OLYMPUS / OM SYSTEM Photo & Camera

M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II を購入。望遠は楽しいぞ。

M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II を購入。望遠は楽しいぞ。





ありがとうございます。Udokkoです。

子どもの運動会やお遊戯会用に新しいレンズを購入しました。OM SYSTEM(旧オリンパス)のM.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II です。公式サイトはこちら。

https://jp.omsystem.com/product/lens/zoom/mzuiko/75-300_48-67_2/index.html





M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

75-300mmというと、フルサイズ換算で150-600mmという望遠ズームレンズになります。今まで標準ズーム、長くても135mmのオールドレンズくらいしか使ったことがなく、私にとっては未知の領域でした。しかしながら使ってみると、今まで撮れなかったものが撮れるようになり、スマホでは確実に撮れない写真が撮れてとても楽しく満足しています。


今回はそんなM.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 IIを紹介してみたいと思います。


M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II の基本情報

M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II の基本情報を載せておきます。情報は安心安全確実な公式HPより引用させていただいております。


野鳥やスポーツ撮影に最適な超望遠ズーム

軽快なフットワークで様々なアングルから迫力のあるショットが狙える、小型・軽量の超望遠ズームレンズです。高速&静音のオートフォーカス“MSC機構”を搭載しているので、静止画も動画もスムーズに撮影できます。レンズ表面には、最新の“ZEROコーティング”を施すことで、ゴーストやフレアを抑え、逆光などの悪条件下でも、クリアな描写性能を実現しています。OM-DやPENシリーズの強力なボディー内手ぶれ補正と組み合わせることで、優れた手ぶれ補正効果を発揮。快適な超望遠撮影を楽しめます。

主な特長

小さく、軽く、手軽に楽しめる超望遠撮影。

優れた描写性能。

高速かつ静粛なオートフォーカスを実現「MSC機構」

https://jp.omsystem.com/product/lens/zoom/mzuiko/75-300_48-67_2/index.html
焦点距離75-300mm(35mm判換算150-600mm相当)
最大口径比/最小口径比F4.8(75mm) - F6.7(300mm)/F22
レンズ構成13群18枚(スーパーEDレンズ、EDレンズ2枚、HRレンズ3枚)レンズ構成図MTFチャート
画角16° - 4.1°
AF方式ハイスピードイメージャAF(MSC)
最短撮影距離0.9m(焦点距離75mm) / 1.5m(焦点距離75mm以外)
最大撮影倍率0.18倍(35mm判換算 0.36倍)
最近接撮影範囲97 x 73mm
絞り羽枚数7枚(円形絞り)
フィルターサイズØ58mm
マウント規格マイクロフォーサーズシステム規格
大きさ 最大径×長さØ69 x 116.5mm
質量423g
主な同梱品レンズキャップ(LC-58F)、レンズリアキャップ(LR-2)、取扱説明書、保証書
スペック表
https://jp.omsystem.com/product/lens/zoom/mzuiko/75-300_48-67_2/spec.html




M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II の外観

M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

OMD E-M5 MarkⅢとM.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II の組み合わせです。かなりの焦点距離をカバーする望遠ズームレンズですが、コンパクトなのでEM-5とも合いますね。





M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

望遠端まで伸ばすとかなり伸びます。ズームリングはスムーズに動き、スコスコと回せます。




M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

ズームリングの面積が広いので回しやすいです。




M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

焦点距離75mmであれば最短撮影距離は0.9mです。それ以外は1.5m。




M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

F値は4.8~6.7と暗く、ブレ防止のためシャッタースピードを上げるとISOが上がりやすいです。Adobe LightroomのAIノイズ除去はかなり優秀なのでおススメです。高感度ノイズを気にせずシャッタースピードを上げられるので、失敗写真が減ると思います。




M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II を購入した理由

M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

このレンズを購入した理由は、最初に申し上げた通り、子どもの運動会やお遊戯会の写真を撮るためです。基本的に後ろの方からの撮影になるので、12-40mm(換算24-80mm)の標準ズームでは足りないんです。もっとズームを・・・と考えた結果、値段が安くて軽いこのレンズにしました。



話が若干それますが、フルサイズよりマイクロフォーサーズの方が自分には合ってるなと感じています。フルサイズは画質は確かに良いんですが、レンズを含めるとやはり重い。ボディの造りもあると思いますが手になじまない感じもあります。しかしなぜかOMD E-M5 MarkⅢは手になじみます。



安くて軽くて手になじむマイクロフォーサーズシステムですが、肝心の写りはどうか、撮影してきました。感想を交えながら作例を紹介したいと思います。



M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II の作例

撮影した作例を載せていきます。注釈にEXIF情報を載せているのでご参考ください。なお、これらの写真はRAWで撮影し、Adobe LightroomでAIノイズ除去した上でRAW現像(色味やシャープネスを調整)しています。写真はブログ用にデータをかなり圧縮しています。また、焦点距離はすべてフルサイズ換算した数値になります。ボディはOMD E-M5 MarkⅢです。



M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II sample

まずはカラフルなお花の写真です。望遠ならではの圧縮効果が良いですね。ボケにくいと言われるマイクロフォーサーズですが、150mm相当ならF5.0でも十分ボケます。




M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II sample

次はトンボさん。昆虫を真面目に撮るのは初めてでしたが、被写体からかなり距離があるので撮りやすかったです。実はこの写真、結構クロップして切り取ってますが、それでも解像感は問題ないですね。これはカメラマンの腕の問題ですが、もっと絞ればよかったです。




M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II sample

打って変わって艶っとした写真です。濡れた葉っぱにスポットライトが当たるように輝いていたので撮ってみました。後ろの葉のボケ感も良いのではないでしょうか。




M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II sample

次はスイレンのお花。被写体までかなり距離がある場面なので、望遠レンズでないとここまで被写体をクローズアップできないと思います。スマホも良いカメラだと思っていますが、こういうのはやはり一眼カメラでないと撮れませんよね。




M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II sample

望遠になると手ブレが気になりますが、これらの写真はすべて手持ちです。このユリの花は腰の位置にカメラを下げて撮っています。ボディ側の手ブレ補正も強力ですし、シャッタースピードを上げれば手持ちでも全然問題なく撮れます。マイクロフォーサーズの魅力は機動力ですが、このカメラシステムはまさにそれを体現してくれています。





次のページへ >

新着記事

OLYMPUS / OM SYSTEM Photo & Camera

2024/4/19

OM SYSTEMが今熱い!?E-P7とE-M10 MarkⅣが注文受付一時停止

これはある意味良いニュースでは?と思いました。 ミラーレス一眼カメラ「PEN E-P7」および「OM-D E-M10 Mark IV」の一時受注停止に関するお詫びとお知らせ平素より OM デジタルソリューションズ製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。2024 年 3 月 15 日にご案内しております通り、ミラーレス一眼カメラ「PEN E-P7」および、「OM-D E-M10Mark IV」につきまして、計画を大幅に上回るご注文をいただいており、お届けまでお時間をいただく状況が続いております。お客 ...

ReadMore

OLYMPUS / OM SYSTEM Photo & Camera

2024/3/19

花を撮るのは心の休養

先日の続きです。 植物園は心癒される空間。特に写真を撮るのが好きならぜひ訪れたい場所の一つでしょう。なぜ人間は花を撮るのか?残念ながらその疑問に答えられるほど私は成熟しておりません。 さて、撮った写真をご覧いただきたく存じます。カメラはOLYMPUS OM-D E-M5 Mark III、レンズはM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8。いつものようにRAWで撮ってCapture Oneで現像です。 派手な花も、地味な花もとても素敵。そしてカメラのセンサーにダストがいっぱい。これはnotステキ。 ...

ReadMore

OLYMPUS / OM SYSTEM Photo & Camera

2024/3/17

真俯瞰で撮る植物写真

2024年3月。ようやく暖かくなってきたような、まだまだ寒いような天気。そんな日でも植物園は被写体にあふれています。写真を撮りたい私と、遊具で遊びたい子ども。そんな二人がwin-winの関係である植物園にお出かけしてきました。カメラはOLYMPUS OM-D E-M5 Mark III、レンズはM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8。いつものようにRAWで撮ってCapture Oneで現像です。 多肉植物を真俯瞰で撮影。お花や放射線状になっている植物は真俯瞰で撮るのがお気に入りです。 スイレン ...

ReadMore

Photo & Camera

2024/2/18

2024年に今更ながらFujifilm X-E3のレビュー

ありがとうございます。Udokkoです。2024年2月になり、今更ですがX-E3とXF35mmF1.4Rを使ってみました。X-E3は2017年に発売され、後継機のX-E4が2021年に発売されています。Fujifilmのカメラは人気がすごくて高騰していてなかなか手が伸びなかったのですが、GOOPASSさんでレンタル料が安くなっていたので借りてみました。X-E3は7年前の型落ちカメラですが、使ってみると写真機らしい感じが好印象です。今更X-E3をレビューする人は他にはいないでしょうから、ある意味最新のレビュ ...

ReadMore

Capture One Photo & Camera

2024/1/24

Capture Oneの言語設定方法

ありがとうございます。Udokkoです。今回はCapture Oneの日本語を英語に、または英語を日本語にする言語設定方法について紹介します。結論から言うと、「編集」「環境設定」「一般」「言語」で任意の言語を設定後、ソフトを再起動すればOKです。詳細は以下をご覧ください。 Capture Oneの言語設定方法 まずCapture Oneの「編集」の「環境設定」をクリックします。 次に一般タブを選択し、言語から任意の言語を選択します。この写真では英語を選択しています。 すると、再起動せよと注意がでますのでO ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

38歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策や、日常起きたことを備忘録的にブログにしています。このブログが誰かの助けや癒しになればありがたいです。

-OLYMPUS / OM SYSTEM, Photo & Camera
-, , ,