AviUtlに必須!L-SMASH Worksを分かりやすく説明します。

無料動画編集ソフトAviUtlに必須のプラグイン「L-SMASH Works」について簡単に説明します。

L-SMASH Worksとは【AviUtlの神プラグイン】

L-SMASH Worksは神プラグイン


一言で言えば「AviUtlの神プラグイン」です。

AviUtlの初期状態では、AVI、WAVの限られた動画形式しか読み込めません。

(AviUtlは無料で高性能ですが、初期状態ではあまり使えません・・・)

2020年時点で、スマホで撮影した動画形式はandroidでmp4、iphoneでmovとなっています。(機種やアプリによって異なる場合があります。)

よって、スマホで撮った動画は残念ながら初期状態のAviUtlでは読み込めないのです。

しかしL-SMASH Worksを導入することで、mp4やmovなどの動画形式も読み込めるようになります。

つまりスマホで撮った動画をAviUtlで編集する場合は、L-SMASH Worksは必須です。

価格

L-SMASH Worksは無料

価格は無料です。

作者に感謝!

最新バージョン/2020年2月時点

L-SMASH Worksの最新バージョンはL-SMASH Works r940 release1

2020年2月時点での最新版はL-SMASH Works r940 release1です。

リンク先でダウンロード可能です。

AviUtlへの導入方法

L-SMASH WorksをAviUtlに導入する方法


AviUtlへ導入する方法は↓のリンク先をご参照ください。

まとめ

L-SMASH WorksはAviUtlの必須プラグインです。

これがなければそもそもAviUtlで動画を読み込めません。

L-SMASH WorksもAviUtlも作者様のご厚意で無料です。

どちらも神ソフトで、作者様もまた神ですね!

この記事は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

TwitterやInstagramでは毎日のようにウサギとネコの日常をつぶやいていますので、ぜひフォローしてください!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ

動画編集:人気記事一覧

AviUtlで黒帯(黒枠)をつける方法【exo配布有り】
AviUtlで空白を詰める方法
【AviUtlの使い方】テキストに2回以上縁取りする方法【二重縁取り】
AviUtlでスマホで撮った縦動画を横動画にしたときの黒帯(余白)を自然に消す編集方法
AviUtl動画編集の紹介 VHS風エフェクトのやり方

コメント

タイトルとURLをコピーしました