PC & Gadget

ディスプレイポートケーブルの選び方【バージョンが色々あるよ】

ディスプレイポートケーブルの選び方【バージョンが色々あるよ】

結論

ディスプレイポート1.4を買えばOK。

PCとディスプレイをつなぐケーブルの規格に「ディスプレイポート」があります。多くのPCで採用されており、2020年現在では出力規格はディスプレイポートかHDMIのどちらか、または両方が採用されていると思います。

特にゲーミングPCには高画質&高リフレッシュレートで出力可能なグラフィックボードが搭載されていますが、出力端子の多くがディスプレイポートになっています。これには2つ理由があります。

①:HDMIはライセンス料がかかり高コストである一方、ディスプレイポートはライセンス料不要で低コスト
②:HDMIのリフレッシュレートは120Hzまで、ディスプレイポートは240Hz(解像度1920×1080)まで対応

上記の通り、ディスプレイポートは低価格でハイスペックな所が特にゲーミングPC界隈で支持される要因となっています。

私もグラボ(GTX1070)をディスプレイポートで144Hzのゲーミングモニターにつないでおりますが、ヌルヌルした動きに慣れると30Hzや60Hzが物足りなくなります。

ここまで聞くと「ディスプレイポート最高やん」ってなりますが、ディスプレイポートのケーブルに種類(バージョン)がいくつか存在しています。せっかく良いモニターを買ってもケーブルのバージョンが対応していなければ、その性能を十分に発揮できません。

この記事では、ディスプレイポートケーブルの種類(バージョン)の選び方を紹介いたしますので、ご参考になれば幸いです。

ありがとうございます。Udokkoです。YoutubeTwitterInstagramもやっているのでぜひご覧ください。


ディスプレイポートケーブルの選び方

ディスプレイポートケーブルの選び方を紹介いたします。なお、PS4、PS5、スイッチ、Xboxなどのコンシューマーゲーム機はディスプレイポートが使えないので、付属のHDMIケーブルをご使用ください。

ディスプレイポートの各バージョンがどの解像度、リフレッシュレートに対応しているかを一覧表にまとめました。

補足①:〇'はディスプレイストリーム圧縮(DSC)が必要です。
補足②:バージョン2.0もありますが、対応モニターが実質的に無い(2020年12月現在)ので表には記載していません。

このように各バージョンで解像度やリフレッシュレートが異なるため、出力側と入力側がそれぞれ対応しているバージョンを選ばないといけません。

2020年12月現在では1.4を買っておけば問題無いです。理由は2つあります。

理由①:1.4は2016年から普及している
理由②:ディスプレイポートには下位互換がある

2020年に販売されているPC用ディスプレイ(モニター)の多くは1.2以降をサポートしており、144Hz以上のゲーミングモニターのほとんどは1.4をサポートしています。今使っているモニターが1.2をサポートしている場合でも、下位互換があるので1.4を買っておけば、将来的に例えば4K/120Hzのモニターに買い替えた時も使用できます。

よって、バージョン1.4のディスプレイポートケーブルを買っておけば問題ない、ということになります。




ディスプレイの対応バージョン確認方法

ご参考まで、ディスプレイポートのバージョン確認方法についていくつか例を挙げてみます。

モニターの対応バージョン確認

IPS液晶で144Hz対応のASUS TUF Gamingのゲーミングモニターを例にします。


ASUS公式HPより画像引用

上記の写真の通り、DisplayPort1.2が1つあることが分かります。このモニターはフルHDで144Hzなので、1.2で十分性能が引き出せます。どのメーカーのモニターでも、このように出力端子の説明がありますので確認してみてください。

グラボの対応バージョン確認方法

コスパモンスターのRTX3070を例にします。



ZOTAC公式HPより引用

出力端子にDisplayPort1.4aと記載されています。親切に8K60Hzの出力までサポートしていることが記載されています。



まとめ

ディスプレイポートは規格(バージョン)が色々ありますが、下位互換があるので1.4買えば基本的に問題ないです。1.2でも4Kの60Hzまでサポートしているので、間違えて買ってもほとんどの方は問題無いような気もします。

比較的安価でハイスペックなディスプレイですが、ちょっとクセがあって時々不安定な場合もあります。私もなぜか映らなくて困ったことがありますが、解決策も見つかったので以下ご参考ください。

ご参考
DP(DisplayPort)でモニターが映らない時の対処法

続きを見る

以上、ディスプレイポートの選び方でした。



新着記事

Diary

2022/9/29

造花とぽん氏と私と

ありがとうございます。Udokkoです。 ぽん氏の部屋の片隅に、造花があります。この造花は結婚式の時に母が作ってくれた物で、もう10年以上が経ちます。 そう考えると随分時間が経ったなあとしみじみ。 みみ先生が来て、ぽん氏が来て、息子が来て。 みみ先生とは残念ながらお別れすることにもなりました。 ぽん氏はまだまだ長生きしてくれるでしょう。 なんだかんだで私も平均寿命の半分近くになりました。 歳をとるのも別に悪いことじゃないです。 年をとると知識や経験が蓄積されるので、むしろイージーモードになる気がする。 と ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/27

ミラーレスカメラの欠点!?ストロボ撮影で必須の液晶表示設定がある

ありがとうございます。Udokkoです。今回はミラーレスカメラのある意味欠点とも言えるかもしれないストロボ撮影時の液晶表示設定についてシェアしたいと思います。 ミラーレスカメラは構造上、EVFや背面液晶に写る写真がそのまま表示されます。あとからPCや印刷して見ても、基本的には液晶で見たものと同じものが写っています。これがミラーレスのメリットであると言えます。スマホと同じ感覚で撮れるので、ミラーレスは初心者向けと言えるかもしれません。 一方で、自分もやってみるまで気づかなかった意外な盲点として、ストロボ撮影 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/26

SONYのISO AUTO低速限界とはシャッタースピード下限値のこと

ありがとうございます。Udokkoです。 SONYのカメラには「ISO AUTO低速限界」という設定があります。ISO AUTO低速限界。繰り返します。ISO AUTO低速限界。これ以上難解な日本語はあるだろうか。いや、ない。 この文字だけ見ても全くピンとこない設定なんですが、意味が分かるととても便利な設定です。いまや私にとってこのISO AUTO低速限界は必須機能です。まだISO AUTO低速限界を使ったことがない方は、ぜひ一度使ってみてください。手ブレ、被写体ブレなどの失敗写真がグンと減ると思います。 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/25

LUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.の世界一遅いレビュー

ありがとうございます。Udokkoです。 個人ブログとしては世界で一番遅い、つまり言い換えると一番新しいレビューになると思います。2010年に発売され、2022年9月の時点ではすでに生産完了品となっているLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.のレビューでございます。 今は2型のLUMIX G 14mm / F2.5 Ⅱ ASPH.が発売されていますが、今回購入したのは1型の古い方。なぜ今更感満載のLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.を買ったのかをシェアさせていただきたく存じます。 ...

ReadMore

Diary

2022/9/20

机、椅子、ベッド、いずれもぽん氏の居場所になる

ありがとうございます。Udokkoです。 自由きままな猫。ぽん氏も例外ではなく、基本的に我が家のいろんなところに現れます。私の部屋の机、椅子、ベッドも、ぽん氏の居場所になります。 机の上作業しているとどこからともなく現れるぽん氏。 椅子の上にもちゃっかり乗ります。 続きます

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-PC & Gadget
-, ,