Photo & Camera

カメラやレンズの保管は湿度が低くなるドライボックスがおススメ

カメラやレンズの保管は湿度が低くなるドライボックスがおススメ


今回はカメラやレンズを保管するのにおススメなドライボックスのお話です。先日こちらのドライボックスを買いました。

中古のカメラとはいえ、私の持ってるα7riiとレンズは中古価格の総額で20万円くらい。カメラやレンズって高いですよね~・・・。そんな高価なものを適当に保管するのは何だかまずい気がするのでドライボックスを買いました。湿度は本当に下がるのか気になりましたが、実際に部屋の湿度よりも低くなっているので買ってよかったです。

防湿庫は高い。でもカメラやレンズをある程度は良い状態で保管したい。そんな風に考えているそこのあなた。ドライボックスはあなたの選択肢の一つになるので、ぜひこの記事を見てご検討してみてはいかがでしょうか。


ナカバヤシのドライボックスのざっくりレビュー

今回買ったドライボックスはAmazonで売ってたナカバヤシのドライボックスです。容量8Lと小型なので、それほど場所をとりません。フタにはゴムパッキンがついており、湿度が入らないように密閉できます。

ボックス内に湿度計が付いているので、ボックス内が湿気てないか確認できるところが購入の決め手でした。


ボックスには小物入れがあります。小物入れにはシリカゲルなどの湿度を吸収してくれる乾燥剤を入れるスペースもあります。



容量8Lなので、あんまり中身は入りません。写真はオールドレンズ2本入れた状態。ここにカメラとレンズ(α7riiとSEL2470Z)を入れたらほかのものは入りません。カメラ本体が2つ以上あるとか、レンズが何本もある方は、もう一回り大きいサイズの27Lを購入した方が良いでしょう。容量比で約3倍なので、27Lあればカメラ2台+レンズ数本は入ると思います。




ドライボックスは本当に湿度が下がるのか?検証してみた。

ドライボックスがいまいちカメラ好きに浸透していないのは、ドライボックスは本当に湿度が下がるのか不安だと考える人が多いからなのではないでしょうか。カメラやレンズの保管といえば防湿庫みたいな論調が多いですからね。(いわゆるインフルエンサーの方達の場合、防湿庫の方が利益がでるから紹介しやすいのではと勘ぐっているのは私だけか・・・。)

話を戻して、ドライボックスは本当に湿度が下がるのか検証してみましたが、実際に部屋の湿度より下がることが確認できました。

こちらが乾燥剤を入れる前の湿度計の値。8月の雨の日でジメジメした日だったので、湿度は75%。人間も辛いジメジメ具合です。





入れた乾燥剤はこちら。ついでにカビ防止剤も入れておきました。

それでは乾燥剤を入れてしばらく放置した後の湿度はどうなったでしょうか!?


それがこちら!



脅威の湿度35%!。思った以上に下がりましたね。湿度が40%も下がるとは正直驚きました。湿度を下げる効果は十分あることが分かりました。



ドライボックスは初心者におススメできるカメラ用品

以上がドライボックスを実際に買ってみて、検証してみた結果でした。ドライボックスは1000円台で買えるお手頃なカメラレンズ用の保管用品だなと思います。安くてしっかり湿度を抑えてくれる、カメラ初心者には頼もしい味方といえるでしょう。

ただし注意点もあります。

一つ目は温度はコントロールできませんので、熱劣化は避けられません。基本的に室内にドライボックスを置くと思うので、極端に問題になることは無いと思いますが、防湿庫のように温度まで管理できないのがドライボックスの弱点ですね。

2つ目は乾燥剤は時々乾燥させないといけないことです。シリカゲルのような乾燥剤は、湿気を吸ってくれますが、無限に湿気を吸ってくれるわけではありません。どこかで吸える量の限界が来ます。時々シリカゲルを乾燥しないとドライボックスの湿度が下がらなくなってしまいます。時々天日干しすると、シリカゲルの湿気が放出されて再利用できます。乾燥剤を乾燥させるってなんだか変な感じもしますが、そういうものですので注意しましょう。

以上、カメラやレンズの保管は湿度が低くなるドライボックスがおススメだというお話でした。

この記事内で紹介した製品リンクを貼っておきますのでご参照ください。

新着記事

Diary

2022/9/29

造花とぽん氏と私と

ありがとうございます。Udokkoです。 ぽん氏の部屋の片隅に、造花があります。この造花は結婚式の時に母が作ってくれた物で、もう10年以上が経ちます。 そう考えると随分時間が経ったなあとしみじみ。 みみ先生が来て、ぽん氏が来て、息子が来て。 みみ先生とは残念ながらお別れすることにもなりました。 ぽん氏はまだまだ長生きしてくれるでしょう。 なんだかんだで私も平均寿命の半分近くになりました。 歳をとるのも別に悪いことじゃないです。 年をとると知識や経験が蓄積されるので、むしろイージーモードになる気がする。 と ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/27

ミラーレスカメラの欠点!?ストロボ撮影で必須の液晶表示設定がある

ありがとうございます。Udokkoです。今回はミラーレスカメラのある意味欠点とも言えるかもしれないストロボ撮影時の液晶表示設定についてシェアしたいと思います。 ミラーレスカメラは構造上、EVFや背面液晶に写る写真がそのまま表示されます。あとからPCや印刷して見ても、基本的には液晶で見たものと同じものが写っています。これがミラーレスのメリットであると言えます。スマホと同じ感覚で撮れるので、ミラーレスは初心者向けと言えるかもしれません。 一方で、自分もやってみるまで気づかなかった意外な盲点として、ストロボ撮影 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/26

SONYのISO AUTO低速限界とはシャッタースピード下限値のこと

ありがとうございます。Udokkoです。 SONYのカメラには「ISO AUTO低速限界」という設定があります。ISO AUTO低速限界。繰り返します。ISO AUTO低速限界。これ以上難解な日本語はあるだろうか。いや、ない。 この文字だけ見ても全くピンとこない設定なんですが、意味が分かるととても便利な設定です。いまや私にとってこのISO AUTO低速限界は必須機能です。まだISO AUTO低速限界を使ったことがない方は、ぜひ一度使ってみてください。手ブレ、被写体ブレなどの失敗写真がグンと減ると思います。 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/25

LUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.の世界一遅いレビュー

ありがとうございます。Udokkoです。 個人ブログとしては世界で一番遅い、つまり言い換えると一番新しいレビューになると思います。2010年に発売され、2022年9月の時点ではすでに生産完了品となっているLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.のレビューでございます。 今は2型のLUMIX G 14mm / F2.5 Ⅱ ASPH.が発売されていますが、今回購入したのは1型の古い方。なぜ今更感満載のLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.を買ったのかをシェアさせていただきたく存じます。 ...

ReadMore

Diary

2022/9/20

机、椅子、ベッド、いずれもぽん氏の居場所になる

ありがとうございます。Udokkoです。 自由きままな猫。ぽん氏も例外ではなく、基本的に我が家のいろんなところに現れます。私の部屋の机、椅子、ベッドも、ぽん氏の居場所になります。 机の上作業しているとどこからともなく現れるぽん氏。 椅子の上にもちゃっかり乗ります。 続きます

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-Photo & Camera
-,