Photo & Camera

GRⅢxのマクロとクロップを組み合わせて撮影倍率を調べてみた

GRⅢxのマクロとクロップを組み合わせて撮影倍率を調べてみた




ありがとうございます。Udokkoです。GRの魅力にハマっております。今回はマクロ撮影のお話です。



GRⅢxにはマクロ機能があるため、気軽にマクロ撮影ができます。


マクロボタンを押すだけでAFによる近接撮影が可能です。撮影距離範囲はレンズ先端から6~12cm(GR III)、12~24cm(GR IIIx)。接写による豊かなボケを生かした印象的な作品作りが手軽に楽しめます。
● マクロモードと通常モードの切り替えは手動のみとなります。
● フォーカスが[スナップ][∞]時も、マクロモードに入り、AFが作動します。

https://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr-3/feature/03.html




さらにクロップ機能もあるため、マクロとクロップを組み合わせることで、さらに高倍率のマクロ撮影が可能になります。



クロップモードでは、1台のカメラでレンズ3本分に相当する構図で撮影が可能。GR IIIは焦点距離35mm/50mm相当、GR IIIxは50mm/71mm相当の画角で画像を記録します。また、GR IIIとGR IIIxを併用することで、広角から中望遠域までをカバー。背景の情報をたっぷりと写し込んだ臨場感のある広角から、見た目に近い自然な標準、ポートレートなどに適した中望遠まで、表現領域が拡大します。
● 焦点距離は35ミリ判換算値。

https://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr-3/feature/03.html




というわけで、マクロとクロップを組み合わせてみるとどうなるか、実験してみました。GRⅢxのマクロ機能に興味がある方のご参考になれば幸いです。


GRⅢxの主なスペック

レンズ5群7枚(非球面レンズ2枚)
焦点距離・F値26.1mm (35ミリ判換算で約40mm相当)、F2.8~F16
撮像素子原色フィルター/CMOS、サイズ:23.5mm×15.6mm(APS-C)
有効画素数約2424万画素
手ぶれ補正撮像素子シフト方式 (Shake Reduction)(3軸補正)
フォーカスタイプ像面位相差検出およびコントラスト検出によるハイブリッド方式
顔/瞳検出有り
撮影距離範囲(レンズ先端から)標準:約0.2m~∞、マクロモード:約0.12m~0.24m
クロップ50mm、71mm、オフ
画像モニター3.0型TFTカラーLCD (アスペクト比3:2)、約103.7万ドット、広視野角タイプ、エアギャップレス強化ガラス
電池寿命撮影可能枚数:約200枚
外形寸法約109.4(幅)×61.9(高)×35.2(厚)mm(操作部材、突起部を除く)
質量約262g(バッテリー、SDメモリーカード含む)、約232g(本体のみ)
公式HPより引用 https://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr-3/spec/




GRⅢxのマクロモードについて




GRⅢxのマクロモードはマクロボタンを押すだけでOKです。とっても簡単にマクロ撮影ができてしまいます。マクロモードにするとレンズが少しだけ前ににゅっと出てきます。エクステンションチューブと同じような仕組みですね。マクロモードにすると無限遠が出なくなり、近接しか撮れないので、マクロモードを戻し忘れないように注意が必要です。私は何度もあれ?ってなることがありました。


通常撮影モード
マクロ撮影モード




GRⅢxのマクロとクロップを組み合わせて倍率を計算してみた




GRⅢxは焦点距離が40mmですが、クロップモードにすると50mmと71mm相当が選択できます。そしてそれぞれの焦点距離でもマクロ撮影が可能であるため、標準マクロと中望遠マクロにもなるという1台で何度も美味しい仕様になっています。それでは実際にマクロとクロップを組み合わせて試し撮りしてみました。


まずは40mmの標準撮影。定規のメモリが足りないですが、16.5cm程度まで写せます。GRⅢxは横幅23.5mmのAPS-Cセンサーなので、0.14倍ですね。

まずは40mmの標準撮影。定規のメモリが足りないですが、16.5cm程度まで写せます。GRⅢxは横幅23.5mmのAPS-Cセンサーなので、0.14倍ですね。





40mmのマクロモード。約8.5cmまでピントが合いました。倍率は0.28倍。

40mmのマクロモード。約8.5cmまでピントが合いました。倍率は0.28倍。





続いて50mmにクロップして通常撮影。11.8cmまで写りましたので、倍率は0.2倍。

続いて50mmにクロップして通常撮影。11.8cmまで写りましたので、倍率は0.2倍。





50mmクロップでマクロ撮影。7cmまで写ったので、倍率は0.34倍。

50mmクロップでマクロ撮影。7cmまで写ったので、倍率は0.34倍。





71mmクロップで通常撮影。8.2cmまで写るので、0.28倍。

71mmクロップで通常撮影。8.2cmまで写るので、0.28倍。





71mmクロップでマクロ撮影。5cmまで写るので、0.47倍。概ねハーフマクロです。ここまで寄れるとマクロっぽい面白さがでてきますね。

71mmクロップでマクロ撮影。5cmまで写るので、0.47倍。概ねハーフマクロです。ここまで寄れるとマクロっぽい面白さがでてきますね。





まとめると倍率はこうなります。

焦点距離&マクロ有無撮影倍率
40mm&通常撮影0.14
40mm&マクロ撮影0.28
50mmクロップ&通常撮影0.2
50mmクロップ&マクロ撮影0.34
71mmクロップ&通常撮影0.28
71mmクロップ&マクロ撮影0.47

ピントをもっとシビアに合わせればもう少し寄れるかもしれませんので、上記はあくまでご参考ということでお願いいたします。



通常撮影とマクロ撮影の比較



アジサイの葉っぱを40mmで通常撮影。





アジサイの葉っぱを40mmでマクロ撮影。葉っぱの中にあるゴミ?のようなものまで写ります。





公園のパンジーを40mmで通常撮影。





公園のパンジーを40mmでマクロ撮影。花の迫力が出てきますね。





ぽん氏の肉球を40mmで通常撮影。





ぽん氏の肉球を40mmでマクロ撮影。肉球のシワが見えた・・・!





作例





まとめ

GRⅢxのマクロ撮影の倍率を調べてみると、71mmクロップのマクロでハーフマクロ程度でした。

焦点距離&マクロ有無撮影倍率
40mm&通常撮影0.14
40mm&マクロ撮影0.28
50mmクロップ&通常撮影0.2
50mmクロップ&マクロ撮影0.34
71mmクロップ&通常撮影0.28
71mmクロップ&マクロ撮影0.47



カタログを見ると結構寄れると思いきや、思ったよりは寄れないというのが正直なところです。実はカタログスペックはレンズ先端からの距離なんですよね。よく見るのはセンサーからの距離の方が一般的かなと思いますので、ちょっと注意が必要です。


とはいえGRⅢxのマクロでも個人的には十分寄れますし、GRⅢxのマクロは箸休め的に使うため問題無しです。十分マクロで遊べます。


以上、GRⅢxのマクロとクロップを組み合わせて撮影倍率を調べてみました。ご参考になれば幸いです。

著:森山大道, 著:菅原一剛, 著:上田義彦, 著:大和田 良, 著:ハービー・山口, 著:大門美奈, 著:内田ユキオ, 著:浅川英郎, 著:深川麻衣, 著:柴崎友香
カメラ・レンズのレンタルサービスGOOPASSを使ってみた感想

続きを見る

GRⅢxで子どもの撮影はできるのか試してみた

続きを見る

RICOH GRⅢxレビュー。外観編。

続きを見る



新着記事

Photo & Camera

2023/1/6

標準ズームレンズを着けたフルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ

ありがとうございます。Udokkoです。 私の愛機はSONYのα7Riiで、レンズは小三元レンズのSEL2470Zです。カメラをカバンに入れて持ち運ぶときに、そのまま入れてしまうとダメージがありそうなのが気になりますよね。今回はその対策としてラッピングクロスを購入してみました。カメラのラッピングクロスを購入しようとしている方は、サイズ感が気になると思いますので、そのご参考にしていただければ幸いです。 フルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ 結論は題名に書いてある通りなんですが、フルサイ ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/4

GRⅢxのRAWデータは情報量が豊富

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxはコンパクトなカメラながら、APS-Cセンサーを搭載しています。よって、そのデータの情報量はコンデジとは思えない物です。今回はRAWで撮ったデータをLightroomに取り込んで、シャドウやハイライトをいじってみました。GRⅢxのデータにどれだけの情報量が詰め込まれているのか、感覚的に掴んでみたいと思います。 室内で撮った写真のRAW現像 まずはこちらの写真。これは何もいじっていないスタンダードな状態です。部屋の床に落ちていた猫じゃらし。左上は黒潰れ、右上 ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/3

RX100M6の外観レビュー。滑るのが気になる。

ありがとうございます。Udokkoです。 GoopassさんでSONYのコンデジのRX100M6をお借りしました。GRⅢxでコンデジの魅力に気づいたので、借りてみたわけです。GRⅢxは単焦点、RX100M6は24−200mmの超便利なズームレンズという違いがあります。レンズの構成を見るとある意味対極に位置するような2つのカメラです。また、GRⅢxのズームができない、AFや動画性能が劣るという点をRX100M6は克服してくれています。とても面白そうなコンデジ。試さずにはいられませんね。というわけで今回はRX ...

ReadMore

Game

2023/1/2

COD DMZのコントローラーの上下反転の設定方法

ありがとうございます。Udokkoです。 COD Warzoneに新たに追加されたDMZの、コントローラーの上下反転の設定方法です。PS5版ですが、おそらくPS4でも同様だと思います。意外と分かりにくかったので、備忘録として残しておきます。 歯車マーク → コントローラー → エイム → 垂直エイム軸 → 通常を反転に変更 以上が手順になります。画像も載せておきますので、反転民の方はご参考くださいませ。 この記事は以上です。

ReadMore

Photo & Camera

2022/12/28

GRⅢxのイメージコントロールを猫で比較してみた

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxには10種類のイメージコントロールがあります。 https://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr-3/feature/03.html Fujifilmで言えばフィルムシミュレーション、SONYだとクリエイティブコントロールになりますね。各社色々言い方がありますが、要はカメラメーカーが用意してくれている画作りのことです。特にRICOHのGRⅢxはモノクロはもちろんですが、ポジフィルム調やブリーチバイパスなどが ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-Photo & Camera
-, ,