PC & Gadget

普通が一番!サンワサプライのコンパクトキーボードSKB-SL32のレビュー

普通が一番!サンワサプライのコンパクトキーボードSKB-SL32のレビュー

ありがとうございます。Udokkoです。

4年ぶりにキーボードを変えました。サンワサプライのコンパクトキーボードSKB-SL32です。この記事を書いている時点でのAmazon価格は1,882円でした。公式HPの価格は4,950円。


結論から言うと、普通のキーボードです。まったくクセがないキーボードだと思います。普段13インチくらいのノートPCを使っている方なら、ノートPCのキーボードとほとんど大きさも配列も変わらないと思うので、すんなり使えると思います。使ってみたらきっと「あ~、キーボードだね。」という感想を持つでしょう。

世の中にはピンからキリまでキーボードがたくさんありますが、結局のところ普通が一番なんです。そんな普通でコンパクトなキーボードを紹介するので、気になる方は最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

参考までに、公式HPの特徴を紹介します。

最薄部6mmの超薄型形状です。最厚部でも14.4mmで持ち運びや収納に便利です。

ノートパソコンと同じパンタグラフキー方式を採用しています。キーの形状はアイソレーションタイプで爪の引っ掛かりを軽減します。

日本語入力時に便利な大型エンターキーを搭載しています。

テンキー無しでキーボード幅288mmのコンパクト設計です。

キーボードカーブを採用しています。遠くのキーも押しやすいカーブ形状です。

角度調整できるスタンド付きです。

ボリューム調整などメディアプレイヤー操作時に便利なファンクションキーを搭載しています。

https://www.sanwa.co.jp/product/syohin?code=SKB-SL32BK




なぜキーボードを変えようと思ったのか。それはサイズ感と打感。

SKB-SL32の話の前に、なぜキーボードを変えようと思ったのかという小話にお付き合いいただきたい。どうでも良い人は次の見出しへどうぞ。

これまで使っていたのはELECOMの静音フルサイズキーボード。テンキーも付いているので結構大きい。この大きさがとても煩わしかったんです。具体的にはキーボードの真ん中(GとHあたり)をモニターの真ん中あたりに設置すると、キーボードがマウスパッドに乗っかってしまうんです。これによってちょっとキーボードが浮いてしまって、微妙に打ちづらい。まずこれが変えたくなった理由の一つ目。

次に打感。このキーボード、静音を謳うだけあって、本当に静音。というか無音。驚くほど静かにキーが打てます。でもその無音さと引き換えに打感は最悪です。伝わるかどうか分からないけど、へこへこっていう感じ。Enterキーを「ターーーーン!」みたいなことはなく、どんなに強く打っても「へこ」。打感は最悪です。これが変えたくなった理由の二つ目。

変えたくなる理由が二つもあるのに、よく4年も使い続けたなと自分自身に感心する。自分で言うのなんだけど、寛容すぎるかもしれない。海より大きな心の持ち主ではないかと思う。でもさすがにもう4年も経ったし、キーボード変えるとブログを書くモチベーションも上がるかもしれないと思って変えてみました。以上がキーボードを変えようと思った理由です。


ちなみにキーボードを撮ろうと思ったら、こんなのが写りました。

このモフモフは・・・




ぽん氏

邪魔が猫のお仕事。


しっぽでも邪魔する高等テクニック




SKB-SL32の大きさはちょうど良いコンパクトさ

ようやく本題。前置きが長すぎてここまでたどり着いた読者は果たして何人いるだろうか・・・。

購入したのはサンワサプライの極薄型でテンキーレスのコンパクトキーボードSKB-SL32。キーボードはパンタグラフです。キーボードマニアならパンタグラフやら赤軸、青軸、茶軸などの意味が分かると思いますが、普通は知らないでしょう。パンタグラフはいわゆる普通のキーボード。ノートPCのキーボードはほとんどがパンタグラフです。パチパチとした打ち心地で誰もが思い浮かべるキーボードの仕組みと思っても良いです。



男は黙って有線キーボード

有線、無線どちらもラインナップはありますが、私は有線派です。無線は充電や電池交換が面倒。




肝心のサイズ感はこんな感じ。

下がSKB-SL32

テンキーレスなのでとてもコンパクト。フルサイズキーボードの3分の2くらいの大きさです。とはいえキーのサイズやピッチは同じくらいなので、私は打ち間違いは少なかったです。すぐ慣れました。Enterキーが若干大きく、それに合わせてBackSpaceやShiftキーも若干大きいですね。テンキーレスですが、よくよく考えると仕事のノートPCはテンキーレスなので、テンキーなんていらなかったことに気づきました。


買ってよかった。もうマウスパッドに乗っかってグラグラすることはありません。小さいは正義。もう大きなキーボードは買いません。


キーボードは若干傾きを変えられます。これがぺったんこの状態。




これが傾きをつけた状態。

こっちの方が打ちやすいですね。



打感はパチパチ。打鍵音もパチパチ

打感はパンタグラフらしいパチパチした感じ。たぶん一般的なノートPCと同じようなうち心地ですが、やや硬めの印象。とはいえ硬くて打ちにくいことはなく、前のキーボードより圧倒的に打ちやすい。変えてよかった。

打鍵音もパチパチとした音で、静音とは言えないかもしれないけど、うるさくはない。普通の音質と音量です。


普通で特別感が無いのが逆に好感かもしれない

キーボードの上で毛繕いするぽん氏

サンワサプライのコンパクトキーボードSKB-SL32BKを使ってみて思ったのは、普通が一番。奇をてらったものよりも、誰もが「あ、これはキーボードだね」と言わしめるようなTHE普通のキーボードなら何も不満は出ない。

よって、キーボード何にしようかなと考えている方は、SKB-SL32のような普通を、まずは手にしてみてはどうでしょうか。普通を体験してこそ気づきがあります。もしそれで何か不満があれば、赤軸でも青軸でも茶軸でも、ちょっとこだわってみても良いかも。物は試しですからね。

ということで、サンワサプライのコンパクトキーボードSKB-SL32BKのレビューでした。結論は普通のキーボード。普通だからこそ良い。

新着記事

Photo & Camera

2023/1/6

標準ズームレンズを着けたフルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ

ありがとうございます。Udokkoです。 私の愛機はSONYのα7Riiで、レンズは小三元レンズのSEL2470Zです。カメラをカバンに入れて持ち運ぶときに、そのまま入れてしまうとダメージがありそうなのが気になりますよね。今回はその対策としてラッピングクロスを購入してみました。カメラのラッピングクロスを購入しようとしている方は、サイズ感が気になると思いますので、そのご参考にしていただければ幸いです。 フルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ 結論は題名に書いてある通りなんですが、フルサイ ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/4

GRⅢxのRAWデータは情報量が豊富

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxはコンパクトなカメラながら、APS-Cセンサーを搭載しています。よって、そのデータの情報量はコンデジとは思えない物です。今回はRAWで撮ったデータをLightroomに取り込んで、シャドウやハイライトをいじってみました。GRⅢxのデータにどれだけの情報量が詰め込まれているのか、感覚的に掴んでみたいと思います。 室内で撮った写真のRAW現像 まずはこちらの写真。これは何もいじっていないスタンダードな状態です。部屋の床に落ちていた猫じゃらし。左上は黒潰れ、右上 ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/3

RX100M6の外観レビュー。滑るのが気になる。

ありがとうございます。Udokkoです。 GoopassさんでSONYのコンデジのRX100M6をお借りしました。GRⅢxでコンデジの魅力に気づいたので、借りてみたわけです。GRⅢxは単焦点、RX100M6は24−200mmの超便利なズームレンズという違いがあります。レンズの構成を見るとある意味対極に位置するような2つのカメラです。また、GRⅢxのズームができない、AFや動画性能が劣るという点をRX100M6は克服してくれています。とても面白そうなコンデジ。試さずにはいられませんね。というわけで今回はRX ...

ReadMore

Game

2023/1/2

COD DMZのコントローラーの上下反転の設定方法

ありがとうございます。Udokkoです。 COD Warzoneに新たに追加されたDMZの、コントローラーの上下反転の設定方法です。PS5版ですが、おそらくPS4でも同様だと思います。意外と分かりにくかったので、備忘録として残しておきます。 歯車マーク → コントローラー → エイム → 垂直エイム軸 → 通常を反転に変更 以上が手順になります。画像も載せておきますので、反転民の方はご参考くださいませ。 この記事は以上です。

ReadMore

Photo & Camera

2022/12/28

GRⅢxのイメージコントロールを猫で比較してみた

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxには10種類のイメージコントロールがあります。 https://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr-3/feature/03.html Fujifilmで言えばフィルムシミュレーション、SONYだとクリエイティブコントロールになりますね。各社色々言い方がありますが、要はカメラメーカーが用意してくれている画作りのことです。特にRICOHのGRⅢxはモノクロはもちろんですが、ポジフィルム調やブリーチバイパスなどが ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-PC & Gadget
-,