Photo & Camera

GRⅢxのイメージコントロールを猫で比較してみた

GRⅢxのイメージコントロールを猫で比較してみた




ありがとうございます。Udokkoです。

GRⅢxには10種類のイメージコントロールがあります。

https://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr-3/feature/03.html




Fujifilmで言えばフィルムシミュレーション、SONYだとクリエイティブコントロールになりますね。各社色々言い方がありますが、要はカメラメーカーが用意してくれている画作りのことです。特にRICOHのGRⅢxはモノクロはもちろんですが、ポジフィルム調やブリーチバイパスなどが人気のようで、私も例に漏れずポジフィルム調が好きだったりします。RICOHの公式HPにもイメージコントロールの例はありますが、今回は我が家の猫のぽん氏で撮り比べてみようと思います。



スタンダード

まずはスタンダードです。特に何も色が変わっていない素の状態です。これがベースになります。良い顔してるよ、ぽん氏。

スタンダード






ビビッド

ビビッドはスタンダードと比べると、名前の通りビビッドな色になります。ヨガマットのピンクが濃くなってますね。毛の色も濃くなってます。

ビビッド






ポジフィルム調

GRでおそらく最も人気がありそうなポジフィルム調。私も好きです。黒色がより黒くしまったような、しっとりしたような、そんな雰囲気です。

ポジフィルム調






モノトーン

モノトーンです。いわゆるベーシックなモノクロ写真で、GRにはモノクロの種類が豊富です。

モノトーン






ソフトモノトーン

ソフトモノトーンは名前の通り、モノトーンと比べるとソフトな画作りです。猫撮影には合ってると思います。柔らかい雰囲気のぽん氏も良きです。

ソフトモノトーン






ハードモノトーン

ハードモノトーンも名前の通り、モノトーンと比べるとハードな印象です。次のハイコントラスト白黒とモノトーンの間くらいのイメージですかね。

ハードモノトーン






ハイコントラスト白黒

ハイコントラスト白黒も分かりやすい名前です。GRのモノクロといえばこのハイコントラスト白黒ではないでしょうか。バキバキの格好いい感じの写真には合いそうです。

ハイコントラスト白黒






ブリーチバイパス

ブリーチバイパスは銀残しと言われる映画の手法らしいです。元の色からはかなりかけ離れてますので、使い所が限定されそうです。とはいえハマるとかっこいい写真になりそう。

ブリーチバイパス






レトロ

名は体を表す。そのままの雰囲気でレトロな感じになります。周辺減光もかなり強く写ります。周辺減光が好きな私には好きな雰囲氣です。

レトロ






HDR調

HDR=High Dynamic Range。

HDR調






クロスプロセス

クロスプロセスは手っ取り早く雰囲気を出せるイメージのような気がします。

クロスプロセス






まとめ

色々あって悩んでしまいますが、イメージコントロールを試していけば、そのうち必勝パターンみたいなものが見つかるかもしれませんね。
以上、GRⅢxのイメージコントロール全種類でした。


GRⅢxで子どもの撮影はできるのか試してみた

続きを見る

GRⅢxのマクロとクロップを組み合わせて撮影倍率を調べてみた

続きを見る

GRⅢxのISO感度はどこまでが許容範囲なのか試してみた

続きを見る

GR Ⅳの発売日はいつ?過去のデータとIR情報から予測してみる

続きを見る



新着記事

Photo & Camera

2023/1/6

標準ズームレンズを着けたフルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ

ありがとうございます。Udokkoです。 私の愛機はSONYのα7Riiで、レンズは小三元レンズのSEL2470Zです。カメラをカバンに入れて持ち運ぶときに、そのまま入れてしまうとダメージがありそうなのが気になりますよね。今回はその対策としてラッピングクロスを購入してみました。カメラのラッピングクロスを購入しようとしている方は、サイズ感が気になると思いますので、そのご参考にしていただければ幸いです。 フルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ 結論は題名に書いてある通りなんですが、フルサイ ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/4

GRⅢxのRAWデータは情報量が豊富

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxはコンパクトなカメラながら、APS-Cセンサーを搭載しています。よって、そのデータの情報量はコンデジとは思えない物です。今回はRAWで撮ったデータをLightroomに取り込んで、シャドウやハイライトをいじってみました。GRⅢxのデータにどれだけの情報量が詰め込まれているのか、感覚的に掴んでみたいと思います。 室内で撮った写真のRAW現像 まずはこちらの写真。これは何もいじっていないスタンダードな状態です。部屋の床に落ちていた猫じゃらし。左上は黒潰れ、右上 ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/3

RX100M6の外観レビュー。滑るのが気になる。

ありがとうございます。Udokkoです。 GoopassさんでSONYのコンデジのRX100M6をお借りしました。GRⅢxでコンデジの魅力に気づいたので、借りてみたわけです。GRⅢxは単焦点、RX100M6は24−200mmの超便利なズームレンズという違いがあります。レンズの構成を見るとある意味対極に位置するような2つのカメラです。また、GRⅢxのズームができない、AFや動画性能が劣るという点をRX100M6は克服してくれています。とても面白そうなコンデジ。試さずにはいられませんね。というわけで今回はRX ...

ReadMore

Game

2023/1/2

COD DMZのコントローラーの上下反転の設定方法

ありがとうございます。Udokkoです。 COD Warzoneに新たに追加されたDMZの、コントローラーの上下反転の設定方法です。PS5版ですが、おそらくPS4でも同様だと思います。意外と分かりにくかったので、備忘録として残しておきます。 歯車マーク → コントローラー → エイム → 垂直エイム軸 → 通常を反転に変更 以上が手順になります。画像も載せておきますので、反転民の方はご参考くださいませ。 この記事は以上です。

ReadMore

Photo & Camera

2022/12/28

GRⅢxのイメージコントロールを猫で比較してみた

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxには10種類のイメージコントロールがあります。 https://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr-3/feature/03.html Fujifilmで言えばフィルムシミュレーション、SONYだとクリエイティブコントロールになりますね。各社色々言い方がありますが、要はカメラメーカーが用意してくれている画作りのことです。特にRICOHのGRⅢxはモノクロはもちろんですが、ポジフィルム調やブリーチバイパスなどが ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-Photo & Camera
-,