Lightroom Photo & Camera

マイクロフォーサーズの強い味方だ。LightroomのAIノイズ除去。

マイクロフォーサーズの強い味方だ。LightroomのAIノイズ除去。



ありがとうございます。Udokkoです。

画質を求めてフルサイズを購入しましたが、結局機動性に勝るマイクロフォーサーズに回帰しています。マイクロフォーサーズは小型軽量で、カメラやレンズもお安いのでとても良いのですが、如何せんセンサーサイズが小さいために高感度でノイズが出やすいのは事実だと思います。

ところが最近Adobe LightroomのAIノイズ除去で、このノイズがきれいに取り除かれることを知りました。実際に使用してみたらとても自然に仕上がるので驚きました。今回はそんなマイクロフォーサーズの強い味方、LightroomのAIノイズ除去をご紹介したいと思います。


LightroomのAIノイズ除去:基本情報


まずはLightroomのAIノイズ除去の基本情報です。安心安全確実な公式HPより引用しています。

ノイズ除去は、Adobe LightroomとAdobe Camera Rawにおいて、「Rawディテール」、「スーパー解像度」に続く3番目の強化機能であり、これまでで最も革新的で高度な取り組みでもあります。この開発に際して、鮮明なエッジ、きれいなシャドウ、質感や小さな領域の色味の保持、アーチファクト(不均一な斑点など)の最小化など、自然な仕上がりを保つため、非常に具体的な品質目標を設定していました。目安として、2000万画素のフルフレームカメラを使ってISO 51200で撮影しても、きれいで仕事にもつかえる仕上がりを実現することを目指しました。これは高いハードルです!

https://blog.adobe.com/jp/publish/2023/04/19/cc-photo-denoise-demystified



Adobe BlogのAIノイズ除去ページはこちら。

https://blog.adobe.com/jp/publish/2023/04/19/cc-photo-denoise-demystified




簡潔に言えば、「ノイズ除去」ボタンをポチっとクリックするだけで、ノイズがきれいに除去できますよという内容ですね。正直この公式ブログの内容を見ていただければそのすごさが分かるんですが、「本当にそんなにきれいになるの?」と私のように疑り深い方のために、私の例も紹介したいと思います。




LightroomのAIノイズ除去:実例


それではLightroomのAIノイズ除去をかけてみます。カメラはマイクロフォーサーズのOMD E-M5 MarkⅢです。

まずこちらがノイズ除去前の状態です。ISO2000で撮っているので、バックのボケた箇所にノイズが多数あるのが分かると思います。

マイクロフォーサーズの強い味方だ。LightroomのAIノイズ除去。





続いてこちらがAIノイズ除去をかけたアフター画像です。


マイクロフォーサーズの強い味方だ。LightroomのAIノイズ除去。




どうでしょうか?特に背景のボケた箇所のノイズがきれいに除去されたのが分かると思います。さらに拡大してみてみましょう。左の写真がノイズ除去後、右が除去前です。


マイクロフォーサーズの強い味方だ。LightroomのAIノイズ除去。



ぽん氏の顔回りのノイズも除去され、イケメンニャンコがさらにイケメンになってますね。白いヒゲもすっきりと表現されていると思います。


LightroomのAIノイズ除去:設定



LightroomのAIノイズ除去はいたって簡単です。ノイズ除去ボタンをクリックすると、以下の画面がでます。


マイクロフォーサーズの強い味方だ。LightroomのAIノイズ除去。




ノイズ除去の適用量を適当に設定し、強化をクリックすればOKです。適用量は100にするほど強力になりますが、あまりやりすぎるとのっぺりしてくるので、私は60くらいがちょうど良いと思っています。適用量の効き具合はプレビューウィンドウに表示されている写真をクリックする、クリック前後でその効き具合が分かります。予想時間もありますが、結構正確な気がします。



LightroomのAIノイズ除去:PCスペック



LightroomのAIノイズ除去は強力ですが、その分PCのスペックも必要になります。私のPCはCPU:Core i3 8100、GPU:GTX1070 8GB、メモリ:16GBです。これで20MBのRAWデータ1枚を約30秒程度で処理できます。


Adobeの公式必要構成を見ると、Windows版の推奨はGPU(グラフィックカード)のメモリ(VRAM)は8GBとなっています。GTX1070は8GBなので、私のPC構成は推奨をぎりぎり満たしていることになります。


 最小推奨
プロセッサー64 ビットおよび SSE 4.2 をサポートしている Intel® または AMD プロセッサー(2 GHz 以上のプロセッサー)
オペレーティングシステムWindows 10(64 ビット版、バージョン 20H2 以降)
RAM8 GB 16 GB 以上
ハードディスク容量10 GB の空き容量のあるハードディスク(インストールおよび同期中に追加の空き容量が必要)
モニターの解像度1280 x 768 のディスプレイ1920 x 1080 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
グラフィックカードDirectX 12 をサポートしている GPU
2GB 以上の VRAM
DirectX 12 をサポートしている GPU
4K 以上の画面解像度をサポートするディスプレイの場合は 4 GB 以上の VRAMサポートされている GPU のプレビュー生成および書き出しを有効にするための 8 GB の VRAM
詳しくは、Lightroom GPU の FAQ を参照してください。
インターネット必要なソフトウェアのライセンス認証、サブスクリプションの検証およびオンラインサービスの利用には、インターネット接続および登録が必要です†
Windows版
https://helpx.adobe.com/jp/lightroom-cc/system-requirements.html




最新のNVIDIAのGPUだとRTX40シリーズですが、RTX4060でもVRAM 8GBあるのでRTX4060でもOKですね。値段は+3万円くらいになってしまいますが、RTX4060Tiには16GB版があるので、これもアリかもしれません。AI関係はGPUのVRAMを多く必要とするので、16GBの方が長く使えるかも。


GeForce RTX 4090GeForce RTX 4080GeForce RTX 4070 TiGeForce RTX 4070GeForce RTX 4060 TiGeForce RTX 4060
NVIDIA CUDA コア1638497287680588843523072
ブースト クロック (GHz)2.522.512.612.482.542.46
メモリ サイズ24 GB16 GB12 GB12 GB16 GB または 8 GB8 GB
メモリ タイプGDDR6XGDDR6XGDDR6XGDDR6XGDDR6GDDR6
RTX40シリーズ比較表
https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/graphics-cards/40-series/





Mac版も同様ですが、M1以降のMacだとメモリがユニファイドメモリなので、メモリは最低でも16GB、望ましくはそれ以上といった感じですね。


 最小推奨
プロセッサー64 ビットをサポートする Multicore Intel® プロセッサー
オペレーティングシステムmacOS Big Sur(バージョン 11.0)以降macOS Monterey(バージョン 12)
RAM8 GB 以上の RAM 16 GB 以上を推奨
ハードディスク容量10 GB の空き容量のあるハードディスク(インストールおよび同期中に追加の空き容量が必要)Lightroom は、大文字と小文字が区別されるファイルシステムやリムーバブルフラッシュストレージデバイスにはインストールされません
モニターの解像度1280 x 768 のディスプレイ1920 x 1080 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
グラフィックカードMetal をサポートしている GPU
2GB 以上の VRAM
Metal をサポートしている GPU
4K 以上の画面解像度をサポートするディスプレイの場合は 4 GB 以上の VRAMサポートされている GPU のプレビュー生成および書き出しを有効にするための 8 GB の VRAM
お使いのコンピューターが Metal をサポートしているかどうかを確認するには、Metal に対応している Mac コンピューターを参照してください。詳しくは、Lightroom GPU の FAQ を参照してください。
インターネット必要なソフトウェアのライセンス認証、サブスクリプションの検証およびオンラインサービスの利用には、インターネット接続および登録が必要です†
Mac版
https://helpx.adobe.com/jp/lightroom-cc/system-requirements.html




LightroomのAIノイズ除去:まとめ



さすがAdobeですね。それなりに高性能なPCが必要にはなりますが、非常に簡単にノイズが消せるのはとてもありがたいです。私のPCは5年以上前に組んだPCですが、それでもノイズ除去はできます。ノイズ除去にちょっと時間がかかるのが玉にキズではありますが、放っとけばいいだけなので全然OKです。


高感度ノイズが気になる方はぜひ一度Adobe LightroomのAIノイズ除去をお試しください。




関連記事
LightroomのAIノイズ除去で生成されるDNGファイルは重すぎる

続きを見る



新着記事

OLYMPUS / OM SYSTEM Photo & Camera

2024/4/19

OM SYSTEMが今熱い!?E-P7とE-M10 MarkⅣが注文受付一時停止

これはある意味良いニュースでは?と思いました。 ミラーレス一眼カメラ「PEN E-P7」および「OM-D E-M10 Mark IV」の一時受注停止に関するお詫びとお知らせ平素より OM デジタルソリューションズ製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。2024 年 3 月 15 日にご案内しております通り、ミラーレス一眼カメラ「PEN E-P7」および、「OM-D E-M10Mark IV」につきまして、計画を大幅に上回るご注文をいただいており、お届けまでお時間をいただく状況が続いております。お客 ...

ReadMore

OLYMPUS / OM SYSTEM Photo & Camera

2024/3/19

花を撮るのは心の休養

先日の続きです。 植物園は心癒される空間。特に写真を撮るのが好きならぜひ訪れたい場所の一つでしょう。なぜ人間は花を撮るのか?残念ながらその疑問に答えられるほど私は成熟しておりません。 さて、撮った写真をご覧いただきたく存じます。カメラはOLYMPUS OM-D E-M5 Mark III、レンズはM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8。いつものようにRAWで撮ってCapture Oneで現像です。 派手な花も、地味な花もとても素敵。そしてカメラのセンサーにダストがいっぱい。これはnotステキ。 ...

ReadMore

OLYMPUS / OM SYSTEM Photo & Camera

2024/3/17

真俯瞰で撮る植物写真

2024年3月。ようやく暖かくなってきたような、まだまだ寒いような天気。そんな日でも植物園は被写体にあふれています。写真を撮りたい私と、遊具で遊びたい子ども。そんな二人がwin-winの関係である植物園にお出かけしてきました。カメラはOLYMPUS OM-D E-M5 Mark III、レンズはM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8。いつものようにRAWで撮ってCapture Oneで現像です。 多肉植物を真俯瞰で撮影。お花や放射線状になっている植物は真俯瞰で撮るのがお気に入りです。 スイレン ...

ReadMore

Photo & Camera

2024/2/18

2024年に今更ながらFujifilm X-E3のレビュー

ありがとうございます。Udokkoです。2024年2月になり、今更ですがX-E3とXF35mmF1.4Rを使ってみました。X-E3は2017年に発売され、後継機のX-E4が2021年に発売されています。Fujifilmのカメラは人気がすごくて高騰していてなかなか手が伸びなかったのですが、GOOPASSさんでレンタル料が安くなっていたので借りてみました。X-E3は7年前の型落ちカメラですが、使ってみると写真機らしい感じが好印象です。今更X-E3をレビューする人は他にはいないでしょうから、ある意味最新のレビュ ...

ReadMore

Capture One Photo & Camera

2024/1/24

Capture Oneの言語設定方法

ありがとうございます。Udokkoです。今回はCapture Oneの日本語を英語に、または英語を日本語にする言語設定方法について紹介します。結論から言うと、「編集」「環境設定」「一般」「言語」で任意の言語を設定後、ソフトを再起動すればOKです。詳細は以下をご覧ください。 Capture Oneの言語設定方法 まずCapture Oneの「編集」の「環境設定」をクリックします。 次に一般タブを選択し、言語から任意の言語を選択します。この写真では英語を選択しています。 すると、再起動せよと注意がでますのでO ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

38歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策や、日常起きたことを備忘録的にブログにしています。このブログが誰かの助けや癒しになればありがたいです。

-Lightroom, Photo & Camera
-, , ,