそう言わず見ていってください。きっと無駄にはしませんよ。(保障はないです)

ハスラー(MR92S)のハイブリッド用バッテリーの紹介

ハスラーは軽自動車ながらマイルドハイブリッドを搭載することで、パワフルな走りと良好な燃費を発揮しています。

発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)により、減速時のエネルギーを利用して発電し、アイドリングストップ車専用鉛バッテリーと専用リチウムイオンバッテリーに充電。その電力を活かして、加速時にはモーターでエンジンをアシスト。さらなる燃費の向上に貢献するハイブリッドシステムです。

https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/performance_eco/

NA(ノンターボ)仕様ならWLTC市街地モードで22.9km/Lと、他メーカーの軽自動車と比較しても優れた燃費となっています。

ハイブリッドなのでモーターとリチウムイオンバッテリーを搭載することになりますが、今回はリチウムイオンバッテリーを紹介したいと思います。

ハスラー(MR92S)のハイブリッド用バッテリーの場所

気になるバッテリーの位置ですが、助手席シーター下にあります。実際に写真を見ながら説明したいと思います。

まずこちらが助手席シートです。

ハスラー(MR92S)の助手席


助手席と背もたれの間にあるヒモを引っ張ると、ぱかっと開きます。ここにはちょっとした収納があって、軽自動車の小さなスペースをいかに有効に使おうとしているかが感じられます。

ハスラー(MR92S)の助手席シート下の収納


バッテリーはこの収納のさらに下に鎮座しております。収納は上に持ち上げるだけではずせます。特にロックなどはかかっておりません。

ハスラー(MR92S)の助手席シート下の収納のさらに下にあるリチウムイオンバッテリー


取り出しにくい所にあるのかと思いきや、リチウムイオンバッテリーまでのアクセスは非常に簡単です。これなら交換も楽ですね。

ハイブリッド用バッテリーと聞くと、結構な大きさかなと思いますが、長辺でも約25cm程度とコンパクトです。小さなモーターなので小さなバッテリーで十分、ということでしょう。

ハスラー(MR92S)のリチウムイオンバッテリー


ハスラー(MR92S)のハイブリッド用バッテリーの詳細

さて助手席シート下に鎮座されておりますリチウムイオンバッテリーですが、詳細を見ていきましょう。


メーカー:DENSO
型番:85PBDC
容量:12V36Wh
製造国:MADE IN JAPAN

リチウムイオンバッテリーのメーカーはDENSOでした。

https://www.denso.com/jp/ja/business/products-and-services/mobility/powertrain/hybrid/

型番は85PBDCで、これはスイフトやクロスビーと同じ型番でした。バッテリーが小さいため容量は12V36Whと小さいです。そして安心のMADE IN JAPAN。

まとめ

ハスラー(MR92S)のハイブリッド用バッテリーは助手席シート下に収まりよく鎮座されております。

マイルドハイブリッド、要は小さなモーターアシストのため、バッテリーはごく小さいものです。それでもモーターの最高出力は2.6PS、最大トルクは4.1kg・mであり、最大トルクはエンジンの5.9kg・mに迫る性能です。

これを動かすバッテリーは思ったより小さく、その駆動効率の良さが感じられます。スズキらしい小さくて良い車作りも感じますね。

ハスラーは見た目の良さはもちろんですが、燃費や走りの良さにも人気の秘訣があると思います。その燃費と走りを助手席の下でひっそりと支えているバッテリーのことを、たまにはねぎらってあげたいものです。

以上、ハスラー(MR92S)のマイルドハイブリッド用リチウムイオンバッテリーの紹介でした。


新着記事

Photo & Camera

2023/1/6

標準ズームレンズを着けたフルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ

ありがとうございます。Udokkoです。 私の愛機はSONYのα7Riiで、レンズは小三元レンズのSEL2470Zです。カメラをカバンに入れて持ち運ぶときに、そのまま入れてしまうとダメージがありそうなのが気になりますよね。今回はその対策としてラッピングクロスを購入してみました。カメラのラッピングクロスを購入しようとしている方は、サイズ感が気になると思いますので、そのご参考にしていただければ幸いです。 フルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ 結論は題名に書いてある通りなんですが、フルサイ ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/4

GRⅢxのRAWデータは情報量が豊富

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxはコンパクトなカメラながら、APS-Cセンサーを搭載しています。よって、そのデータの情報量はコンデジとは思えない物です。今回はRAWで撮ったデータをLightroomに取り込んで、シャドウやハイライトをいじってみました。GRⅢxのデータにどれだけの情報量が詰め込まれているのか、感覚的に掴んでみたいと思います。 室内で撮った写真のRAW現像 まずはこちらの写真。これは何もいじっていないスタンダードな状態です。部屋の床に落ちていた猫じゃらし。左上は黒潰れ、右上 ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/3

RX100M6の外観レビュー。滑るのが気になる。

ありがとうございます。Udokkoです。 GoopassさんでSONYのコンデジのRX100M6をお借りしました。GRⅢxでコンデジの魅力に気づいたので、借りてみたわけです。GRⅢxは単焦点、RX100M6は24−200mmの超便利なズームレンズという違いがあります。レンズの構成を見るとある意味対極に位置するような2つのカメラです。また、GRⅢxのズームができない、AFや動画性能が劣るという点をRX100M6は克服してくれています。とても面白そうなコンデジ。試さずにはいられませんね。というわけで今回はRX ...

ReadMore

Game

2023/1/2

COD DMZのコントローラーの上下反転の設定方法

ありがとうございます。Udokkoです。 COD Warzoneに新たに追加されたDMZの、コントローラーの上下反転の設定方法です。PS5版ですが、おそらくPS4でも同様だと思います。意外と分かりにくかったので、備忘録として残しておきます。 歯車マーク → コントローラー → エイム → 垂直エイム軸 → 通常を反転に変更 以上が手順になります。画像も載せておきますので、反転民の方はご参考くださいませ。 この記事は以上です。

ReadMore

Photo & Camera

2022/12/28

GRⅢxのイメージコントロールを猫で比較してみた

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxには10種類のイメージコントロールがあります。 https://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr-3/feature/03.html Fujifilmで言えばフィルムシミュレーション、SONYだとクリエイティブコントロールになりますね。各社色々言い方がありますが、要はカメラメーカーが用意してくれている画作りのことです。特にRICOHのGRⅢxはモノクロはもちろんですが、ポジフィルム調やブリーチバイパスなどが ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-Diary
-, , ,