Photo & Camera

【オールドレンズ】SONY ZV-E10にSMC Takumar 55mm F1.8で撮影してみた【作例有り】

【オールドレンズ】SONY ZV-E10にSMC Takumar 55mm F1.8で撮影してみた【作例有り】

ミラーレスカメラが世に出てきたおかげで脚光を浴びるようになったオールドレンズ。明確な定義は無いようですが、オールドレンズは20年以上前のマニュアルフォーカスレンズのことを指すようです。古いが故に逆光耐性が低くフレアが出たり、レンズに付いたカビや傷によってにじんだような描写になることもあります。一方で、それが優しい雰囲気に見えてSNSなどで人気になっているのがオールドレンズです。

今回はそんなオールドレンズの入門レンズと言われるSMS Takumar 55mm F1.8 M42マウントを購入しましたのでご紹介いたします。取り付けるカメラはSONYのVLOGCAM ZV-E10です。2021年に発売された新しいカメラと、1970年頃発売された古いレンズの魔合体です。これからオールドレンズはじめてみようかなと思っている方のご参考になるように、レンズの取り付け方、カメラの設定方法、作例も併せて載せていますので、ぜひ最後までご覧ください。

ちなみにですが、オールドレンズを買ってみた一番の理由は「レンズが安い」からです。カメラのレンズって高いですよね・・・。明るいレンズ(F値が低い)が欲しいと思って検索すると、レンズ単体で安くても3万円くらいします。まあ、カメラのレンズの世界で3万円代なら安い方なんですが、もうすぐ幼稚園入園を控える子どもがいる身としては、万単位のお金は躊躇してしまうのです。でも、せっかくレンズ交換式のカメラを持っているのだから換えてみたい!F値の低いレンズでボケた写真を撮ってみたい!と思うわけです。

そこで目をつけたのがオールドレンズ。安いし、写りもエモい感じになるということでこれはもう買うしかないなとおもったわけです。今回購入したSMC Takumar 55mm F1.8はメルカリで3600円でしたので、とりあえず買って試してダメなら売ってしまおうと思ってポチりました。

結果的に買って正解でした!このページをここまで読んでいるあなたは、今まさにオールドレンズに興味を持っていることでしょう。安いのでOKです。ぜひ買って試してみてください笑。


SMC Takumar 55mm F1.8の外観

まずは購入したSMC Takumar 55mm F1.8の外観です。55mm単焦点のため、小型軽量でシンプルなデザインです。カメラのレンズらしい良い見た目をしていると思います。

SMC Takumar 55mm F1.8の外観です。55mm単焦点のため、小型軽量でシンプルなデザインです。カメラのレンズらしい良い見た目をしていると思います。
年代物ですが見た目はキレイ。
SMC Takumar 55mm F1.8の外観です。55mm単焦点のため、小型軽量でシンプルなデザインです。カメラのレンズらしい良い見た目をしていると思います。
カビが生えてたので分解清掃しました。
SMC Takumar 55mm F1.8の外観です。55mm単焦点のため、小型軽量でシンプルなデザインです。カメラのレンズらしい良い見た目をしていると思います。
レンズのマウントはM42です。





オールドレンズをカメラに取り付ける方法

さて、オールドレンズはそのままではカメラに着きません。メーカーによってカメラとレンズをくっつけるマウントの構造が違うからです。私のZV-E10はSONYのEマウント、SMC Takumar 55mm F1.8はM42マウントです。よって、異なるマウントのカメラとレンズを取り付けるためのマウントアダプターを買う必要があります。

今回購入したのはK&F ConceptのM42-NEXマウントアダプターです。カメラとオールドレンズと対応するマウントアダプターの3つがあれば、機材の準備は完了です。余談ですが、K&F Conceptの三脚も買って持っていますが、しっかりした作りです。このマウントアダプターも作りが良いのでオススメです。

オールドレンズはそのままではカメラに着きません。メーカーによってカメラとレンズをくっつけるマウントの構造が違うからです。私のZV-E10はSONYのEマウント、SMC Takumar 55mm F1.8はM42マウントです。よって、異なるマウントのカメラとレンズを取り付けるためのマウントアダプターを買う必要があります。今回購入したのはK&F ConceptのM42-NEXマウントアダプターです。カメラとオールドレンズと対応するマウントアダプターの3つがあれば、機材の準備は完了です。
NEXとありますが、これがEマウントの意味です。





カメラの設定

オールドレンズを取り付けたら、カメラ側の設定が必要になります。必須の項目が一つと、お好みで設定する項目が2つあります。

必須の項目

最近のカメラはレンズの情報を伝えるために電子的な接点があり、そこから情報を相互に伝達しています。一方で、オールドレンズはそのような機構を持っていないため、カメラがデフォルトの設定だと、「あれ?レンズの情報が無い!どうなってるんだ!?」とパニックを起こして使えません。

そこで、レンズなしレリーズを許可に設定する必要があります。最低限これは設定しないと撮影できませんのでご注意ください。

レンズなしレリーズを許可に設定する必要があります。最低限これは設定しないと撮影できませんのでご注意ください。
レンズなしレリーズを許可しないとオールドレンズは撮れません。




お好みで設定する項目

オールドレンズを付けた場合の撮影モードは個人的にはシャッタースピード優先がオススメです。絞りはレンズで調整するので、カメラ側ではシャッタースピードのみを変えられます。

オールドレンズを付けた場合の撮影モードは個人的にはシャッタースピード優先がオススメです。絞りはレンズで調整するので、カメラ側ではシャッタースピードのみを変えられます。
シャッタースピードだけコントロールすればOK。





オールドレンズを付けた場合のピーキング設定は、ピントが合っている所を表示してくれる機能です。私はピーキング設定有りの方がマニュアルフォーカスでもピントが合わせやすかったです。

オールドレンズを付けた場合のピーキング設定は、ピントが合っている所を表示してくれる機能です。私はピーキング設定有りの方がマニュアルフォーカスでもピントが合わせやすかったです。
ピーキングレベルは高が見やすいです。
オールドレンズを付けた場合のピーキング設定は、ピントが合っている所を表示してくれる機能です。私はピーキング設定有りの方がマニュアルフォーカスでもピントが合わせやすかったです。
ピントがどこにもあっていない状態。
オールドレンズを付けた場合のピーキング設定は、ピントが合っている所を表示してくれる機能です。私はピーキング設定有りの方がマニュアルフォーカスでもピントが合わせやすかったです。
ピントが合ったところが赤く表示されます。




SONY ZV-E10にオールドレンズのSMC Takumar 55mm F1.8を着けてみた

ZV-E10にSMC Takumar 55mm F1.8を取り付けてみました。意外とカッコいい。見た目的に全然アリだなと思います。

ZV-E10にオールドレンズのSMC Takumar 55mm F1.8を取り付けてみました。意外とカッコいい。見た目的に全然アリだなと思います。
50年近い差がある組み合わせ。
ZV-E10にオールドレンズのSMC Takumar 55mm F1.8を取り付けてみました。意外とカッコいい。見た目的に全然アリだなと思います。
オールドレンズはロマン。






作例は次のページにあります。

次のページへ >

新着記事

Photo & Camera

2023/1/6

標準ズームレンズを着けたフルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ

ありがとうございます。Udokkoです。 私の愛機はSONYのα7Riiで、レンズは小三元レンズのSEL2470Zです。カメラをカバンに入れて持ち運ぶときに、そのまま入れてしまうとダメージがありそうなのが気になりますよね。今回はその対策としてラッピングクロスを購入してみました。カメラのラッピングクロスを購入しようとしている方は、サイズ感が気になると思いますので、そのご参考にしていただければ幸いです。 フルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ 結論は題名に書いてある通りなんですが、フルサイ ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/4

GRⅢxのRAWデータは情報量が豊富

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxはコンパクトなカメラながら、APS-Cセンサーを搭載しています。よって、そのデータの情報量はコンデジとは思えない物です。今回はRAWで撮ったデータをLightroomに取り込んで、シャドウやハイライトをいじってみました。GRⅢxのデータにどれだけの情報量が詰め込まれているのか、感覚的に掴んでみたいと思います。 室内で撮った写真のRAW現像 まずはこちらの写真。これは何もいじっていないスタンダードな状態です。部屋の床に落ちていた猫じゃらし。左上は黒潰れ、右上 ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/3

RX100M6の外観レビュー。滑るのが気になる。

ありがとうございます。Udokkoです。 GoopassさんでSONYのコンデジのRX100M6をお借りしました。GRⅢxでコンデジの魅力に気づいたので、借りてみたわけです。GRⅢxは単焦点、RX100M6は24−200mmの超便利なズームレンズという違いがあります。レンズの構成を見るとある意味対極に位置するような2つのカメラです。また、GRⅢxのズームができない、AFや動画性能が劣るという点をRX100M6は克服してくれています。とても面白そうなコンデジ。試さずにはいられませんね。というわけで今回はRX ...

ReadMore

Game

2023/1/2

COD DMZのコントローラーの上下反転の設定方法

ありがとうございます。Udokkoです。 COD Warzoneに新たに追加されたDMZの、コントローラーの上下反転の設定方法です。PS5版ですが、おそらくPS4でも同様だと思います。意外と分かりにくかったので、備忘録として残しておきます。 歯車マーク → コントローラー → エイム → 垂直エイム軸 → 通常を反転に変更 以上が手順になります。画像も載せておきますので、反転民の方はご参考くださいませ。 この記事は以上です。

ReadMore

Photo & Camera

2022/12/28

GRⅢxのイメージコントロールを猫で比較してみた

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxには10種類のイメージコントロールがあります。 https://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr-3/feature/03.html Fujifilmで言えばフィルムシミュレーション、SONYだとクリエイティブコントロールになりますね。各社色々言い方がありますが、要はカメラメーカーが用意してくれている画作りのことです。特にRICOHのGRⅢxはモノクロはもちろんですが、ポジフィルム調やブリーチバイパスなどが ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-Photo & Camera
-, ,