Photo & Camera

GRⅢxのISO感度はどこまでが許容範囲なのか試してみた

GRⅢxのISO感度はどこまでが許容範囲なのか試してみた



ありがとうございます。Udokkoです。

GRⅢxのISO感度がどの程度まで使えるか、気になったので試してみました。あくまで自分の感想なのでご自身で確認するのが一番ですが、私の結論としてはISO3200が許容範囲かなと思います。実際にISO感度別に写真を撮ってみたのでご参考にしてみてください。なお、写真はjpeg撮って出しの写真をブログ掲載用にデータを圧縮しています。あくまでご参考ですのでその点はご理解くださいませ。


GRⅢxのISO感度はどこまでが許容範囲なのか試してみた



まずはISO100です。GRⅢxはめちゃくちゃ小さくて軽いコンデジですが、センサーがAPS-Cセンサーだけあって画質が良いです。レンズもF2.8と比較的明るいため、室内の撮影でもきれいに撮れます。

まずはISO100です。GRⅢxはめちゃくちゃ小さくて軽いコンデジですが、センサーがAPS-Cセンサーだけあって画質が良いです。レンズもF2.8と比較的明るいため、室内の撮影でもきれいに撮れます。
ISO100のぽん氏






次はISO640です。640でもスマホ画面で見る分にはノイズがほとんど分かりません。

次はISO640です。640でもスマホ画面で見る分にはノイズがほとんど分かりません。
ISO640のぽん氏






次はISO800です。ISO640とほぼ変わらず相変わらずきれい。

次はISO800です。ISO640とほぼ変わらず相変わらずきれい。
ISO800のぽん氏






次はISO1600です。徐々にシャドウ部にノイズが出てきますが、ISO1600ならまだまだ問題無し。個人的にはシャッタースピードを稼ぐことが正義だと思っているので、ISO1600は積極的に使います。

次はISO1600です。徐々にシャドウ部にノイズが出てきますが、ISO1600ならまだまだ問題無し。個人的にはシャッタースピードを稼ぐことが正義だと思っているので、ISO1600は積極的に使います。
ISO1600のぽん氏






次はISO3200です。ISO1600より明らかにシャドウ部のノイズが増えました。とはいえこれでもそんなに気にならないレベルです。

次はISO3200です。ISO1600より明らかにシャドウ部のノイズが増えました。とはいえこれでもそんなに気にならないレベルです。
ISO3200のぽん氏






次はISO6400です。シャドウ部にノイズが目出ちますね。ISO6400までいくと精細感に欠けるので、個人的には避けたいところです。

次はISO6400です。シャドウ部にノイズが目出ちますね。ISO6400までいくと精細感に欠けるので、個人的には避けたいところです。
ISO6400のぽん氏






次はISO12800です。ノイズが目立ちます。とはいえ結構健闘してますね。写真として破綻していないので、とても優秀だと思います。

次はISO12800です。ノイズが目立ちます。とはいえ結構健闘してますね。写真として破綻していないので、とても優秀だと思います。
ISO12800のぽん氏







次はISO25600です。これも思った以上に健闘しています。正直破綻して見れないレベルだと思っていました。もちろんノイズが多く、使いたいISO感度ではありませんが、ここまで上げられるのはすごい。

次はISO25600です。これも思った以上に健闘しています。正直破綻して見れないレベルだと思っていました。もちろんノイズが多く、使いたいISO感度ではありませんが、ここまで上げられるのはすごい。
ISO25600のぽん氏







次はISO65535です。さすがにもう無理です。かなりノイジーな写真で、カメラを搭載し始めた時期のガラケー並みです。これ以上はもう無理でしょう。

次はISO65535です。さすがにもう無理です。かなりノイジーな写真で、カメラを搭載し始めた時期のガラケー並みです。これ以上はもう無理でしょう。
ISO65535のぽん氏





まとめ





GRⅢxのISO感度別に写真を撮ってみましたが、個人的にはISO3200まで実用範囲内だと思います。積極的に使おうとは思いませんが、意外とISO12800でも意外と破綻しておらず、条件によっては使っても良いレベルだなと感じました。GRⅢxのセンサーはAPS-Cセンサーですが、高感度耐性はかなり高いと思います。私は手ブレしないように積極的にISOを上げてシャッタースピードを上げるようにしているので、これはありがたいですね。GRⅢxのセンサーも素晴らしい物だと思います。以上、GRⅢxのISO感度はどこまでが許容範囲なのか試してみた話でした。



RICOH GRⅢxレビュー。外観編。

続きを見る

GRⅢxのマクロとクロップを組み合わせて撮影倍率を調べてみた

続きを見る

GRⅢxで子どもの撮影はできるのか試してみた

続きを見る

買う前に借りるという選択肢もあります。

カメラ・レンズのレンタルサービスGOOPASSを使ってみた感想

続きを見る


新着記事

Photo & Camera

2023/1/6

標準ズームレンズを着けたフルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ

ありがとうございます。Udokkoです。 私の愛機はSONYのα7Riiで、レンズは小三元レンズのSEL2470Zです。カメラをカバンに入れて持ち運ぶときに、そのまま入れてしまうとダメージがありそうなのが気になりますよね。今回はその対策としてラッピングクロスを購入してみました。カメラのラッピングクロスを購入しようとしている方は、サイズ感が気になると思いますので、そのご参考にしていただければ幸いです。 フルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ 結論は題名に書いてある通りなんですが、フルサイ ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/4

GRⅢxのRAWデータは情報量が豊富

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxはコンパクトなカメラながら、APS-Cセンサーを搭載しています。よって、そのデータの情報量はコンデジとは思えない物です。今回はRAWで撮ったデータをLightroomに取り込んで、シャドウやハイライトをいじってみました。GRⅢxのデータにどれだけの情報量が詰め込まれているのか、感覚的に掴んでみたいと思います。 室内で撮った写真のRAW現像 まずはこちらの写真。これは何もいじっていないスタンダードな状態です。部屋の床に落ちていた猫じゃらし。左上は黒潰れ、右上 ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/3

RX100M6の外観レビュー。滑るのが気になる。

ありがとうございます。Udokkoです。 GoopassさんでSONYのコンデジのRX100M6をお借りしました。GRⅢxでコンデジの魅力に気づいたので、借りてみたわけです。GRⅢxは単焦点、RX100M6は24−200mmの超便利なズームレンズという違いがあります。レンズの構成を見るとある意味対極に位置するような2つのカメラです。また、GRⅢxのズームができない、AFや動画性能が劣るという点をRX100M6は克服してくれています。とても面白そうなコンデジ。試さずにはいられませんね。というわけで今回はRX ...

ReadMore

Game

2023/1/2

COD DMZのコントローラーの上下反転の設定方法

ありがとうございます。Udokkoです。 COD Warzoneに新たに追加されたDMZの、コントローラーの上下反転の設定方法です。PS5版ですが、おそらくPS4でも同様だと思います。意外と分かりにくかったので、備忘録として残しておきます。 歯車マーク → コントローラー → エイム → 垂直エイム軸 → 通常を反転に変更 以上が手順になります。画像も載せておきますので、反転民の方はご参考くださいませ。 この記事は以上です。

ReadMore

Photo & Camera

2022/12/28

GRⅢxのイメージコントロールを猫で比較してみた

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxには10種類のイメージコントロールがあります。 https://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr-3/feature/03.html Fujifilmで言えばフィルムシミュレーション、SONYだとクリエイティブコントロールになりますね。各社色々言い方がありますが、要はカメラメーカーが用意してくれている画作りのことです。特にRICOHのGRⅢxはモノクロはもちろんですが、ポジフィルム調やブリーチバイパスなどが ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-Photo & Camera
-, ,