Photo & Camera

2009年に発売されたオリンパス PEN E-P2は2022年でも使えるか?

2009年に発売されたオリンパス PEN E-P2は2022年でも使えるか?

久しぶりにクローゼットの奥から出されたオリンパスのPEN E-P2。はじめてのボーナスで買った思い入れのあるデジタルカメラです。発売は2009年で、2022年現在では13年前のカメラとなっております。ミラーレスカメラ全盛期が到来しておりますが、当時としてはミラーレスカメラの先駆けとしてマイクロフォーサーズがでてきた時代です。

デジタルカメラの進歩はすさまじいものがあります。人物の顔どころか瞳にバッチリAFが合ったり、動物の瞳にもAFがバッチリ合ったり。特にAF関係の進歩はすごいですよね。なにげにこの瞳AFを最初に発表したのはオリンパスです。ミラーレスや瞳AFなど、オリンパスは結構カメラの先駆け的なメーカーなんですよね。残念なのはオリンパスがそのあたりのコマーシャルがうまくいかなかったようで、オリンパスはカメラ部門を手放し、いまはOMデジタルソリューションズとなってしまいました。とはいえOMデジタルソリューションズもオリンパスの系譜であり、2022年3月にはフラッグシップ機のOM-1が発売になります。

そして実はOMデジタルソリューションズとして最初に発売したのはPEN E-P7でした。再出発を彩るカメラが私の思い入れのあるPENシリーズであるのはとても感慨深いものがあります。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、PEN E-P2は13年の時を経ても使えるのか、実際に写真を撮ってみました。E-P2はPENシリーズの中でも2番めに古い機種です。これからPENの中古を買おうか検討している方のご参考になれば幸いです。

ありがとうございます。Udokkoです。YoutubeTwitterInstagramもやっているのでぜひご覧ください。




2022年に2009年に発売されたオリンパス PEN E-P2は使えるか?

PEN E-P2は13年前のデジカメということもあり、現行品と比べるとスペック的にはかなり見劣る部分があります。一方で、レンズ交換式の一眼カメラなので、最新のスマホとは違った表現の写真が撮れることも事実だと思います。

今回はスペック紹介、作例を交えて良い所、悪い所の順にPEN E-P2をご紹介していこうと思います。

結論から言うと、使い勝手は悪いけど、画質はキレイなのでスナップには使えると思います!


PEN E-P2のスペック

スペック詳細は公式HPをご確認ください。

公式HP:https://www.olympus-imaging.jp/product/dslr/ep2/spec/index.html

主なスペックはこちらの通りです。

画素数:1230万画素
記録画像形式:RAW(12bit ロスレス圧縮),JPEG,JPEG+RAW
動画記録画素数:HD:1280×720 アスペクト 16:9
背面液晶:3.0型、約230,000ドット
AF測距点:11
感度:iso200-6400
シャッタースピード:60 - 1/4000秒
手ぶれ補正:4EV
連続撮影速度:約3コマ/秒
本体重量:約335g

https://www.olympus-imaging.jp/product/dslr/ep2/spec/index.html

画素数は1230万画素と少なめですが、スマホやPCで見る分には必要十分です。ちなみに4Kテレビの画素数が800万画素なので、4Kテレビに映しても余るくらいの画素数です。iso感度も6400まで、シャッタースピードは1/4000秒と、古いですがカメラとして必要十分な機能があると思います。

一方で、動画撮影は厳しいですね。動画撮影はHDまでで、フルHDの撮影もできません。最近のカメラは動画機能が優秀ですが、PEN E-P2に動画機能を期待することはできません。

PEN E-P2の良い所

まずは良い所から。

小さくて軽い

マイクロフォーサーズの利点として真っ先にあげられる小型軽量ボディとレンズ。このPEN E-P2も例に漏れず小型軽量です。レンズは14mm(28mm相当)のパンケーキレンズで、レンズ込みでも小型軽量になっています。これだけ小さくて軽いと気軽に持ち出せますね。


画質キレイ

13年前のカメラなので、画質はガッサガサの汚いのでは?というイメージがあるかもしれません。当時は結構キレイに撮れるなと思っていましたが、2022年に見ると正直見劣りすると思っていました。ところが、意外や意外。普通にキレイに撮れます。作例を載せておきます。すべてRAWで撮ってOM Workspaceで現像したもので、レタッチなどはしておりません。ブログ掲載用に150~500KB程度まで圧縮しています。

こちらはお昼寝中のぽん氏。白いおひげがきれいに写ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA




こちらは愛車ハスラーのハンドル。ハンドル中央の凸凹感がきちんと写っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA





日中の公園で、シンボルツリーを半逆光気味に撮ってます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA





同じくシンボルツリーを順光でパシャリ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA





柱のテクスチャー。データ圧縮しすぎて分かりにくいですが、コンクリート?のジャリジャリ感があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA




PEN E-P2の悪い所

写真はキレイに撮れますが、使い勝手が悪いところがチラホラ。最近買ったSONYのZV-E10との比較になるので、世代的にどうしようもないですが、気にはなります。

手振れ補正が死んでいる

13年前のカメラなので仕方ないです。手振れ補正が壊れています。

オリンパスのPENのISが赤く点滅するのは何?

続きを見る

オリンパスのカメラは手振れ補正が優秀であることが特徴なので、これは残念。実際にはシャッタースピードを上げれば問題なく撮れるんですけどね。とはいえあった方が良いに越したことは無いです。

背面液晶が荒い

これが一番困った点ですが、背面液晶が荒くてピントが合ってるのか分かりくい。ファインダーはなく、背面液晶のみで判断するので、これは困った。ピントが合ってるか拡大してみてもよく分からないほど液晶が荒い。帰ってPCに取り込んでみて、はじめてピントが合ってるのかが分かる仕様です。ある意味フィルム的な面白さと考えれば、この不便さもアリと言えばアリか・・・?

AFが遅い

SONYのZV-E10のAFが良すぎるのもありますが、PEN E-P2のAFはめちゃくちゃ遅い!AF性能は期待できないので、動くものは撮れないと思った方が良いです。特に子どもなんかはまず無理でしょう。


まとめ:使い勝手は悪いけど、画質はキレイなのでスナップには使えると思います!

悪い所の方が目立ちますが、PEN E-P2は2022年でもなんだかんだ使えます!やはり小さくて軽いので、気軽に持ち出してパシャパシャとスナップで撮るには問題ないと思います。最新の一眼に比べればスペックでかなり見劣りしますが、写る画像はキレイなもんです。

やっぱりPENは見た目も良いし、良いカメラだなあと思います。PENの最新機種PEN E-P7が欲しくなりました。フルサイズのカメラが話題になりがちですが、システム全体が小さくて軽いマイクロフォーサーズを趣味カメラとしてみてはいかがでしょうか。





新着記事

Diary

2022/9/29

造花とぽん氏と私と

ありがとうございます。Udokkoです。 ぽん氏の部屋の片隅に、造花があります。この造花は結婚式の時に母が作ってくれた物で、もう10年以上が経ちます。 そう考えると随分時間が経ったなあとしみじみ。 みみ先生が来て、ぽん氏が来て、息子が来て。 みみ先生とは残念ながらお別れすることにもなりました。 ぽん氏はまだまだ長生きしてくれるでしょう。 なんだかんだで私も平均寿命の半分近くになりました。 歳をとるのも別に悪いことじゃないです。 年をとると知識や経験が蓄積されるので、むしろイージーモードになる気がする。 と ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/27

ミラーレスカメラの欠点!?ストロボ撮影で必須の液晶表示設定がある

ありがとうございます。Udokkoです。今回はミラーレスカメラのある意味欠点とも言えるかもしれないストロボ撮影時の液晶表示設定についてシェアしたいと思います。 ミラーレスカメラは構造上、EVFや背面液晶に写る写真がそのまま表示されます。あとからPCや印刷して見ても、基本的には液晶で見たものと同じものが写っています。これがミラーレスのメリットであると言えます。スマホと同じ感覚で撮れるので、ミラーレスは初心者向けと言えるかもしれません。 一方で、自分もやってみるまで気づかなかった意外な盲点として、ストロボ撮影 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/26

SONYのISO AUTO低速限界とはシャッタースピード下限値のこと

ありがとうございます。Udokkoです。 SONYのカメラには「ISO AUTO低速限界」という設定があります。ISO AUTO低速限界。繰り返します。ISO AUTO低速限界。これ以上難解な日本語はあるだろうか。いや、ない。 この文字だけ見ても全くピンとこない設定なんですが、意味が分かるととても便利な設定です。いまや私にとってこのISO AUTO低速限界は必須機能です。まだISO AUTO低速限界を使ったことがない方は、ぜひ一度使ってみてください。手ブレ、被写体ブレなどの失敗写真がグンと減ると思います。 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/25

LUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.の世界一遅いレビュー

ありがとうございます。Udokkoです。 個人ブログとしては世界で一番遅い、つまり言い換えると一番新しいレビューになると思います。2010年に発売され、2022年9月の時点ではすでに生産完了品となっているLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.のレビューでございます。 今は2型のLUMIX G 14mm / F2.5 Ⅱ ASPH.が発売されていますが、今回購入したのは1型の古い方。なぜ今更感満載のLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.を買ったのかをシェアさせていただきたく存じます。 ...

ReadMore

Diary

2022/9/20

机、椅子、ベッド、いずれもぽん氏の居場所になる

ありがとうございます。Udokkoです。 自由きままな猫。ぽん氏も例外ではなく、基本的に我が家のいろんなところに現れます。私の部屋の机、椅子、ベッドも、ぽん氏の居場所になります。 机の上作業しているとどこからともなく現れるぽん氏。 椅子の上にもちゃっかり乗ります。 続きます

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-Photo & Camera
-