Adobe premiere proを使ってみた結果、AviUtlを使い続けることを決意した話

Adobe premiere proを使ってみた結果、AviUtlを使い続けることを決意した話

先日AdobeのPremiere proの無料体験版を使ってみました。

普段はAviUtlで動画編集を楽しんでおりますが、そろそろPremiere proに乗り換えようという浮気心が芽生えてしまいました。

無料体験版を使ってみた結果、結局AviUtlでいいやってなりました笑

そう思った理由を比較を入れながら紹介しますので、AviUtlかPremiere proか、どちらが良いか悩んでいる人のご参考になれば幸いです。

Premiere proの優れる所

AviUtlは無料で多機能。

出来ないことが無いと言えるくらい、本当に複雑な動きも可能です。

私のようなペーペーにはおよそ使いこなせておりませんが、それでも十分すぎるくらいの機能が使えていると思います。

ご参考まで、私のYoutubeチャンネルを紹介します。割とくだらないことを頑張っています笑

【ニュース】指定暴力団の男を傷害容疑で逮捕【フェイク】

さて、AviUtlでも動画編集を十分楽しめていますが、Premiere proだったらどのような点で優れているかを紹介します。

インストールが楽。めっちゃ楽。

まず感動したのがインストールの簡単さ。AviUtlと比較するとめちゃくちゃ楽でした。

ボタン一つで簡単にインストールできます。

まあ当たりまえかもしれませんが、AviUtlだと本体と拡張機能、各種プラグインと色々な物を後から追加でインストールしなければなりません。

AviUtlは最初のインストールでつまずく人も多いのではないでしょうか。

Premiere proは有料版ですし、そこはとても簡単なのが良いですね。

PCに慣れていない人でも安心です。

音声調整が多機能

AviUtlは音声については割と簡単なことしかできません。

音量の調節やフェードくらいですね。

一方、Premiere proは結構細かく調整できるうえに、一括で音量を合わせたりできます。

チュートリアルやテンプレートが豊富

Premiere proは世界中の人が使っています。

AviUtlはほとんど日本人しか使っていないので、どちらが多くの人が利用しているソフトかは言わずもがなでしょう。

使っている人が多いため、Premiere proの使い方を教えてくれるブログやYoutubeチャンネルが多数あるのが良いですね。

また、テンプレートも無料で良さげな物も多いのが良い。自分で難しいことしなくても良いのはありがたい。

After effectsやphotoshopなどと連携できる

Adobe Creative Cloudなら、Premiere proだけでなくアニメーションを作れるAfter effectsや、写真を加工できるphotoshopも使えます。

AdobeはsenseiというAIによって、写真の一部を自動で切り取ったりできる最新機能が付いています。

有料版にふさわしい機能だと思います。

サポート切れがない

AviUtlはKENくんさんという方が個人で作ったソフトです。

もう更新は止まっていて、おそらく今後も更新される予定はないと思います。

今後Windowsのアップデートでソフト自体が使えなくなることや、不具合がでる可能性は否定できません。

Premiere proはAdobe社が有料で提供しているので、会社がつぶれない限りは使えなくなるなんてことはないでしょう。

長くずっと付き合えるソフトだと思います。

良い所まとめ

ざっくりPremiere proの良い所を書いてみました。

正直今から動画編集を始めるならPremiere pro(Adobe CC)だと思います。

なんせAviUtlはいつ使えなくなるか分かりませんからね・・・

私はAviUtlに慣れ過ぎてしまったため、行ける所まで行こうと思っています笑

Premiere proではなくAviUtlを選んだ理由

結局Premiere proは継続しませんでした。

AviUtlを使い続けようと思ったわけですが、その理由は一言で言えば「AviUtlに慣れたこと」ですね。

私は1~3分程度のショート動画をYoutubeに上げております。

内容的にもまあくだらない物です笑

美麗な映像とエモい音楽でVLOGを撮る、なんてことはないので、機能的にAviUtlで十分です。

あとはPremiere proとAviUtlでは当然UIも違いますし、できることもちょっと違います。

例えば以下のような用語も異なります。

AviUtlPremiere pro
オブジェクトクリップ
クリッピングクロップ
中間点キーフレーム

あとはタイムラインの上下も違いますね。

AviUtlは下に置いたものほど動画の前に映りますが、Premiere proは逆です。

こういった小さな違いが積み重なって、結構悩みました笑

AviUtlではフォーマットみたいなものが出来上がっているので、慣れているAviUtlの方が編集が速いんんですよね。

そんなこんなでPremiere proではなく、AviUtlを使おうと決心しました!

ただいつかはサポート切れのないPremiere proに乗り換える時は来ると思います。

良いカメラ買ったらphotoshopとかも使えるAdobe CCを契約するかも・・・

というわけで、最後まで読んでいただきありがとうございました。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました