AviUtlで水滴を作って汗をかくアニメーションの作り方

AviUtl解説。水滴で汗をかくアニメーションの作り方。

どうもUdokkoです。

今回はAviUtlで水滴を作って汗をかくアニメーションの作り方を紹介いたします。

ざっくり手順は以下の通りです。

①図形の円を簡易変形で水滴の形にする。

②水滴を透明度とY値で動かして、汗をかいたような動きをさせる。


水滴を作るのは簡易変形でできますので、ぜひ試してみてください。

Youtubeで解説:AviUtlで水滴を作って汗をかくアニメーションの作り方


AviUtlで水滴作って汗をかくアニメーションの作り方【exo配布有り】


ブログで解説:AviUtlで水滴を作って汗をかくアニメーションの作り方

AviUtl解説。水滴で汗をかくアニメーションの作り方。

汗をかくアニメーションの作り方。

①須惠の円を簡易変形して水滴を作る
②透明度と移動で汗をかく

以上!



AviUtl解説。水滴で汗をかくアニメーションの作り方。

まずは図形で円を作ります。



AviUtl解説。水滴で汗をかくアニメーションの作り方。

アニメーションの「簡易変形」を選択。
円を変形して水滴を作ります。



AviUtl解説。水滴で汗をかくアニメーションの作り方。

簡易変形で表示される4つのピントをダイヤ型に動かします。



AviUtl解説。水滴で汗をかくアニメーションの作り方。

色を水色にします。



AviUtl解説。水滴で汗をかくアニメーションの作り方。

中間点を2つ作ります。



AviUtl解説。水滴で汗をかくアニメーションの作り方。

1つ目の中間点から「透明度100→0」
2つ目の中間点から「透明度0→100」



AviUtl解説。水滴で汗をかくアニメーションの作り方。

これで水滴がフワッと現れて、フワッと消えていきます。




AviUtl解説。水滴で汗をかくアニメーションの作り方。

仕上げにY値で上から下に移動させれば水滴は完成です。




AviUtl解説。水滴で汗をかくアニメーションの作り方。

同じ動きをする水滴をいくつも使うので、シーンで保存しておくと便利です。右クリックでアルファチャンネルありを忘れずに!



AviUtl解説。水滴で汗をかくアニメーションの作り方。

シーンで水滴を呼び出して、いくつも並べます。



AviUtl解説。水滴で汗をかくアニメーションの作り方。

ポイントは時間差をつけることと、位置をずらすことです。それっぽくなります。
以上で完成です!




exoファイル配布

参考

今回ご紹介したのはアニメっぽい感じですが、リアル系の水滴の作り方について、こちらの方法が良いですね!

ネックOPN様のツイートを引用させていただいております。

こんな使い方もあるんだなあと感心するばかりです。

ネックOPN様に感謝!

さいごに


いかがでしたでしょうか?

水滴のフリー画像を読み込んでも良いですが、AviUtlの図形からでも水滴は作れます。

ご参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

TwitterやInstagramでは毎日のようにウサギとネコの日常をつぶやいていますので、ぜひフォローしてください!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ

動画編集:人気記事一覧

AviUtlで黒帯(黒枠)をつける方法【exo配布有り】
AviUtlで空白を詰める方法
【AviUtlの使い方】テキストに2回以上縁取りする方法【二重縁取り】
AviUtlでスマホで撮った縦動画を横動画にしたときの黒帯(余白)を自然に消す編集方法
AviUtl動画編集の紹介 VHS風エフェクトのやり方

コメント

タイトルとURLをコピーしました