Photo & Camera

カメラやレンズの保管は湿度が低くなるドライボックスがおススメ

カメラやレンズの保管は湿度が低くなるドライボックスがおススメ


今回はカメラやレンズを保管するのにおススメなドライボックスのお話です。先日こちらのドライボックスを買いました。

中古のカメラとはいえ、私の持ってるα7riiとレンズは中古価格の総額で20万円くらい。カメラやレンズって高いですよね~・・・。そんな高価なものを適当に保管するのは何だかまずい気がするのでドライボックスを買いました。湿度は本当に下がるのか気になりましたが、実際に部屋の湿度よりも低くなっているので買ってよかったです。

防湿庫は高い。でもカメラやレンズをある程度は良い状態で保管したい。そんな風に考えているそこのあなた。ドライボックスはあなたの選択肢の一つになるので、ぜひこの記事を見てご検討してみてはいかがでしょうか。


ナカバヤシのドライボックスのざっくりレビュー

今回買ったドライボックスはAmazonで売ってたナカバヤシのドライボックスです。容量8Lと小型なので、それほど場所をとりません。フタにはゴムパッキンがついており、湿度が入らないように密閉できます。

ボックス内に湿度計が付いているので、ボックス内が湿気てないか確認できるところが購入の決め手でした。


ボックスには小物入れがあります。小物入れにはシリカゲルなどの湿度を吸収してくれる乾燥剤を入れるスペースもあります。



容量8Lなので、あんまり中身は入りません。写真はオールドレンズ2本入れた状態。ここにカメラとレンズ(α7riiとSEL2470Z)を入れたらほかのものは入りません。カメラ本体が2つ以上あるとか、レンズが何本もある方は、もう一回り大きいサイズの27Lを購入した方が良いでしょう。容量比で約3倍なので、27Lあればカメラ2台+レンズ数本は入ると思います。




ドライボックスは本当に湿度が下がるのか?検証してみた。

ドライボックスがいまいちカメラ好きに浸透していないのは、ドライボックスは本当に湿度が下がるのか不安だと考える人が多いからなのではないでしょうか。カメラやレンズの保管といえば防湿庫みたいな論調が多いですからね。(いわゆるインフルエンサーの方達の場合、防湿庫の方が利益がでるから紹介しやすいのではと勘ぐっているのは私だけか・・・。)

話を戻して、ドライボックスは本当に湿度が下がるのか検証してみましたが、実際に部屋の湿度より下がることが確認できました。

こちらが乾燥剤を入れる前の湿度計の値。8月の雨の日でジメジメした日だったので、湿度は75%。人間も辛いジメジメ具合です。





入れた乾燥剤はこちら。ついでにカビ防止剤も入れておきました。

それでは乾燥剤を入れてしばらく放置した後の湿度はどうなったでしょうか!?


それがこちら!



脅威の湿度35%!。思った以上に下がりましたね。湿度が40%も下がるとは正直驚きました。湿度を下げる効果は十分あることが分かりました。



ドライボックスは初心者におススメできるカメラ用品

以上がドライボックスを実際に買ってみて、検証してみた結果でした。ドライボックスは1000円台で買えるお手頃なカメラレンズ用の保管用品だなと思います。安くてしっかり湿度を抑えてくれる、カメラ初心者には頼もしい味方といえるでしょう。

ただし注意点もあります。

一つ目は温度はコントロールできませんので、熱劣化は避けられません。基本的に室内にドライボックスを置くと思うので、極端に問題になることは無いと思いますが、防湿庫のように温度まで管理できないのがドライボックスの弱点ですね。

2つ目は乾燥剤は時々乾燥させないといけないことです。シリカゲルのような乾燥剤は、湿気を吸ってくれますが、無限に湿気を吸ってくれるわけではありません。どこかで吸える量の限界が来ます。時々シリカゲルを乾燥しないとドライボックスの湿度が下がらなくなってしまいます。時々天日干しすると、シリカゲルの湿気が放出されて再利用できます。乾燥剤を乾燥させるってなんだか変な感じもしますが、そういうものですので注意しましょう。

以上、カメラやレンズの保管は湿度が低くなるドライボックスがおススメだというお話でした。

この記事内で紹介した製品リンクを貼っておきますのでご参照ください。

新着記事

OLYMPUS / OM SYSTEM Photo & Camera

2024/4/30

【OM SYSTEM】思い切ったRAW現像で大胆な世界観を。

デジタルカメラとRAW現像は人間の目では映せない情報を見せてくれます。Capture Oneを使ってE-M5で撮ったRAWデータを大胆に編集してみました。 元の画像がこちら。 思い切って振り切った画像がこちら。 これはこれでアリだなと思います。お次も元画像から。 大胆にいじるとこう。 良いな。お次も元画像から。 Capture Oneで振り切ってみるとこう。 人間の目には映らない、正確には光の波長を自分で選択できないけど、RAW現像ならあえて光の波長を制限することで普段見えないものが見えてくる面白さがあり ...

ReadMore

OLYMPUS / OM SYSTEM Photo & Camera

2024/4/27

【OM SYSTEM】E-M5 Mark IIIと12-40mm F2.8 PROで牧場スナップ

オリンパス、もといOM SYSTEMを持って牧場へ。 牧場で雑草を撮る変な人がいるって? それ、私です。 雑草が綺麗な世界を知っているのも私です。 12-40mm F2.8 PROはマクロ的にも使えるのでとても良き。 さあ、あなたも雑草を撮ってみましょう。 それではまた。ごきげんよう。

ReadMore

Photo & Camera

2024/4/26

【Fujifilm】X-E3とXF35mm F1.4Rでペンギンスナップ

FujifilmのX-E3とXF35mm F1.4Rを持って動物園へ。 ペンギンを撮りました。 古い機種なので動物AFなどありません。 でもシングルポイントAFでなんとかなるもんです。 この青さが好き。 最近好きな色がこの青です。 ではごきげんよう。

ReadMore

Photo & Camera

2024/4/25

【Fujifilm】X-E3とXF35mm F1.4Rで公園スナップ

今年の冬に撮った公園スナップ。子どもの成長と共に写した近所の風景。 伸びる枝の影。 よくこの中に隠れる子ども。 近くには木の子ども。小さな発見。でも大きな発見。 そしてこちらもどんぐり発見。 枯れた雑草にも光が当たるととても綺麗。 ではまた。ごきげんよう。

ReadMore

Photo & Camera

2024/4/24

【Fujifilm】X-E3とXF35mm F1.4Rで公園スナップ

カメラを持って公園をプラプラ。 どんぐりの生命力には驚かされます。 こういう木が並んでるの、好き。 赤と緑。 ブランコの上の部分。錆もまた情緒。 緑が目に優しい。 青空と葉っぱは最高の組み合わせ。

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

38歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策や、日常起きたことを備忘録的にブログにしています。このブログが誰かの助けや癒しになればありがたいです。

-Photo & Camera
-,