PC & Gadget

GEOで買ったHIDISK磁気研究所のUSB3.2Gen1メモリーの速度を検証してみた

GEOで買ったHIDISK磁気研究所のUSB3.2Gen1メモリーの速度を検証してみた

Windowsのクリーンインストール用に、USBメモリーを買ってみました。

USB3.2Gen1の32GBで800円くらいでした。HIDISK 磁気研究所という聞いたことがないメーカーです。Windowsのクリーンインストール用なので、転送速度はなんでも良いのですが、せっかくなので転送速度を測定してみました。

あまり見かけることがないかもしれませんが、同じUSBメモリーを買おうと思っている方のご参考になれば幸いです。また、USBメモリーの転送速度の計測方法も載せているので、併せてご参考くださいませ。



HIDISK時期研究所のUSBメモリーの外観チェック

まずは外観チェック。見た目はいたって普メモリーです。スライドをグイっと動かすとUSBの差す部分がでてくるコンパクト設計です。



無駄にボケさせてしまった・・・

裏にはメーカー名が記載されています。HIDISK 磁気研究所という聞いたことがないメーカーでしたが、調べてみるとHPもありました。

すみません。正直に言うと怪しい中華メーカーだと思ってました。普通に日本の企業でした。なお、この磁器研究所は日本で初めてフロッピーディスクを売った企業らしいです。

磁気研設立へと進んだ動機は2つあります。「若さは自分のために使おう」と思ったこと。

そして、「世界で一番の記録メディア企業を作ろう」と決めたことです。

「日本で初めてフロッピーを売ったのは自分だ!」と言う人は多いのですが、私は私こそが一番最初だとずっと信じております!

https://www.mag-labo.com/?p=1693



USBの差す部分はUSB3.0以降の象徴、青い端子になっています。それでは転送速度を測定してみます。


HIDISK時期研究所のUSBメモリーの転送速度チェック

転送速度チェックはCrystalDiskMarkを使います。フリーソフトで無償で使えて、難しいこと考えずにワンクリックで転送速度が確認できる神ソフトです。

使い方はこちらのHPが分かりやすいのでご参考ください。



それでは計測結果はこちら!


遅い!

Seq Q32T1 R 38.93MB/s W 13.20MB/s
4KB Q8T8 R 38.97MB/s W 26.62MB/s
4KB Q32T1 R 5.63MB/s W 0.00MB/s
4KB Q1T1 R 5.38MB/s W 0.00MB/s

Seq1Mは100MB/sを超えても良いはずですが・・・。

念のためPCのUSBポートを変えて再測定してみました。ご参考まで、1回目の測定はPCケースのUSBポート、2回目の測定はマザーボードのUSBポートに直結です。

結果はこちら!



変わらず遅い・・・。USBポートを変えても数値はほとんど変わりませんでした。

なぜ遅いのか、理由は分かりませんが、測定方法が悪いのか、そもそもUSBが3.2GEN1ではない可能性もあります。USB2.0の転送速度の数値と同じくらいの結果なので、中身はUSB2.0なのかも・・・。


HIDISKのUSBメモリーはハズレだった

USB3.2Gen1のUSBメモリーを買ってみましたが、実測するとUSB2.0程度の転送速度でした。何度かやり方を変えても同じ数値が出てきたので、USBメモリのハズレを引いたのかもしれません。

HIDISK 磁器研究所の製品HPには、今回購入した製品が載っていないので、もしかしたらと疑ってしまいますね。

以上、GEOで買ったHIDISK磁気研究所のUSB3.2Gen1メモリーの速度を検証してみたでした。

新着記事

Photo & Camera

2023/1/6

標準ズームレンズを着けたフルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ

ありがとうございます。Udokkoです。 私の愛機はSONYのα7Riiで、レンズは小三元レンズのSEL2470Zです。カメラをカバンに入れて持ち運ぶときに、そのまま入れてしまうとダメージがありそうなのが気になりますよね。今回はその対策としてラッピングクロスを購入してみました。カメラのラッピングクロスを購入しようとしている方は、サイズ感が気になると思いますので、そのご参考にしていただければ幸いです。 フルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ 結論は題名に書いてある通りなんですが、フルサイ ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/4

GRⅢxのRAWデータは情報量が豊富

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxはコンパクトなカメラながら、APS-Cセンサーを搭載しています。よって、そのデータの情報量はコンデジとは思えない物です。今回はRAWで撮ったデータをLightroomに取り込んで、シャドウやハイライトをいじってみました。GRⅢxのデータにどれだけの情報量が詰め込まれているのか、感覚的に掴んでみたいと思います。 室内で撮った写真のRAW現像 まずはこちらの写真。これは何もいじっていないスタンダードな状態です。部屋の床に落ちていた猫じゃらし。左上は黒潰れ、右上 ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/3

RX100M6の外観レビュー。滑るのが気になる。

ありがとうございます。Udokkoです。 GoopassさんでSONYのコンデジのRX100M6をお借りしました。GRⅢxでコンデジの魅力に気づいたので、借りてみたわけです。GRⅢxは単焦点、RX100M6は24−200mmの超便利なズームレンズという違いがあります。レンズの構成を見るとある意味対極に位置するような2つのカメラです。また、GRⅢxのズームができない、AFや動画性能が劣るという点をRX100M6は克服してくれています。とても面白そうなコンデジ。試さずにはいられませんね。というわけで今回はRX ...

ReadMore

Game

2023/1/2

COD DMZのコントローラーの上下反転の設定方法

ありがとうございます。Udokkoです。 COD Warzoneに新たに追加されたDMZの、コントローラーの上下反転の設定方法です。PS5版ですが、おそらくPS4でも同様だと思います。意外と分かりにくかったので、備忘録として残しておきます。 歯車マーク → コントローラー → エイム → 垂直エイム軸 → 通常を反転に変更 以上が手順になります。画像も載せておきますので、反転民の方はご参考くださいませ。 この記事は以上です。

ReadMore

Photo & Camera

2022/12/28

GRⅢxのイメージコントロールを猫で比較してみた

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxには10種類のイメージコントロールがあります。 https://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr-3/feature/03.html Fujifilmで言えばフィルムシミュレーション、SONYだとクリエイティブコントロールになりますね。各社色々言い方がありますが、要はカメラメーカーが用意してくれている画作りのことです。特にRICOHのGRⅢxはモノクロはもちろんですが、ポジフィルム調やブリーチバイパスなどが ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-PC & Gadget
-