Photo & Camera SONY ZV-E10

【オールドレンズ】SONY ZV-E10にSMC Takumar 55mm F1.8で撮影してみた【作例有り】

2022年4月3日

【オールドレンズ】SONY ZV-E10にSMC Takumar 55mm F1.8で撮影してみた【作例有り】

ミラーレスカメラが世に出てきたおかげで脚光を浴びるようになったオールドレンズ。明確な定義は無いようですが、オールドレンズは20年以上前のマニュアルフォーカスレンズのことを指すようです。古いが故に逆光耐性が低くフレアが出たり、レンズに付いたカビや傷によってにじんだような描写になることもあります。一方で、それが優しい雰囲気に見えてSNSなどで人気になっているのがオールドレンズです。

今回はそんなオールドレンズの入門レンズと言われるSMS Takumar 55mm F1.8 M42マウントを購入しましたのでご紹介いたします。取り付けるカメラはSONYのVLOGCAM ZV-E10です。2021年に発売された新しいカメラと、1970年頃発売された古いレンズの魔合体です。これからオールドレンズはじめてみようかなと思っている方のご参考になるように、レンズの取り付け方、カメラの設定方法、作例も併せて載せていますので、ぜひ最後までご覧ください。

ちなみにですが、オールドレンズを買ってみた一番の理由は「レンズが安い」からです。カメラのレンズって高いですよね・・・。明るいレンズ(F値が低い)が欲しいと思って検索すると、レンズ単体で安くても3万円くらいします。まあ、カメラのレンズの世界で3万円代なら安い方なんですが、もうすぐ幼稚園入園を控える子どもがいる身としては、万単位のお金は躊躇してしまうのです。でも、せっかくレンズ交換式のカメラを持っているのだから換えてみたい!F値の低いレンズでボケた写真を撮ってみたい!と思うわけです。

そこで目をつけたのがオールドレンズ。安いし、写りもエモい感じになるということでこれはもう買うしかないなとおもったわけです。今回購入したSMC Takumar 55mm F1.8はメルカリで3600円でしたので、とりあえず買って試してダメなら売ってしまおうと思ってポチりました。

結果的に買って正解でした!このページをここまで読んでいるあなたは、今まさにオールドレンズに興味を持っていることでしょう。安いのでOKです。ぜひ買って試してみてください笑。


SMC Takumar 55mm F1.8の外観

まずは購入したSMC Takumar 55mm F1.8の外観です。55mm単焦点のため、小型軽量でシンプルなデザインです。カメラのレンズらしい良い見た目をしていると思います。

SMC Takumar 55mm F1.8の外観です。55mm単焦点のため、小型軽量でシンプルなデザインです。カメラのレンズらしい良い見た目をしていると思います。
年代物ですが見た目はキレイ。
SMC Takumar 55mm F1.8の外観です。55mm単焦点のため、小型軽量でシンプルなデザインです。カメラのレンズらしい良い見た目をしていると思います。
カビが生えてたので分解清掃しました。
SMC Takumar 55mm F1.8の外観です。55mm単焦点のため、小型軽量でシンプルなデザインです。カメラのレンズらしい良い見た目をしていると思います。
レンズのマウントはM42です。





オールドレンズをカメラに取り付ける方法

さて、オールドレンズはそのままではカメラに着きません。メーカーによってカメラとレンズをくっつけるマウントの構造が違うからです。私のZV-E10はSONYのEマウント、SMC Takumar 55mm F1.8はM42マウントです。よって、異なるマウントのカメラとレンズを取り付けるためのマウントアダプターを買う必要があります。

今回購入したのはK&F ConceptのM42-NEXマウントアダプターです。カメラとオールドレンズと対応するマウントアダプターの3つがあれば、機材の準備は完了です。余談ですが、K&F Conceptの三脚も買って持っていますが、しっかりした作りです。このマウントアダプターも作りが良いのでオススメです。

オールドレンズはそのままではカメラに着きません。メーカーによってカメラとレンズをくっつけるマウントの構造が違うからです。私のZV-E10はSONYのEマウント、SMC Takumar 55mm F1.8はM42マウントです。よって、異なるマウントのカメラとレンズを取り付けるためのマウントアダプターを買う必要があります。今回購入したのはK&F ConceptのM42-NEXマウントアダプターです。カメラとオールドレンズと対応するマウントアダプターの3つがあれば、機材の準備は完了です。
NEXとありますが、これがEマウントの意味です。





カメラの設定

オールドレンズを取り付けたら、カメラ側の設定が必要になります。必須の項目が一つと、お好みで設定する項目が2つあります。

必須の項目

最近のカメラはレンズの情報を伝えるために電子的な接点があり、そこから情報を相互に伝達しています。一方で、オールドレンズはそのような機構を持っていないため、カメラがデフォルトの設定だと、「あれ?レンズの情報が無い!どうなってるんだ!?」とパニックを起こして使えません。

そこで、レンズなしレリーズを許可に設定する必要があります。最低限これは設定しないと撮影できませんのでご注意ください。

レンズなしレリーズを許可に設定する必要があります。最低限これは設定しないと撮影できませんのでご注意ください。
レンズなしレリーズを許可しないとオールドレンズは撮れません。




お好みで設定する項目

オールドレンズを付けた場合の撮影モードは個人的にはシャッタースピード優先がオススメです。絞りはレンズで調整するので、カメラ側ではシャッタースピードのみを変えられます。

オールドレンズを付けた場合の撮影モードは個人的にはシャッタースピード優先がオススメです。絞りはレンズで調整するので、カメラ側ではシャッタースピードのみを変えられます。
シャッタースピードだけコントロールすればOK。





オールドレンズを付けた場合のピーキング設定は、ピントが合っている所を表示してくれる機能です。私はピーキング設定有りの方がマニュアルフォーカスでもピントが合わせやすかったです。

オールドレンズを付けた場合のピーキング設定は、ピントが合っている所を表示してくれる機能です。私はピーキング設定有りの方がマニュアルフォーカスでもピントが合わせやすかったです。
ピーキングレベルは高が見やすいです。
オールドレンズを付けた場合のピーキング設定は、ピントが合っている所を表示してくれる機能です。私はピーキング設定有りの方がマニュアルフォーカスでもピントが合わせやすかったです。
ピントがどこにもあっていない状態。
オールドレンズを付けた場合のピーキング設定は、ピントが合っている所を表示してくれる機能です。私はピーキング設定有りの方がマニュアルフォーカスでもピントが合わせやすかったです。
ピントが合ったところが赤く表示されます。




SONY ZV-E10にオールドレンズのSMC Takumar 55mm F1.8を着けてみた

ZV-E10にSMC Takumar 55mm F1.8を取り付けてみました。意外とカッコいい。見た目的に全然アリだなと思います。

ZV-E10にオールドレンズのSMC Takumar 55mm F1.8を取り付けてみました。意外とカッコいい。見た目的に全然アリだなと思います。
50年近い差がある組み合わせ。
ZV-E10にオールドレンズのSMC Takumar 55mm F1.8を取り付けてみました。意外とカッコいい。見た目的に全然アリだなと思います。
オールドレンズはロマン。






作例は次のページにあります。

次のページへ >

新着記事

Photo & Camera α7rii

2022/5/22

オールドレンズを使うと何気ない日常が絵になる不思議

相変わらずα7RiiにTakumar 55mm F1.8をつけて宮島の写真を撮っています。 オールドレンズを使うとなぜか分かりませんが、何気ない日常が絵になります。不思議な体験でとても面白く、これがオールドレンズの魅力なんでしょうね。 理屈で言えば、たぶん自分の幼いころの写真に似ているから、ノスタルジーな気分になるんだと思います。30年くらい前が自分の子ども時代で、そのころの写真はその時代か、さらにその前のレンズを使って撮っていると思います。昔自分が撮られていたであろうレンズで今を切り抜く所が面白さの理屈 ...

ReadMore

Photo & Camera α7rii

2022/5/22

NEEWER TT560とSMC Takumar 55mmでお花を撮る

私はサラリーマンなので、平日は朝から晩までお仕事です。よって平日は写真を撮る機会があまりありません。 でもせっかくフルサイズのカメラを買ったわけですし、もっとうまく撮れるようになりたいと思うわけです。そこで夜中でも写真を撮れるように、ストロボ買いました。NEEWERというメーカーのTT560です。併せてNEEWERのワイヤレストリガーも買いました。これでカメラ本体から離れた位置にストロボを置いても、フラッシュを光らせることができます。 Neewer TT560スピードライトキット フラッシュキット 標準ホ ...

ReadMore

Photo & Camera α7rii

2022/5/22

α7RiiとSMC Takumar 55mm F1.8で撮り歩く宮島

先日はα7RiiとキヤノンFD135mmで世界遺産宮島へ行ってきましたが、今回はレンズをSMC Takumar 55mm F1.8に換えてまたまた宮島へ行ってきました。 このSMC Takumar 55mmは自分にとって非常に心地いい焦点距離だなあと改めて感じます。今思えばキヤノンのKiss X8iのキットレンズも望遠側しか使わなかったし、OM-D E-M5の12-40 F2.8も望遠ばっかりで撮ってます。標準から中望遠領域が私の好みなんでしょうね。 さて、宮島と言えば大鳥居がメジャーですが、今回のブログ ...

ReadMore

accessories Photo & Camera

2022/5/17

HAKUBAカメラストラップKST-65T38のレビュー。普通で良い。普通が良い。

先日購入したα7Rii。新しい相棒としてちょっとしたお出かけにももって出ています。 さすがにストラップ無しは持ち歩きに不安があるので、普通のカメラストラップを買いました。HAKUBAのカメラストラップ ルフトデザイン ツイルネックストラップ 38 一眼レフ用 KST-65T38です。名前が長いですが、買って良かったです。 HAKUBA カメラストラップ ルフトデザイン ツイルネックストラップ 38 一眼レフ用 KST-65T38 ハクバ Amazonで見てみる? 楽天市場で見てみる? Yahooショッピン ...

ReadMore

Photo & Camera α7rii

2022/5/22

SONY α7RiiとキヤノンFD135mmと世界遺産宮島の写真日記

どうもUdokkoです。私は世界遺産の宮島に割と近い所に住んでまして、気軽に世界遺産を楽しめる贅沢者でございます。 さて、α7RiiにオールドレンズのキヤノンFD135mmをつけて、散策に行って参りました。135mmの望遠になると圧縮効果が楽しくて、奥行き感のある場所を探してしまいます。また、望遠で単焦点なので、足を使って被写体との距離を探るのもまた良きです。単焦点の面白さは出てくる写真だけでなく、撮る行為にもありますね。 では、世界遺産宮島で撮ってきた写真をご紹介します。観光で行くような場所ではない、割 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。

-Photo & Camera, SONY ZV-E10
-, ,