AviUtl中級編:シーンチェンジ(トランジション)の使い方と全32種類を紹介

【AviUtl:中級編】シーンチェンジ(トランジション)の使い方と全32種類を紹介

どうもUdokkoです。

AviUtlにはシーンチェンジ(Adobe Premiere Proなど他の動画編集ソフトではトランジションと呼ばれています)機能があります。

場面を切り替える時に、パッと画面が変わるだけでは味気ない場合がありますが、このシーンチェンジ機能を使えばお洒落に場面切り替えができます。

全部で32種類のシーンチェンジが用意されているので、ぜひお気に入りを見つけてみてください。

Youtubeで簡単なシーンチェンジの使い方と全32種類を紹介していますので、そちらも併せてご参考にしてください。

画像で解説:シーンチェンジの使い方

AviUtlでシーンチェンジ(トランジション)を使う方法は簡単です。 ①:タイムライン上で右クリック ②:フィルタオブジェクトの追加 ③:シーンチェンジを選択 これでシーンチェンジ(緑色のオブジェクト)が出てきます。

AviUtlでシーンチェンジ(トランジション)を使う方法は簡単です。
①:タイムライン上で右クリック
②:フィルタオブジェクトの追加
③:シーンチェンジを選択
これでシーンチェンジ(緑色のオブジェクト)が出てきます。


シーンチェンジの種類は選択タブから選ぶことができます。 全部で32種類ありますが、有志の方のスクリプトを導入することで、さらに種類を増やすことも可能です。

シーンチェンジの種類は選択タブから選ぶことができます。
全部で32種類ありますが、有志の方のスクリプトを導入することで、さらに種類を増やすことも可能です。
シーンチェンジによってはパラメータを変更できるものがあるので、いろいろと試してみてください。


Youtubeで解説:シーンチェンジの使い方と全32種類

【AviUtl】シーンチェンジ(トランジション)全32種類を一気に紹介
0:25~クロスフェード、ワイプ(円)、ワイプ(四角)、ワイプ(時計)
0:33~スライス、スワップ、スライド、縮小回転
0:40~押し出し(横)、押し出し(縦)、回転(横)、回転(縦)
0:47~キューブ回転(横)、キューブ回転(縦)、フェードアウトイン、放射ブラー
0:55~ぼかし、ワイプ(横)、ワイプ(縦)、ロール(横)
1:02~ロール(縦)、ランダムライン、発行、レンズブラー
1:10~ドア、起き上がる、リール回転、図形ワイプ
1:18~図形で隠す、図形で隠す(放射)、砕け散る、ページめくり

さいごに

AviUtlのシーンチェンジ、いかがでしたでしょうか?

シーンチェンジが動画にキレイにはまると、それだけで動画全体の完成度が上がります。

ぜひお気に入りのシーンチェンジを見つけてください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

TwitterやInstagramでは毎日のようにウサギとネコの日常をつぶやいていますので、ぜひフォローしてください!


コメント

タイトルとURLをコピーしました