Photo & Camera

SMC Takumar 55mm F1.8のF値によるボケの比較

SMC Takumar 55mm F1.8のF値によるボケの比較

どうもUdokkoです。

さて、VLOGCAMのSONY ZV-E10で動画を撮らず、写真ばかり撮っています。写真おもしろいですよね。

平日昼間はお仕事のため、写真を撮るとなるとだいたい夜の室内でネコのぽん氏を撮っています。先日買ったオールドレンズSMC Takumar 55mm F1.8でパシャパシャと撮っているわけですが、絞り開放(F1.8)ばかりで撮るとちょっと違和感を感じてきます。

ボケ過ぎじゃない?と思うわけです。

ZV-E10はAPS-Cなので、ボケは弱いと思われがちですが、それなりにボケます。ボケが悪いわけではないですが、ボケれば良いというわけでもないですよね。また、絞り開放で撮ると甘い描写になるので多少は絞った方が良いはず。

というわけで最適なF値はいくらなのか、F値を変えて撮って比較してみます。


SMC Takumar 55mm F1.8のF値によるボケの比較

まずは絞り開放のF1.8。背景がザワザワしてちょっと落ち着かない感じがします。描写が甘くピントが合っていないような気がします。(本当に合ってないかも・・・)

まずは絞り開放のF1.8。背景がザワザワしてちょっと落ち着かない感じがします。
ZV-E10 Takumar 55mm f1.8 iso640





続いてF2.8。背景のボケもスッキリして良い感じ。

いてF2.8。背景のボケもスッキリして良い感じ。
ZV-E10 Takumar 55mm f2.8 iso1250





次はF4。意外とF2.8とあまり変わらない印象。ただisoが2000まで上がってしまうので、精細感が無くなってきています。

次はF4。意外とF2.8とあまり変わらない印象。ただisoが2000まで上がってしまうので、精細感が無くなってきています。
ZV-E10 Takumar 55mm f4 iso2000





次はF5.8。背景がボケなくなってきました。被写界深度が深くなることで、顔全体にピントが合っているように見えます。isoは4000まで上がっているので立体感も無くなってきています。

次はF5.8。背景がボケなくなってきました。被写界深度が深くなることで、顔全体にピントが合っているように見えます。isoは4000まで上がっているので立体感も無くなってきています。
ZV-E10 Takumar 55mm f5.8 iso4000





最後はF8。さらに被写界深度が深くなり、体の毛のシャープさが現れてきます。isoは6400です。iso上限設定を6400にしているので、他の写真より若干暗くなっています。

最後はF8。さらに被写界深度が深くなり、体の毛のシャープさが現れてきます。isoは6400です。iso上限設定を6400にしているので、他の写真より若干暗くなっています。
ZV-E10 Takumar 55mm f8 iso6400




まとめ:F2.8がベスト

個人的見解ですが、F2.8がベストでした!

F4でも良いんですが、絞ると暗くなり、isoが上がって精細感が無くなってしまうので、F2.8くらいがちょうど良いと思います。絞り開放の優しい感じも良いですが、やはりちょっと絞った方が写りは良いですね。

今回使用したカメラのZV-E10は手振れ補正が無く、当然オールドレンズにも手振れ補正が無いです。よって手ブレしないようシャッタースピードは1/160秒としています。isoとシャッタースピードと絞りの三すくみの関係は悩ましいものです。

以上、SMC Takumar 55mm F1.8のF値によるボケの比較でした。





新着記事

Diary

2022/9/29

造花とぽん氏と私と

ありがとうございます。Udokkoです。 ぽん氏の部屋の片隅に、造花があります。この造花は結婚式の時に母が作ってくれた物で、もう10年以上が経ちます。 そう考えると随分時間が経ったなあとしみじみ。 みみ先生が来て、ぽん氏が来て、息子が来て。 みみ先生とは残念ながらお別れすることにもなりました。 ぽん氏はまだまだ長生きしてくれるでしょう。 なんだかんだで私も平均寿命の半分近くになりました。 歳をとるのも別に悪いことじゃないです。 年をとると知識や経験が蓄積されるので、むしろイージーモードになる気がする。 と ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/27

ミラーレスカメラの欠点!?ストロボ撮影で必須の液晶表示設定がある

ありがとうございます。Udokkoです。今回はミラーレスカメラのある意味欠点とも言えるかもしれないストロボ撮影時の液晶表示設定についてシェアしたいと思います。 ミラーレスカメラは構造上、EVFや背面液晶に写る写真がそのまま表示されます。あとからPCや印刷して見ても、基本的には液晶で見たものと同じものが写っています。これがミラーレスのメリットであると言えます。スマホと同じ感覚で撮れるので、ミラーレスは初心者向けと言えるかもしれません。 一方で、自分もやってみるまで気づかなかった意外な盲点として、ストロボ撮影 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/26

SONYのISO AUTO低速限界とはシャッタースピード下限値のこと

ありがとうございます。Udokkoです。 SONYのカメラには「ISO AUTO低速限界」という設定があります。ISO AUTO低速限界。繰り返します。ISO AUTO低速限界。これ以上難解な日本語はあるだろうか。いや、ない。 この文字だけ見ても全くピンとこない設定なんですが、意味が分かるととても便利な設定です。いまや私にとってこのISO AUTO低速限界は必須機能です。まだISO AUTO低速限界を使ったことがない方は、ぜひ一度使ってみてください。手ブレ、被写体ブレなどの失敗写真がグンと減ると思います。 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/25

LUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.の世界一遅いレビュー

ありがとうございます。Udokkoです。 個人ブログとしては世界で一番遅い、つまり言い換えると一番新しいレビューになると思います。2010年に発売され、2022年9月の時点ではすでに生産完了品となっているLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.のレビューでございます。 今は2型のLUMIX G 14mm / F2.5 Ⅱ ASPH.が発売されていますが、今回購入したのは1型の古い方。なぜ今更感満載のLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.を買ったのかをシェアさせていただきたく存じます。 ...

ReadMore

Diary

2022/9/20

机、椅子、ベッド、いずれもぽん氏の居場所になる

ありがとうございます。Udokkoです。 自由きままな猫。ぽん氏も例外ではなく、基本的に我が家のいろんなところに現れます。私の部屋の机、椅子、ベッドも、ぽん氏の居場所になります。 机の上作業しているとどこからともなく現れるぽん氏。 椅子の上にもちゃっかり乗ります。 続きます

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-Photo & Camera
-,