PC & Gadget

Amazonブランド「eono」のマウスパッドレビュー【安くて良い】

Amazonブランド「eono」のマウスパッドレビュー【安くて良い】

みんな大好きAmazon。先日仕事用にAmazonブランドのeonoのマウスパッドを購入しました。買ったのは最もベーシックなタイプ。ゲーミングやパームレスト付きなどもありますが、お仕事用なので最もベーシックなタイプにしました。色も黒なので無難。THE無難。

Amazonブランドのeonoはまだ認知度が低いように思いますので、レビューしていきたいと思います。


ありがとうございます。Udokkoです。YoutubeTwitterInstagramもやっているのでぜひご覧ください。


Amazonブランド「eono」のマウスパッドレビュー



eonoシリーズはコスパに優れるAmazonのプライベートブランドです。以前私のディスプレイをデュアルモニター化したんですが、そのときに買ったのがeonoのモニターアームでした。

amazonブランド”eono”モニターアームを購入。デュアルモニターで作業効率改善。

続きを見る


このeonoのモニターアーム、1年ほど使っていますが特に使用感に問題なく使えています。Amazonに限らずですが、プライベートブランドってイマイチ品質に信頼性が無い印象があって、ちょっと敬遠していたんですが、このモニターアームおかげでeonoは使えるプライベートブランドだな認識を改めております。

そんな事情もあって、仕事で使える安いマウスパッドを探していた所、Amazonのeonoのマウスパッドを見つけたので早速購入しました。さて、安心安全eonoブランドのマウスパッドの実力はいかほどか。



開封&外観チェック。シンプルで良い。

eonoのマウスパッドはビニールに入っていました。大きなマウスパッドだと丸まった状態で運ばれることがあり、その場合は丸まったクセがとれるまでに時間がかかります。このマウスパッドはまっすぐ真っ平らの状態なので、クセがなくてありがたい。



デザインはシンプル。THEシンプル。eonoのロゴが好き嫌いありそうですが、まあこれくらいなら主張しても良いかなと思います。フチは編み込まれており、その模様が見えます。色は黒ですが、真っ黒ではなくちょっと白ボケた黒です。安いので染料のクオリティが低いらしい。

大きさは下記をご覧ください。

ブランドEono
サイズ27*21*0.3cm
Black
材質ゴム
形状長方形
Amazon小hンページより引用

マウスパッド自体に厚みがあるので、多少机の凹凸があってもマウスパッドがならしてくれます。



全体像はこんな感じ。

私の大きめな手と比較するとこんな感じ。

たぶん伝わらないのでiPhoneSEと比較します。


まだ伝わらない気がする、

というか最初からマウスを乗せて写撮れば良かったですね。マウスはロジクールのゲーミングマウスG300Sr


eonoのマウスパッドは必要十分な大きさです。

では私が普段使っているゲーミングマウスパッドと比較してみましょう。PCを自作したときに購入したのですが、マウスパッドの重要性を教えてくれた逸品です。マウスパッドなんて何でも一緒と思っていましたが、これを使ってみると高い物はやはり良いことを思い知らせてくれました。

このゲーミングマウスパッドはsteelseriesのマウスパッドで、すでに廃盤のようです。厚みが5mmあって程よく滑り、マウスの置き心地は最高。高いマウスパッドには意味があることを教えてくれました。


厚みが結構違います。eonoのマウスパッドは3mmで十分厚さを感じますが、それでもこのゲーミングマウスパッドと比較すると薄く見えます。





必要十分の機能性

裏面はこんな感じ。滑り止め効果は抜群で、通常の使用ならまず動くことはないでしょう。



マウスパッドと言えば、マウスがどれだけ快適に動かせるかが重要です。このマウスパッドは滑り止めが十分効いており、パッドが動くことはまずありません。そして、マウスパッドの表面は適度に滑りやすく、使い心地は快適。しかも厚みのある素材なので、衝撃吸収性もよく、ちょっと動かしたりしたときの衝撃が少なくて、これもGood。

安い割にしっかりとした作りなので、マウス操作が楽になりました。


まとめ:コスパが良いマウスパッド

eonoのマウスパッドはコスパの良いでした。十分な厚みによって程よい弾力性があり、滑り止め効果も高く、マウスを使っているときのストレスを感じることが無くなります。

安くて実用的なマウスパッドをお探しなら、このeonoのマウスパッドを検討してみてはいかがでしょうか。

以上、Amazonブランドのeonoマウスパッドのレビューでした。




新着記事

Photo & Camera

2023/1/6

標準ズームレンズを着けたフルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ

ありがとうございます。Udokkoです。 私の愛機はSONYのα7Riiで、レンズは小三元レンズのSEL2470Zです。カメラをカバンに入れて持ち運ぶときに、そのまま入れてしまうとダメージがありそうなのが気になりますよね。今回はその対策としてラッピングクロスを購入してみました。カメラのラッピングクロスを購入しようとしている方は、サイズ感が気になると思いますので、そのご参考にしていただければ幸いです。 フルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ 結論は題名に書いてある通りなんですが、フルサイ ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/4

GRⅢxのRAWデータは情報量が豊富

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxはコンパクトなカメラながら、APS-Cセンサーを搭載しています。よって、そのデータの情報量はコンデジとは思えない物です。今回はRAWで撮ったデータをLightroomに取り込んで、シャドウやハイライトをいじってみました。GRⅢxのデータにどれだけの情報量が詰め込まれているのか、感覚的に掴んでみたいと思います。 室内で撮った写真のRAW現像 まずはこちらの写真。これは何もいじっていないスタンダードな状態です。部屋の床に落ちていた猫じゃらし。左上は黒潰れ、右上 ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/3

RX100M6の外観レビュー。滑るのが気になる。

ありがとうございます。Udokkoです。 GoopassさんでSONYのコンデジのRX100M6をお借りしました。GRⅢxでコンデジの魅力に気づいたので、借りてみたわけです。GRⅢxは単焦点、RX100M6は24−200mmの超便利なズームレンズという違いがあります。レンズの構成を見るとある意味対極に位置するような2つのカメラです。また、GRⅢxのズームができない、AFや動画性能が劣るという点をRX100M6は克服してくれています。とても面白そうなコンデジ。試さずにはいられませんね。というわけで今回はRX ...

ReadMore

Game

2023/1/2

COD DMZのコントローラーの上下反転の設定方法

ありがとうございます。Udokkoです。 COD Warzoneに新たに追加されたDMZの、コントローラーの上下反転の設定方法です。PS5版ですが、おそらくPS4でも同様だと思います。意外と分かりにくかったので、備忘録として残しておきます。 歯車マーク → コントローラー → エイム → 垂直エイム軸 → 通常を反転に変更 以上が手順になります。画像も載せておきますので、反転民の方はご参考くださいませ。 この記事は以上です。

ReadMore

Photo & Camera

2022/12/28

GRⅢxのイメージコントロールを猫で比較してみた

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxには10種類のイメージコントロールがあります。 https://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr-3/feature/03.html Fujifilmで言えばフィルムシミュレーション、SONYだとクリエイティブコントロールになりますね。各社色々言い方がありますが、要はカメラメーカーが用意してくれている画作りのことです。特にRICOHのGRⅢxはモノクロはもちろんですが、ポジフィルム調やブリーチバイパスなどが ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-PC & Gadget
-, ,