AviUtlでテキストをキラーンとする演出方法

AviUtlでテキストをキラーンとする演出方法


どうもUdokkoです。

今回はAviUtlでテキストをキラーンとする演出方法をご紹介したいと思います。

よく分からなければexoファイルを配布しておりますので、そちらもご参照ください。

Youtubeで解説:AviUtlでテキストをキラーンとする演出方法

AviUtlでテキストをキラーンとする演出方法


キラーンとしているかと思いますが、いかがでしょうか?

動画だと分かりにくい部分があるので、ブログでもご紹介いたします。

ブログで解説:AviUtlでテキストをキラーンとする演出方法

AviUtlでテキストをキラーンとする演出方法

テキストをキラーンとするやりかたをざっくり言うと

①テキストにグラデーションをかける
②レンズフレア(カスタムオブジェクト)に動きをつける

以上です。


AviUtlでテキストをキラーンとする演出方法

まずはテキストにグラデーションとクリッピングをかけます。


AviUtlでテキストをキラーンとする演出方法

グラデーションのポイントですが、白色をテキストの中で移動させると、テキスト自体がキラーンとした感じになります。

レンズフレアと組み合わせると、よりそれっぽくなります。


AviUtlでテキストをキラーンとする演出方法

グラデーションの角度と幅を調整して、中心Xを移動させます。


AviUtlでテキストをキラーンとする演出方法

これでテキストがキラーンとなります。

ただこれだけでは物足りないので、レンズフレアを足していきます。


AviUtlでテキストをキラーンとする演出方法

レンズフレアを動かすだけでは微妙なので、移動させながら少し回転させるとよりそれっぽくなります。


AviUtlでテキストをキラーンとする演出方法

この例では左から右に移動させています。これはテキストの移動と合うように設定してみてください。


AviUtlでテキストをキラーンとする演出方法

回転で少しだけ回転させます。


AviUtlでテキストをキラーンとする演出方法

完成!

お疲れ様でした!


exo配布

さいごに

いかがでしたでしょうか?

テキストとカスタムオブジェクトのレンズフレアを使って、キラーンとさせる方法のご紹介でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

TwitterやInstagramでは毎日のようにウサギとネコの日常をつぶやいていますので、ぜひフォローしてください!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ

動画編集:人気記事一覧

AviUtlで黒帯(黒枠)をつける方法【exo配布有り】
AviUtlで空白を詰める方法
【AviUtlの使い方】テキストに2回以上縁取りする方法【二重縁取り】
AviUtlでスマホで撮った縦動画を横動画にしたときの黒帯(余白)を自然に消す編集方法
AviUtl動画編集の紹介 VHS風エフェクトのやり方

コメント

タイトルとURLをコピーしました