AviUtl Davinci Resolve Video editing

AviUtlからDavinci Resolveに乗り換えた6つの理由

AviUtlからDavinci Resolveに乗り換えた6つの理由

最近になってようやく動画編集ソフトをAviUtlからDavinci Resolveに乗り換えました。

以前はAdobeのPremiereProを試してみたのですが、今ひとつ合わなかったです。

最近動画編集界隈でDavinci Resolveの波が押しよてせていることもあり、まずは無料版を試してみました。

これが結構良い感触!

AviUtlはいつまで使えるか分からないのと、PCが変わると同じ設定にするのが面倒なので、そろそろ乗り換えようと思っていたので、Davinci Resolveに乗り換えることにしました。

気になるその理由をご紹介いたします。

AviUtlからDavinci Resolveに乗り換えた6つの理由

冒頭述べたとおり、動画編集ソフトをAviUtlからDavinci Resolveに乗り換えました。これからAviUtlから他の動画編集ソフトに乗り換えようと思っている方の、ご参考になれば幸いです。

理由①:AviUtlがいつまで使えるか疑問だから

AviUtlはフリーソフトで、Windowsでしか使えません。また、開発はすでに終了しており、今後WindowsのアップデートやCPUなどのアップグレードによって、使えなくなる可能性があります。一応Windows11では使えるようですが、各種プラグインがいくつか使えなくなる可能性は十分あります。

いつまで使えるか分からないというのは精神衛生上良くないので、現在もサポートされている動画編集ソフトに乗り換えたいと思っていました。


理由②:Davinci ResolveにAviUtlのような奥深さを感じたから

抽象的な理由ですが、Davinci ResolveにはAviUtlを初めて触ったときのようなワクワク感がありました。

Davinci ResolveにはFusionという機能が有り、これはAviUtlで例えるなら拡張編集に相当します。Fusionで図形を書いて思い通りに動かしたり、動画をリサイズしてみたり、パーティクルを出してみたり。

AviUtlでできるほとんどのことはDavinci Resolveでできると思います。あまりにもできることが多すぎて、私はまだまだDavinci Resolveの機能を使いこなせておりませんwAviUtlを初めて触ったとき、何でもできるという奥深さにワクワクしていましたが、それと同じ感覚をDavinci Resolveでも感じています。

ただ動画を切って貼って、という編集なら正直ソフトなんて何でも良い気がしますが、ちょっと凝った作りにしようと思うと、肌感覚で合うソフトのほうが良い気がしています。

理由③:Davinci Resolveはアップデートが頻繁に行われている

AviUtlは開発が終了しており、今後アップデートされる可能性は無いです。有志によりプラグインの開発はあっても、ソフト本体は変わらないのです。

一方、Davinci Resolveはソフトのアップデートが結構頻繁に行われています。最近は特にM1チップ搭載のMacbookへの最適化が進んでいますね。これからもアップデートを鋭意進めていく姿勢がソフトを使いこなそうと思わせます。

今後WindowsからMacに乗り換えても同じソフトが使えるというのもGoodポイントです。

理由④:Davinci Resolveは買い切り型

Davinci Resolveは買い切り型で、一度買えばアップデートも永年無料でできます。

最近はサブスクが多いですが、私はサブスクがあまり好きではないんですよね・・・Davinci Resolveは約3万円と高価に感じますが、プロと同じソフトを一度買えばずっと使えるので、Adobe Premiere Proよりお得だと思います。

理由⑤:Photoshopのデータがそのまま使える

Davinci ResolveはPhotoshopのデータがそのまま使えます。

PSD形式がそのまま読み込めるので、Photoshopでテロップやテロップの座布団を作ってpngに書き出すことなく、そのまま使えるので便利です。

理由⑥:カラーコレクション(カラーグレーディング)が優秀

Davinci Resolveは元々カラーグレーディングができるソフトとして開発されたそうです。今でこそ動画編集機能が充実していますが、昔はそうではなかったんですね。その流れが今でも続いているので、カラーグレーディングは直感的に、かつ詳細にできます。AviUtlではできなかった機能なので、とてもおもしろいです。

シャドーやハイライトをちょっといじるだけでも随分見やすい動画になるので、ぜひ試してもらいたい機能です。

まとめに代えて

AviUtlからDavinci Resolveに乗り換えた6つの理由をご紹介いたしました。

動画編集ソフトは数多く有り、どれにしようか悩みますよね。おそらく一番多く選ばれているのはAdobeのPremiere Proだと思います。

ただ私のようにサブスクが苦手な人にはPremiere Proは合いませんので、そういった方にはDavinci Resolveをオススメします。

Davinci Resolveは無料バージョンでも有料版の90%以上の機能が使えるため、まずは無料版で一度試してみてもらいたいと思います。

公式HPはこちら

以上、ご参考になれば幸いです。

お得に買うなら楽天がオススメです。

Davinci Resolve備忘録:有償版のお得な買い方

続きを見る



新着記事

Diary

2022/9/29

造花とぽん氏と私と

ありがとうございます。Udokkoです。 ぽん氏の部屋の片隅に、造花があります。この造花は結婚式の時に母が作ってくれた物で、もう10年以上が経ちます。 そう考えると随分時間が経ったなあとしみじみ。 みみ先生が来て、ぽん氏が来て、息子が来て。 みみ先生とは残念ながらお別れすることにもなりました。 ぽん氏はまだまだ長生きしてくれるでしょう。 なんだかんだで私も平均寿命の半分近くになりました。 歳をとるのも別に悪いことじゃないです。 年をとると知識や経験が蓄積されるので、むしろイージーモードになる気がする。 と ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/27

ミラーレスカメラの欠点!?ストロボ撮影で必須の液晶表示設定がある

ありがとうございます。Udokkoです。今回はミラーレスカメラのある意味欠点とも言えるかもしれないストロボ撮影時の液晶表示設定についてシェアしたいと思います。 ミラーレスカメラは構造上、EVFや背面液晶に写る写真がそのまま表示されます。あとからPCや印刷して見ても、基本的には液晶で見たものと同じものが写っています。これがミラーレスのメリットであると言えます。スマホと同じ感覚で撮れるので、ミラーレスは初心者向けと言えるかもしれません。 一方で、自分もやってみるまで気づかなかった意外な盲点として、ストロボ撮影 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/26

SONYのISO AUTO低速限界とはシャッタースピード下限値のこと

ありがとうございます。Udokkoです。 SONYのカメラには「ISO AUTO低速限界」という設定があります。ISO AUTO低速限界。繰り返します。ISO AUTO低速限界。これ以上難解な日本語はあるだろうか。いや、ない。 この文字だけ見ても全くピンとこない設定なんですが、意味が分かるととても便利な設定です。いまや私にとってこのISO AUTO低速限界は必須機能です。まだISO AUTO低速限界を使ったことがない方は、ぜひ一度使ってみてください。手ブレ、被写体ブレなどの失敗写真がグンと減ると思います。 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/25

LUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.の世界一遅いレビュー

ありがとうございます。Udokkoです。 個人ブログとしては世界で一番遅い、つまり言い換えると一番新しいレビューになると思います。2010年に発売され、2022年9月の時点ではすでに生産完了品となっているLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.のレビューでございます。 今は2型のLUMIX G 14mm / F2.5 Ⅱ ASPH.が発売されていますが、今回購入したのは1型の古い方。なぜ今更感満載のLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.を買ったのかをシェアさせていただきたく存じます。 ...

ReadMore

Diary

2022/9/20

机、椅子、ベッド、いずれもぽん氏の居場所になる

ありがとうございます。Udokkoです。 自由きままな猫。ぽん氏も例外ではなく、基本的に我が家のいろんなところに現れます。私の部屋の机、椅子、ベッドも、ぽん氏の居場所になります。 机の上作業しているとどこからともなく現れるぽん氏。 椅子の上にもちゃっかり乗ります。 続きます

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-AviUtl, Davinci Resolve, Video editing
-, , ,