AviUtlでテキストに燃えるエフェクトをかける方法

AviUtlでテキストに燃えるエフェクトをかける方法

どうもUdokkoです。

今回はテキストに燃えるエフェクトをかける方法をご紹介いたします。

かけるエフェクトは
・グラデーション
・ノイズ
の2種類だけです。

意外と簡単なのでぜひやってみてください。

Youtubeで解説:AviUtlでテキストに燃えるエフェクトをかける方法

AviUtlでテキストに燃えるエフェクトをかける方法【exo配布有り】


いかがでしょうか?

実際に炎が動いているように見えると思います。

動画では分かりにくい部分を画像で補足、解説します。

ブログで解説: AviUtlでテキストに燃えるエフェクトをかける方法

AviUtlでテキストに燃えるエフェクトをかける方法

燃えるテキストのやりかた

①テキストにグラデーションをかける
②ノイズをかける

意外と簡単です。設定方法にコツがあるので以下ご参照ください。

AviUtlでテキストに燃えるエフェクトをかける方法

上記画像の通り、グラデーションとノイズだけで炎の演出が可能です。

AviUtlでテキストに燃えるエフェクトをかける方法

まずはグラデーションから説明します。

AviUtlでテキストに燃えるエフェクトをかける方法

開始色と終了色に炎っぽく見せるコツがあります。

まずは開始色から説明いたします。


AviUtlでテキストに燃えるエフェクトをかける方法

開始色は炎の先の方の色になります。なので黄色っぽい色にします。

AviUtlでテキストに燃えるエフェクトをかける方法

次に終了色のコツです。

AviUtlでテキストに燃えるエフェクトをかける方法

終了色は炎の根本部分の色になりますので、開始色より赤っぽい色にします。

AviUtlでテキストに燃えるエフェクトをかける方法

最後にノイズの調整です。ノイズをかけることで炎のゆらめきが表現できます。

AviUtlでテキストに燃えるエフェクトをかける方法

速度X:1にします。この数値を変更すると炎の横移動を表現できます。数値を大きくすると、炎が暴風にあおられるような感じになります。

速度Y:2にします。この数値を変更すると炎の縦移動を表現できます。

AviUtlでテキストに燃えるエフェクトをかける方法

合成モードは「輝度と乗算」、ノイズの種類はType2が炎っぽくて良いです。

AviUtlでテキストに燃えるエフェクトをかける方法

完成がこちら!

動画ではテキストの内側で炎がゆらめくように動いています。


exo配布

zipファイルのため解凍してご確認ください。

さいごに

いかがでしょうか?

炎の演出は色んなシチュエーションに使えそうなので、この方法を知っておくと便利だと思います。

もし分からないことがあればできるだけ回答差し上げますので、コメントいただければと思います。

以上、AviUtlでテキストに燃えるエフェクトをかける方法でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

TwitterやInstagramでは毎日のようにウサギとネコの日常をつぶやいていますので、ぜひフォローしてください!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ

動画編集:人気記事一覧

AviUtlで黒帯(黒枠)をつける方法【exo配布有り】
AviUtlで空白を詰める方法
【AviUtlの使い方】テキストに2回以上縁取りする方法【二重縁取り】
AviUtlでスマホで撮った縦動画を横動画にしたときの黒帯(余白)を自然に消す編集方法
AviUtl動画編集の紹介 VHS風エフェクトのやり方

コメント

タイトルとURLをコピーしました