Photo & Camera

SMC Takumar 55mm F1.8のF値によるボケの比較

SMC Takumar 55mm F1.8のF値によるボケの比較

どうもUdokkoです。

さて、VLOGCAMのSONY ZV-E10で動画を撮らず、写真ばかり撮っています。写真おもしろいですよね。

平日昼間はお仕事のため、写真を撮るとなるとだいたい夜の室内でネコのぽん氏を撮っています。先日買ったオールドレンズSMC Takumar 55mm F1.8でパシャパシャと撮っているわけですが、絞り開放(F1.8)ばかりで撮るとちょっと違和感を感じてきます。

ボケ過ぎじゃない?と思うわけです。

ZV-E10はAPS-Cなので、ボケは弱いと思われがちですが、それなりにボケます。ボケが悪いわけではないですが、ボケれば良いというわけでもないですよね。また、絞り開放で撮ると甘い描写になるので多少は絞った方が良いはず。

というわけで最適なF値はいくらなのか、F値を変えて撮って比較してみます。


SMC Takumar 55mm F1.8のF値によるボケの比較

まずは絞り開放のF1.8。背景がザワザワしてちょっと落ち着かない感じがします。描写が甘くピントが合っていないような気がします。(本当に合ってないかも・・・)

まずは絞り開放のF1.8。背景がザワザワしてちょっと落ち着かない感じがします。
ZV-E10 Takumar 55mm f1.8 iso640





続いてF2.8。背景のボケもスッキリして良い感じ。

いてF2.8。背景のボケもスッキリして良い感じ。
ZV-E10 Takumar 55mm f2.8 iso1250





次はF4。意外とF2.8とあまり変わらない印象。ただisoが2000まで上がってしまうので、精細感が無くなってきています。

次はF4。意外とF2.8とあまり変わらない印象。ただisoが2000まで上がってしまうので、精細感が無くなってきています。
ZV-E10 Takumar 55mm f4 iso2000





次はF5.8。背景がボケなくなってきました。被写界深度が深くなることで、顔全体にピントが合っているように見えます。isoは4000まで上がっているので立体感も無くなってきています。

次はF5.8。背景がボケなくなってきました。被写界深度が深くなることで、顔全体にピントが合っているように見えます。isoは4000まで上がっているので立体感も無くなってきています。
ZV-E10 Takumar 55mm f5.8 iso4000





最後はF8。さらに被写界深度が深くなり、体の毛のシャープさが現れてきます。isoは6400です。iso上限設定を6400にしているので、他の写真より若干暗くなっています。

最後はF8。さらに被写界深度が深くなり、体の毛のシャープさが現れてきます。isoは6400です。iso上限設定を6400にしているので、他の写真より若干暗くなっています。
ZV-E10 Takumar 55mm f8 iso6400




まとめ:F2.8がベスト

個人的見解ですが、F2.8がベストでした!

F4でも良いんですが、絞ると暗くなり、isoが上がって精細感が無くなってしまうので、F2.8くらいがちょうど良いと思います。絞り開放の優しい感じも良いですが、やはりちょっと絞った方が写りは良いですね。

今回使用したカメラのZV-E10は手振れ補正が無く、当然オールドレンズにも手振れ補正が無いです。よって手ブレしないようシャッタースピードは1/160秒としています。isoとシャッタースピードと絞りの三すくみの関係は悩ましいものです。

以上、SMC Takumar 55mm F1.8のF値によるボケの比較でした。





新着記事

OLYMPUS / OM SYSTEM Photo & Camera

2024/4/30

【OM SYSTEM】思い切ったRAW現像で大胆な世界観を。

デジタルカメラとRAW現像は人間の目では映せない情報を見せてくれます。Capture Oneを使ってE-M5で撮ったRAWデータを大胆に編集してみました。 元の画像がこちら。 思い切って振り切った画像がこちら。 これはこれでアリだなと思います。お次も元画像から。 大胆にいじるとこう。 良いな。お次も元画像から。 Capture Oneで振り切ってみるとこう。 人間の目には映らない、正確には光の波長を自分で選択できないけど、RAW現像ならあえて光の波長を制限することで普段見えないものが見えてくる面白さがあり ...

ReadMore

OLYMPUS / OM SYSTEM Photo & Camera

2024/4/27

【OM SYSTEM】E-M5 Mark IIIと12-40mm F2.8 PROで牧場スナップ

オリンパス、もといOM SYSTEMを持って牧場へ。 牧場で雑草を撮る変な人がいるって? それ、私です。 雑草が綺麗な世界を知っているのも私です。 12-40mm F2.8 PROはマクロ的にも使えるのでとても良き。 さあ、あなたも雑草を撮ってみましょう。 それではまた。ごきげんよう。

ReadMore

Photo & Camera

2024/4/26

【Fujifilm】X-E3とXF35mm F1.4Rでペンギンスナップ

FujifilmのX-E3とXF35mm F1.4Rを持って動物園へ。 ペンギンを撮りました。 古い機種なので動物AFなどありません。 でもシングルポイントAFでなんとかなるもんです。 この青さが好き。 最近好きな色がこの青です。 ではごきげんよう。

ReadMore

Photo & Camera

2024/4/25

【Fujifilm】X-E3とXF35mm F1.4Rで公園スナップ

今年の冬に撮った公園スナップ。子どもの成長と共に写した近所の風景。 伸びる枝の影。 よくこの中に隠れる子ども。 近くには木の子ども。小さな発見。でも大きな発見。 そしてこちらもどんぐり発見。 枯れた雑草にも光が当たるととても綺麗。 ではまた。ごきげんよう。

ReadMore

Photo & Camera

2024/4/24

【Fujifilm】X-E3とXF35mm F1.4Rで公園スナップ

カメラを持って公園をプラプラ。 どんぐりの生命力には驚かされます。 こういう木が並んでるの、好き。 赤と緑。 ブランコの上の部分。錆もまた情緒。 緑が目に優しい。 青空と葉っぱは最高の組み合わせ。

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

38歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策や、日常起きたことを備忘録的にブログにしています。このブログが誰かの助けや癒しになればありがたいです。

-Photo & Camera
-,