Photo & Camera SONY ZV-E10

SMC Takumar 55mm F1.8のF値によるボケの比較

SMC Takumar 55mm F1.8のF値によるボケの比較

どうもUdokkoです。

さて、VLOGCAMのSONY ZV-E10で動画を撮らず、写真ばかり撮っています。写真おもしろいですよね。

平日昼間はお仕事のため、写真を撮るとなるとだいたい夜の室内でネコのぽん氏を撮っています。先日買ったオールドレンズSMC Takumar 55mm F1.8でパシャパシャと撮っているわけですが、絞り開放(F1.8)ばかりで撮るとちょっと違和感を感じてきます。

ボケ過ぎじゃない?と思うわけです。

ZV-E10はAPS-Cなので、ボケは弱いと思われがちですが、それなりにボケます。ボケが悪いわけではないですが、ボケれば良いというわけでもないですよね。また、絞り開放で撮ると甘い描写になるので多少は絞った方が良いはず。

というわけで最適なF値はいくらなのか、F値を変えて撮って比較してみます。


SMC Takumar 55mm F1.8のF値によるボケの比較

まずは絞り開放のF1.8。背景がザワザワしてちょっと落ち着かない感じがします。描写が甘くピントが合っていないような気がします。(本当に合ってないかも・・・)

まずは絞り開放のF1.8。背景がザワザワしてちょっと落ち着かない感じがします。
ZV-E10 Takumar 55mm f1.8 iso640





続いてF2.8。背景のボケもスッキリして良い感じ。

いてF2.8。背景のボケもスッキリして良い感じ。
ZV-E10 Takumar 55mm f2.8 iso1250





次はF4。意外とF2.8とあまり変わらない印象。ただisoが2000まで上がってしまうので、精細感が無くなってきています。

次はF4。意外とF2.8とあまり変わらない印象。ただisoが2000まで上がってしまうので、精細感が無くなってきています。
ZV-E10 Takumar 55mm f4 iso2000





次はF5.8。背景がボケなくなってきました。被写界深度が深くなることで、顔全体にピントが合っているように見えます。isoは4000まで上がっているので立体感も無くなってきています。

次はF5.8。背景がボケなくなってきました。被写界深度が深くなることで、顔全体にピントが合っているように見えます。isoは4000まで上がっているので立体感も無くなってきています。
ZV-E10 Takumar 55mm f5.8 iso4000





最後はF8。さらに被写界深度が深くなり、体の毛のシャープさが現れてきます。isoは6400です。iso上限設定を6400にしているので、他の写真より若干暗くなっています。

最後はF8。さらに被写界深度が深くなり、体の毛のシャープさが現れてきます。isoは6400です。iso上限設定を6400にしているので、他の写真より若干暗くなっています。
ZV-E10 Takumar 55mm f8 iso6400




まとめ:F2.8がベスト

個人的見解ですが、F2.8がベストでした!

F4でも良いんですが、絞ると暗くなり、isoが上がって精細感が無くなってしまうので、F2.8くらいがちょうど良いと思います。絞り開放の優しい感じも良いですが、やはりちょっと絞った方が写りは良いですね。

今回使用したカメラのZV-E10は手振れ補正が無く、当然オールドレンズにも手振れ補正が無いです。よって手ブレしないようシャッタースピードは1/160秒としています。isoとシャッタースピードと絞りの三すくみの関係は悩ましいものです。

以上、SMC Takumar 55mm F1.8のF値によるボケの比較でした。





新着記事

Photo & Camera α7rii

2022/5/22

オールドレンズを使うと何気ない日常が絵になる不思議

相変わらずα7RiiにTakumar 55mm F1.8をつけて宮島の写真を撮っています。 オールドレンズを使うとなぜか分かりませんが、何気ない日常が絵になります。不思議な体験でとても面白く、これがオールドレンズの魅力なんでしょうね。 理屈で言えば、たぶん自分の幼いころの写真に似ているから、ノスタルジーな気分になるんだと思います。30年くらい前が自分の子ども時代で、そのころの写真はその時代か、さらにその前のレンズを使って撮っていると思います。昔自分が撮られていたであろうレンズで今を切り抜く所が面白さの理屈 ...

ReadMore

Photo & Camera α7rii

2022/5/22

NEEWER TT560とSMC Takumar 55mmでお花を撮る

私はサラリーマンなので、平日は朝から晩までお仕事です。よって平日は写真を撮る機会があまりありません。 でもせっかくフルサイズのカメラを買ったわけですし、もっとうまく撮れるようになりたいと思うわけです。そこで夜中でも写真を撮れるように、ストロボ買いました。NEEWERというメーカーのTT560です。併せてNEEWERのワイヤレストリガーも買いました。これでカメラ本体から離れた位置にストロボを置いても、フラッシュを光らせることができます。 Neewer TT560スピードライトキット フラッシュキット 標準ホ ...

ReadMore

Photo & Camera α7rii

2022/5/22

α7RiiとSMC Takumar 55mm F1.8で撮り歩く宮島

先日はα7RiiとキヤノンFD135mmで世界遺産宮島へ行ってきましたが、今回はレンズをSMC Takumar 55mm F1.8に換えてまたまた宮島へ行ってきました。 このSMC Takumar 55mmは自分にとって非常に心地いい焦点距離だなあと改めて感じます。今思えばキヤノンのKiss X8iのキットレンズも望遠側しか使わなかったし、OM-D E-M5の12-40 F2.8も望遠ばっかりで撮ってます。標準から中望遠領域が私の好みなんでしょうね。 さて、宮島と言えば大鳥居がメジャーですが、今回のブログ ...

ReadMore

accessories Photo & Camera

2022/5/17

HAKUBAカメラストラップKST-65T38のレビュー。普通で良い。普通が良い。

先日購入したα7Rii。新しい相棒としてちょっとしたお出かけにももって出ています。 さすがにストラップ無しは持ち歩きに不安があるので、普通のカメラストラップを買いました。HAKUBAのカメラストラップ ルフトデザイン ツイルネックストラップ 38 一眼レフ用 KST-65T38です。名前が長いですが、買って良かったです。 HAKUBA カメラストラップ ルフトデザイン ツイルネックストラップ 38 一眼レフ用 KST-65T38 ハクバ Amazonで見てみる? 楽天市場で見てみる? Yahooショッピン ...

ReadMore

Photo & Camera α7rii

2022/5/22

SONY α7RiiとキヤノンFD135mmと世界遺産宮島の写真日記

どうもUdokkoです。私は世界遺産の宮島に割と近い所に住んでまして、気軽に世界遺産を楽しめる贅沢者でございます。 さて、α7RiiにオールドレンズのキヤノンFD135mmをつけて、散策に行って参りました。135mmの望遠になると圧縮効果が楽しくて、奥行き感のある場所を探してしまいます。また、望遠で単焦点なので、足を使って被写体との距離を探るのもまた良きです。単焦点の面白さは出てくる写真だけでなく、撮る行為にもありますね。 では、世界遺産宮島で撮ってきた写真をご紹介します。観光で行くような場所ではない、割 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。

-Photo & Camera, SONY ZV-E10
-,