AviUtlで回想シーン風のシーンチェンジの作り方

AviUtlで回想シーン風のシーンチェンジの作り方

どうもUdokkoです。

AviUtlで回想シーン風のシーンチェンジを作ってみました。

ご参考になれば幸いです。

動画で解説:AviUtlで回想シーン風のシーンチェンジの作り方(Youtube)

Youtubeに解説動画をアップしていますので、ご参考にしてください。

【AviUtl】回想シーンに使えるシーンチェンジ(トランジション)の作り方【exo配布有り】

画像で解説:AviUtlで回想シーン風のシーンチェンジの作り方

シーンチェンジの概要(タイムライン)はこんな感じです。 Layer1:グループ制御(単色化エフェクト) Layer2:動画オブジェクト(エフェクト無し) Layer3:シーンチェンジ(発光) Layer4:図形の円(ぼかしと)ランダム配置

シーンチェンジの概要(タイムライン)はこんな感じです。

Layer1:グループ制御(単色化エフェクト)
Layer2:動画オブジェクト(エフェクト無し)
Layer3:シーンチェンジ(発光)
Layer4:図形の円(ぼかしと)ランダム配置

それでは一つずつ説明していきます。


まず最初のLayer1のグループ制御です。 これには単色化のエフェクトをかけます。 単色化の強さは0=カラー、100=モノクロです。 0→100に移動させることで、カラーが徐々にモノクロになっていきます。

まず最初のLayer1のグループ制御です。
これには単色化のエフェクトをかけます。
単色化の強さは0=カラー、100=モノクロです。
0→100に移動させることで、カラーが徐々にモノクロになっていきます。


オブジェクトに中間点を打って、前半を0→100に移動させます。 時間は0.5秒程度で良いと思います。

オブジェクトに中間点を打って、前半を0→100に移動させます。
時間は0.5秒程度で良いと思います。


モノクロの状態をちょっとキープするために、中間点の後半部分は100で移動無しにします。これで動画がカラーから白黒に変化する、すなわち回想シーンっぽい感じになります。これだけではちょっと物足りないので、シーンチェンジも使います。

モノクロの状態をちょっとキープするために、中間点の後半部分は100で移動無しにします。これで動画がカラーから白黒に変化する、すなわち回想シーンっぽい感じになります。これだけではちょっと物足りないので、シーンチェンジも使います。


Layer3のシーンチェンジは発光です。特に数値は変えなくても良いと思います。これで動画がカラーから白黒に変わりつつ、光がパーっとでて、さらにそれっぽくなりました。これで十分かもしれませんが、さらに円を使って光の演出を追加します。

Layer3のシーンチェンジは発光です。特に数値は変えなくても良いと思います。これで動画がカラーから白黒に変わりつつ、光がパーっとでて、さらにそれっぽくなりました。これで十分かもしれませんが、さらに円を使って光の演出を追加します。


Layer4は円です。ぼやけた白い円がファファファファって出てくる感じになります。

Layer4は円です。ぼやけた白い円がファファファファって出てくる感じになります。


円にかけるエフェクトは以下の通りです。 ①サイズを600→800をランダム移動に設定します。 ②ぼかしエフェクトをかけます。 ③ランダム配置。個数を1→7に直線移動 サイズやランダム配置の数値はお好みで変えてみてください。 これで完成です。あとはオブジェクトを設置すればOKです。

円にかけるエフェクトは以下の通りです。


①サイズを600→800をランダム移動に設定します。
②ぼかしエフェクトをかけます。
③ランダム配置。個数を1→7に直線移動

サイズやランダム配置の数値はお好みで変えてみてください。
これで完成です。あとはオブジェクトを設置すればOKです。


exo配布


さいごに

回想シーンに使えそうなシーンチェンジの作り方、いかがでしたでしょうか?

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました