Lightroom

【Lightroom】わざとビネット(周辺減光)で写真を雰囲気良く補正する方法

【Lightroom】わざとビネット(周辺減光)で写真を雰囲気良く補正する方法

ありがとうございます。Udokkoです。

私はビネット(周辺減光)が好き。基本的には写真の主題は真ん中あたりにあるので、四隅が暗くなると中心付近の主題が際立つため、それで雰囲気が良く感じられるのかなと思っています。

オールドレンズを開放で使うとビネットは多くなりやすいですが、現代の良いレンズを使うとビネットは少なくなりがちです。より正確性を求める写真においては、ビネットは本来レンズの良くない特性であるため、各社メーカーの努力によって周辺光量落ちが無くなったのでしょう。とはいえビネット好きにはむしろ周辺光量は落ちてなんぼですから困ったものです。

そこでLightroomの出番です。Liightroomにはビネットを調整することができるので、あえて後付けで周辺光量を落とすことができます。わざとビネットを作ることができるというわけです。逆に周辺光量を上げることもできるので、覚えておいて損のない補正だと思います。

今回はビネット(周辺減光)のやり方を画像付きで解説します。ご参考になれば幸いです。



【Lightroom】ビネット(周辺減光)で写真を雰囲気良く補正する方法

まず前提条件はこちらです。

・RAW現像ソフト:Adobe Lightroom Classic(PC版)
・Version:11.5
・OS:Windows10

今回はWindows版のLiightroomで解説しますが、Mac版でも基本的に同様の操作になると思います。



基本操作

Lightroomの「効果」の「切り抜き後の周辺光量補正」の数値を調整することで、ビネットを作ることができます。基本的には「適用量」を調整するだけでOKです。

Lightroomの「効果」の「切り抜き後の周辺光量補正」の数値を調整することで、ビネットを作ることができます。基本的には「適用量」を調整するだけでOKです。





試しに適用量を-50にしてみます。すると写真の四隅が暗くなったことが分かると思います。ビネットによって鹿さんに視線が集まりやすくなるため、これだけでも雰囲気が良くなったと思います。

試しに適用量を-50にしてみます。すると写真の四隅が暗くなったことが分かると思います。





逆に+50にしてみます。すると写真の四隅が明るくなりました。レンズの性能が足りず起きてしまったビネットは、この方法で無くすこともできます。

逆に+50にしてみます。すると写真の四隅が明るくなりました。






詳細設定

基本的には適用量を調整するだけで良いと思いますが、詳細な設定方法もあります。試しに丸みを+100にしてみます。すると楕円形だったビネットが正円になりました。

基本的には適用量を調整するだけで良いと思いますが、詳細な設定方法もあります。試しに丸みを+100にしてみます。すると楕円形だったビネットが正円になりました。






逆に丸みを-100にすると、ビネットが四角形になりました。これはやりすぎですね。

逆に丸みを-100にすると、ビネットが四角形になりました。これはやりすぎですね。






ぼかしを0にすると、窓をのぞいているような描写になります。

ぼかしを0にすると、窓をのぞいているような描写になります。






ぼかしを100にすると、周辺まで見えるようになりますが、写真の中心以外は暗くて見えなくなります。

ぼかしを100にすると、周辺まで見えるようになりますが、写真の中心以外は暗くて見えなくなります。





ハイライトを100にしてみました。ハイライトは周辺減光した部分の最も明るい箇所を明るくしてくれます。なんだか不思議な雰囲気になりますが、使いどころが難しいですね。






あとがき

Lightroomでビネットを作る方法は結構簡単です。個人的には詳細な設定はいじらず、適用量のみで調整した方が自然で良いかなと思います。

適用量0。これはこれで良きです。
適用量40。ビネットがあって好き。





ビネットは写真の雰囲気や印象を変えてくれる良い効果だと思っています。アーティスティックというと大げさかもしれませんが、それくらいの印象の違いをLightroomの周辺光量補正で簡単に作ることができます。まだ試したことが無い方は、ぜひ一度お試しください。

以上、Lightroomのビネット(周辺減光)で写真を雰囲気良く補正する方法でした。


関連記事
【Lightroom】回転して写真の角度を調整する方法

続きを見る

関連記事
【Lightroom】ハイライトで白飛びした写真を救う方法

続きを見る



新着記事

Photo & Camera

2024/2/18

2024年に今更ながらFujifilm X-E3のレビュー

ありがとうございます。Udokkoです。2024年2月になり、今更ですがX-E3とXF35mmF1.4Rを使ってみました。X-E3は2017年に発売され、後継機のX-E4が2021年に発売されています。Fujifilmのカメラは人気がすごくて高騰していてなかなか手が伸びなかったのですが、GOOPASSさんでレンタル料が安くなっていたので借りてみました。X-E3は7年前の型落ちカメラですが、使ってみると写真機らしい感じが好印象です。今更X-E3をレビューする人は他にはいないでしょうから、ある意味最新のレビュ ...

ReadMore

Capture One Photo & Camera

2024/1/24

Capture Oneの言語設定方法

ありがとうございます。Udokkoです。今回はCapture Oneの日本語を英語に、または英語を日本語にする言語設定方法について紹介します。結論から言うと、「編集」「環境設定」「一般」「言語」で任意の言語を設定後、ソフトを再起動すればOKです。詳細は以下をご覧ください。 Capture Oneの言語設定方法 まずCapture Oneの「編集」の「環境設定」をクリックします。 次に一般タブを選択し、言語から任意の言語を選択します。この写真では英語を選択しています。 すると、再起動せよと注意がでますのでO ...

ReadMore

OLYMPUS / OM SYSTEM Photo & Camera

2024/1/7

オリンパス OM-D E-M5 Mark IIIのシャッター幕が閉じたままの対処法

オリンパスのOM-D E-M5 Mark IIIのシャッター幕が閉じたままで開かなくなるエラーが起きました。結論から言うと、カメラの底面を軽く叩くという昭和のブラウン管テレビ的なやり方で直りました。同じ症状の方のご参考までに、詳細について以下の通り備忘録として残しておきます。どなたかのご参考になれば幸いです。 OM-D E-M5 Mark IIIのシャッター幕のエラー状況 あるとき突然画面が真っ暗になりました。EVFも背面液晶も真っ暗。レンズのカバーは当然外しています。これはおかしいなと思い、とりあえず電 ...

ReadMore

OLYMPUS / OM SYSTEM Photo & Camera

2023/12/14

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8を購入。とても良いレンズだ。

ありがとうございます。Udokkoです。私にとってマイクロフォーサーズ(以下MFT)で2本目となる単焦点レンズを買いました。OM SYSTEM(旧オリンパス)のM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8です。所有しているOM-D E-M5 Mark IIIがシルバーなので、レンズもシルバーで合わせました。 OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 シルバー OM SYSTEM/オリンパス AmazonでCheck 楽天市場でCheck Yahooショッピング ...

ReadMore

iPhone

2023/12/3

iPhoneの動画をWindows11に転送するとエラーが出る時の対処方法

ありがとうございます。Udokkoです。 iPhone15Proに替えてから動画をよく撮るようになりました。子どもの発表会もiPhone15Proで動画を撮っています。その動画をWindows11のパソコンにデータを移そうとすると、なぜか途中で止まってしまうエラーが頻発してしまいました。何度やってもうまくいきませんでしたが、設定を変えるとうまくいきました。 結論から言うと、「設定」の「写真」の「MACまたはPCに転送」を「元のフォーマットのまま」にすればOKです。より詳しく知りたい方は以下をご参照ください ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

38歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策や、日常起きたことを備忘録的にブログにしています。このブログが誰かの助けや癒しになればありがたいです。

-Lightroom
-, , ,