Lightroom

【Lightroom】わざとビネット(周辺減光)で写真を雰囲気良く補正する方法

【Lightroom】わざとビネット(周辺減光)で写真を雰囲気良く補正する方法

ありがとうございます。Udokkoです。

私はビネット(周辺減光)が好き。基本的には写真の主題は真ん中あたりにあるので、四隅が暗くなると中心付近の主題が際立つため、それで雰囲気が良く感じられるのかなと思っています。

オールドレンズを開放で使うとビネットは多くなりやすいですが、現代の良いレンズを使うとビネットは少なくなりがちです。より正確性を求める写真においては、ビネットは本来レンズの良くない特性であるため、各社メーカーの努力によって周辺光量落ちが無くなったのでしょう。とはいえビネット好きにはむしろ周辺光量は落ちてなんぼですから困ったものです。

そこでLightroomの出番です。Liightroomにはビネットを調整することができるので、あえて後付けで周辺光量を落とすことができます。わざとビネットを作ることができるというわけです。逆に周辺光量を上げることもできるので、覚えておいて損のない補正だと思います。

今回はビネット(周辺減光)のやり方を画像付きで解説します。ご参考になれば幸いです。



【Lightroom】ビネット(周辺減光)で写真を雰囲気良く補正する方法

まず前提条件はこちらです。

・RAW現像ソフト:Adobe Lightroom Classic(PC版)
・Version:11.5
・OS:Windows10

今回はWindows版のLiightroomで解説しますが、Mac版でも基本的に同様の操作になると思います。



基本操作

Lightroomの「効果」の「切り抜き後の周辺光量補正」の数値を調整することで、ビネットを作ることができます。基本的には「適用量」を調整するだけでOKです。

Lightroomの「効果」の「切り抜き後の周辺光量補正」の数値を調整することで、ビネットを作ることができます。基本的には「適用量」を調整するだけでOKです。





試しに適用量を-50にしてみます。すると写真の四隅が暗くなったことが分かると思います。ビネットによって鹿さんに視線が集まりやすくなるため、これだけでも雰囲気が良くなったと思います。

試しに適用量を-50にしてみます。すると写真の四隅が暗くなったことが分かると思います。





逆に+50にしてみます。すると写真の四隅が明るくなりました。レンズの性能が足りず起きてしまったビネットは、この方法で無くすこともできます。

逆に+50にしてみます。すると写真の四隅が明るくなりました。






詳細設定

基本的には適用量を調整するだけで良いと思いますが、詳細な設定方法もあります。試しに丸みを+100にしてみます。すると楕円形だったビネットが正円になりました。

基本的には適用量を調整するだけで良いと思いますが、詳細な設定方法もあります。試しに丸みを+100にしてみます。すると楕円形だったビネットが正円になりました。






逆に丸みを-100にすると、ビネットが四角形になりました。これはやりすぎですね。

逆に丸みを-100にすると、ビネットが四角形になりました。これはやりすぎですね。






ぼかしを0にすると、窓をのぞいているような描写になります。

ぼかしを0にすると、窓をのぞいているような描写になります。






ぼかしを100にすると、周辺まで見えるようになりますが、写真の中心以外は暗くて見えなくなります。

ぼかしを100にすると、周辺まで見えるようになりますが、写真の中心以外は暗くて見えなくなります。





ハイライトを100にしてみました。ハイライトは周辺減光した部分の最も明るい箇所を明るくしてくれます。なんだか不思議な雰囲気になりますが、使いどころが難しいですね。






あとがき

Lightroomでビネットを作る方法は結構簡単です。個人的には詳細な設定はいじらず、適用量のみで調整した方が自然で良いかなと思います。

適用量0。これはこれで良きです。
適用量40。ビネットがあって好き。





ビネットは写真の雰囲気や印象を変えてくれる良い効果だと思っています。アーティスティックというと大げさかもしれませんが、それくらいの印象の違いをLightroomの周辺光量補正で簡単に作ることができます。まだ試したことが無い方は、ぜひ一度お試しください。

以上、Lightroomのビネット(周辺減光)で写真を雰囲気良く補正する方法でした。


関連記事
【Lightroom】回転して写真の角度を調整する方法

続きを見る

関連記事
【Lightroom】ハイライトで白飛びした写真を救う方法

続きを見る



新着記事

Photo & Camera

2022/12/1

GRⅢxのマクロとクロップを組み合わせて撮影倍率を調べてみた

ありがとうございます。Udokkoです。GRの魅力にハマっております。今回はマクロ撮影のお話です。 GRⅢxにはマクロ機能があるため、気軽にマクロ撮影ができます。 マクロボタンを押すだけでAFによる近接撮影が可能です。撮影距離範囲はレンズ先端から6~12cm(GR III)、12~24cm(GR IIIx)。接写による豊かなボケを生かした印象的な作品作りが手軽に楽しめます。● マクロモードと通常モードの切り替えは手動のみとなります。● フォーカスが[スナップ][∞]時も、マクロモードに入り、AFが作動しま ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/11/25

GRⅢxで子どもの撮影はできるのか試してみた

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxは小さくて写りが一眼並みに良いコンデジで、サッと持ち出してスナップするにはとても良いカメラだと思います。小さくて軽いカメラは荷物が多くなる子育て世代にはとてもありがたい物。GRで子どもの撮影ができたらなんと良いことでしょうか。というわけで、4歳の息子とお散歩に行ったときに、GRⅢxで子どもの写真を撮ってみました。GRⅢxのAF性能はどこまで子供の撮影に使えるのかを中心に、感想をシェアしたいと思います。ご参考になれば幸いです。結論から申し上げますと、子どもも ...

ReadMore

Diary

2022/11/24

世界は自分を中心に回っていない

ありがとうございます。Udokkoです。 世の中にはいろいろな人がいるもので、中には自分にとって良くない人もいるのが現実です。 そんな人たちの言葉に傷つき、狼狽してしまう方もいらっしゃるでしょう。 でも私はそういう場面があっても、あまり傷つきません。 なぜか。それは世界は自分を中心に回っていないことを知っているからです。 自分が中心でないのだから、自分に不都合なことはいくらでも起こりえるのです。 そして他人も同じ。世界は嫌なことを言ってくる他人を中心に回っているわけではありません。 この世界において、自分 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/11/23

RICOH GRⅢxレビュー。外観編。

ありがとうございます。Udokkoです。 先日GOOPASSでカメラを借りました。RICOHのGRⅢxです。GRと言えばスナップシューター。多くの方が「GRは良いよ~」と言うので気になってました。普段はSONYのα7RiiにSEL2470Zをつけて撮ってますが、コンパクトとはいえ1kg超えのそこそこ重量感あるカメラです。小さくて軽くて写りが良いコンデジを試したかったので、コンデジサイズでAPS-Cセンダーで手振れ補正もあるGRはまさにそんな需要にぴったりでした。 とはいえコンデジだし本当に良いカメラなんだ ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/11/21

カメラ・レンズのレンタルサービスGOOPASSを使ってみた感想

ありがとうございます。Udokkoです。 写真を撮るのが楽しくなると欲しくなるのがカメラやレンズ。写真を撮ると分かってきますが、意外とカメラは1台ですべてを満たしてくれないんですよね。フルサイズと標準ズームがあれば何でも撮れますが、大きくて重いので小さいカメラが欲しくなります。他にも写りが良い単焦点レンズが欲しくなったり、マクロレンズが欲しくなったり、望遠レンズが欲しくなったり。とはいえ、しがないサラリーマンにはなかなか買えるものではありません。 というわけで、今回初めてカメラ・レンズのレンタルサービスの ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-Lightroom
-, , ,