PC & Gadget

SATA SSDからM.2 NVMe SSDに換装したが、「体感速度は変わらないね」が感想

SATA SSDからM.2 NVMe SSDに換装したが、「体感速度は変わらないね」が感想

ありがとうございます。Udokkoです。前回のSSDの話の続きです。

CrystalDiskInfoでSSDの健康状態を調べてみた【Windows】

続きを見る

4年使ったSATA SSDですが、まだ健康状態は正常でした。一方で、容量が250GBしかないのがネックだったので思い切って変えてみました。正直SATAでも速度的に問題を感じたことはなかったのですが、SATAもM.2 NVMeも今ではほとんど値段が変わらないし、むしろパフォーマンス(ベンチマークの数値)で考えればSATAの方がコスパが悪いので、M.2 NVMeにしました。

SATAからM.2 NVMeに変えても、体感速度は変わらないと言われていますが、ほんとうにそうなのか。実際にM.2 NVMeに換装してみた感想は「その通りだなあ」でした。結論はもう言ってしまっているけれど、興味ある方はぜひ最後までご覧くださいませ。



SSDの交換は簡単だが、ついでの作業が意外と多い

SSDの交換自体は割と簡単なんですが、ついでに掃除しようかな、とかついでにCPUグリス更新しておこうかなとか思っていると、意外と作業が多いことに気づきます。



M.2スロットにはOptane MEMORYが刺さっています。4年前はまだSSDが高かったので、このOptane MEMORYでHDDを高速化しようと思っていました。実際HDDがSSD並みの速さになります。



ただのHDDの速度
Optane MEMORYを有効化した時のHDD速度

Optane MEMORY有り無しで明らかにHDDの転送速度が速くなります。ですが、時代は流れ、もはやM.2 NVMe SSDがSATA SSDとほとんど同じ価格になってしまったので、OPTAIN MEMORYの存在価値がなくなってしまい、Intelからも終了のお知らせがありました。

https://www.publickey1.jp/blog/22/optane.html

残念ながらこのマザーボードにはM.2スロットが1個しかないので、Optane Memoryは取り外します。結局のところ、HDDは写真や動画などのデータ置き場なので、そんなに転送速度が必要でなかったのに気付いてしまいました。




純正CPUグリスを4年使うとこうなる

純正のCPUグリスをそのまま使用して4年が経ちましたが、意外とカピカピではなかったです。まだそれなりに柔らかい状態なので、結構純正CPUグリスは耐久性がいいのかもしれません。CPUがi3 8100で発熱が少ないのも良かったのかも。



古いCPUグリスをきれいにふき取りました。



CPUグリスは通称熊グリス。これサンプル的な少量サイズで安くて助かりました。



きれいにCPUグリス塗ったらOK。あとはCPUファンをつけてCPUグリスの更新は終了です。写真に写ってますが、下のM.2スロットに刺さっているのが今回購入したSSDです。



上がOptane Memory、下が普通のSSD

今回購入したのはCrucialのP2 500GB。5年保証です。


白いカバーの中にSATA SSDがあります

いつ故障するか分からないので、古いSATA SSDは取り外します。安全第一。


SSD換装前後のベンチマーク

せっかくなのでSATA SSDとM.2 NVMe SSDのベンチマークを測定してみました。測定は以前書いたUSBメモリの記事と同様、CrystalDiskMarkで測定します。まずはSATA SSDから。

Seq Q32T1 R 531.72MB/s W 425.91MB/s
4KB Q8T8 R 499.68MB/s W 423.43MB/s
4KB Q32T1 R 246.00MB/s W 219.07MB/s
4KB Q1T1 R 28.97MB/s W 105.54MB/s

普通ですね。とはいえHDDから比べると圧倒的に速く、明らかに体感できる差になります。PCの一番の進化はストレージがHDDからSSDに変わったことだと思う。

では次にM.2 NVMe SSDの結果です。

Seq Q32T1 R 2329.26MB/s W 1140.01MB/s
4KB Q8T8 R 1413.98MB/s W 1103.59MB/s
4KB Q32T1 R 391.58MB/s W 371.41MB/s
4KB Q1T1 R 60.97MB/s W 209.54MB/s

速い!ベンチマークでは圧倒的に差がありますね。ベンチマークだけ見ると変えた甲斐がありました。


ベンチマークと体感速度は比例しない

ベンチマークの差を見たときの心境はこんな感じ

ベンチマークだけ見ると、速度の差に「すげえええ」ってなりますが、体感的にはどうなのかが大事。

もう結論は言ってますが、体感速度はSATAでもM.2 NVMeでも変わりません。強いて言えばWindows Defenderが動いている時のSSD使用率が100%にならなくなったので、その時は明らかに快適です。でもこれはWindowsのクリーンインストールが要因かもしれません。

ということで、SSDをSATAからM.2 NVMeに変えたけど、体感速度は変わらなかったという結論です。とはいえストレージが故障するともう目も当てられないので、保証期間が過ぎたり、パフォーマンスに疑問を感じたら買い替えた方が精神衛生上良いかと思う。もし今SSDを変えようかなあと思っている方は、変えましょう。大切なデータを守るために。いまだにHDDしか使っていない方は、もう今すぐSSDに変えましょう。大切な時間を節約するために。

以上、SSDをSATAからM.2 NVMeに変えたお話でした。



新着記事

Photo & Camera

2023/1/6

標準ズームレンズを着けたフルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ

ありがとうございます。Udokkoです。 私の愛機はSONYのα7Riiで、レンズは小三元レンズのSEL2470Zです。カメラをカバンに入れて持ち運ぶときに、そのまま入れてしまうとダメージがありそうなのが気になりますよね。今回はその対策としてラッピングクロスを購入してみました。カメラのラッピングクロスを購入しようとしている方は、サイズ感が気になると思いますので、そのご参考にしていただければ幸いです。 フルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ 結論は題名に書いてある通りなんですが、フルサイ ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/4

GRⅢxのRAWデータは情報量が豊富

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxはコンパクトなカメラながら、APS-Cセンサーを搭載しています。よって、そのデータの情報量はコンデジとは思えない物です。今回はRAWで撮ったデータをLightroomに取り込んで、シャドウやハイライトをいじってみました。GRⅢxのデータにどれだけの情報量が詰め込まれているのか、感覚的に掴んでみたいと思います。 室内で撮った写真のRAW現像 まずはこちらの写真。これは何もいじっていないスタンダードな状態です。部屋の床に落ちていた猫じゃらし。左上は黒潰れ、右上 ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/3

RX100M6の外観レビュー。滑るのが気になる。

ありがとうございます。Udokkoです。 GoopassさんでSONYのコンデジのRX100M6をお借りしました。GRⅢxでコンデジの魅力に気づいたので、借りてみたわけです。GRⅢxは単焦点、RX100M6は24−200mmの超便利なズームレンズという違いがあります。レンズの構成を見るとある意味対極に位置するような2つのカメラです。また、GRⅢxのズームができない、AFや動画性能が劣るという点をRX100M6は克服してくれています。とても面白そうなコンデジ。試さずにはいられませんね。というわけで今回はRX ...

ReadMore

Game

2023/1/2

COD DMZのコントローラーの上下反転の設定方法

ありがとうございます。Udokkoです。 COD Warzoneに新たに追加されたDMZの、コントローラーの上下反転の設定方法です。PS5版ですが、おそらくPS4でも同様だと思います。意外と分かりにくかったので、備忘録として残しておきます。 歯車マーク → コントローラー → エイム → 垂直エイム軸 → 通常を反転に変更 以上が手順になります。画像も載せておきますので、反転民の方はご参考くださいませ。 この記事は以上です。

ReadMore

Photo & Camera

2022/12/28

GRⅢxのイメージコントロールを猫で比較してみた

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxには10種類のイメージコントロールがあります。 https://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr-3/feature/03.html Fujifilmで言えばフィルムシミュレーション、SONYだとクリエイティブコントロールになりますね。各社色々言い方がありますが、要はカメラメーカーが用意してくれている画作りのことです。特にRICOHのGRⅢxはモノクロはもちろんですが、ポジフィルム調やブリーチバイパスなどが ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-PC & Gadget
-