AviUtl Video editing

AviUtlの使い方:基礎編③拡張編集(タイムライン)の見かた

AviUtlの使い方:基礎編③拡張編集(タイムライン)の見かた

どうもUdokkoです。

AviUtlの使い方の基礎編③です。

今回は拡張編集(タイムライン)の見かたについて説明いたします。AviUtlの動画編集は基本的にはこの拡張編集(タイムライン)を使うことになるので、基本をしっかり押さえましょう!

動画編集は難しく感じるかもしれませんが、要はパラパラ漫画の編集です。AviUtlは無料のソフトなので、失敗しても問題ありません!ガンガン使って感覚を覚えていきましょう!


拡張編集(タイムライン)とは

AviUtlの拡張編集(タイムライン)ウィンドウ

タイムラインとは動画を編集するスペースです。

ここで動画を読み込んだり、動画の余分な部分をカットしたり、音声動画(効果音など)を加えたり、字幕(テロップ)をつけたりします。

つまり、基本的な編集はこの拡張編集(タイムライン)で実施することになります。

拡張編集(タイムライン)の見かた

拡張編集(タイムライン)の見かた紹介。①~⑧を一つずつ説明します。

それでは拡張編集(タイムライン)ウィンドウの見かたを説明いたします。

①時間を表しています。上の画像では動画の4.36秒の映像を表示していることを意味しています。

②フレーム数を表しています。上の画像では[132/4041]と表示されていますが、動画は全部で4041フレームあり、現在は132フレーム目を表示していることを意味しています。動画編集はざっくり言うとパラパラ漫画の編集をしているようなものです。フレームとをパラパラ漫画に例えると、4041ページあって、132ページを表示している、ということ。

③Rootは少し難解なので割愛。使いこなすと編集の幅が広がりますが、使わなくても問題ないです。一旦無視しましょう。

④時間表示です。

⑤オブジェクト(素材)表示です。青色が動画やテキスト、画像などを表します。

⑥ オブジェクト(素材)表示です。赤色が音声(動画音声、BGM、効果音など)を表します。

⑦シークバーです。この赤いバーを動かすことで任意の箇所を指定することができます。このバーを動かしてみてください。再生ウィンドウも同時に動くと思います。

⑧レイヤー表示です。レイヤーとは「層」のことで、動画や音声、画像がどの層に置かれているかを表しています。

レイヤー(Layer)のイメージ図。レイヤー1が一番下になります。

レイヤー1が一番下層になります。基本的にはレイヤー1に動画を、レイヤー2に音声、レイヤー3にテキスト、レイヤー4に効果音といった形で配置します。

例えばレイヤー2に動画、レイヤー1にテキストを入れると、動画の下にテキストが配置されるため、テキストが動画に隠れて見えなくなるのでレイヤーのどこに何を置くかは注意しましょう。

拡張編集(タイムライン)まとめ

いかがでしたでしょうか?

AviUtlは基本的にこの拡張編集(タイムライン)で編集できます。

時間、フレーム、レイヤーと色々な要素があって最初は戸惑うと思いますが、一つ一つ理解していってください。

特にレイヤーの感覚が最初の難解ポイントだと思います。(画像編集の経験がある方にはなじみ深いかもしれません)

とにかく色々なオブジェクトを入れてみて、表示がどうなるかを見てみることで、AviUtlを理解できると思います。

AviUtlは無料の動画編集ソフトなので、失敗しても良いのです!

どんどん失敗して感覚をつかんでいきましょう!

以上、AviUtlの拡張編集(タイムライン)の見かたでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。このブログで紹介しているAviUtlの他の使い方を知りたい方は下記リンクをクリック!まとめページに飛びます。

AviUtlの使い方 トップページ

新着記事

Photo & Camera

2023/1/6

標準ズームレンズを着けたフルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ

ありがとうございます。Udokkoです。 私の愛機はSONYのα7Riiで、レンズは小三元レンズのSEL2470Zです。カメラをカバンに入れて持ち運ぶときに、そのまま入れてしまうとダメージがありそうなのが気になりますよね。今回はその対策としてラッピングクロスを購入してみました。カメラのラッピングクロスを購入しようとしている方は、サイズ感が気になると思いますので、そのご参考にしていただければ幸いです。 フルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ 結論は題名に書いてある通りなんですが、フルサイ ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/4

GRⅢxのRAWデータは情報量が豊富

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxはコンパクトなカメラながら、APS-Cセンサーを搭載しています。よって、そのデータの情報量はコンデジとは思えない物です。今回はRAWで撮ったデータをLightroomに取り込んで、シャドウやハイライトをいじってみました。GRⅢxのデータにどれだけの情報量が詰め込まれているのか、感覚的に掴んでみたいと思います。 室内で撮った写真のRAW現像 まずはこちらの写真。これは何もいじっていないスタンダードな状態です。部屋の床に落ちていた猫じゃらし。左上は黒潰れ、右上 ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/3

RX100M6の外観レビュー。滑るのが気になる。

ありがとうございます。Udokkoです。 GoopassさんでSONYのコンデジのRX100M6をお借りしました。GRⅢxでコンデジの魅力に気づいたので、借りてみたわけです。GRⅢxは単焦点、RX100M6は24−200mmの超便利なズームレンズという違いがあります。レンズの構成を見るとある意味対極に位置するような2つのカメラです。また、GRⅢxのズームができない、AFや動画性能が劣るという点をRX100M6は克服してくれています。とても面白そうなコンデジ。試さずにはいられませんね。というわけで今回はRX ...

ReadMore

Game

2023/1/2

COD DMZのコントローラーの上下反転の設定方法

ありがとうございます。Udokkoです。 COD Warzoneに新たに追加されたDMZの、コントローラーの上下反転の設定方法です。PS5版ですが、おそらくPS4でも同様だと思います。意外と分かりにくかったので、備忘録として残しておきます。 歯車マーク → コントローラー → エイム → 垂直エイム軸 → 通常を反転に変更 以上が手順になります。画像も載せておきますので、反転民の方はご参考くださいませ。 この記事は以上です。

ReadMore

Photo & Camera

2022/12/28

GRⅢxのイメージコントロールを猫で比較してみた

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxには10種類のイメージコントロールがあります。 https://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr-3/feature/03.html Fujifilmで言えばフィルムシミュレーション、SONYだとクリエイティブコントロールになりますね。各社色々言い方がありますが、要はカメラメーカーが用意してくれている画作りのことです。特にRICOHのGRⅢxはモノクロはもちろんですが、ポジフィルム調やブリーチバイパスなどが ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-AviUtl, Video editing
-, , ,