Photo & Camera

【オールドレンズ】SONY ZV-E10にSMC Takumar 55mm F1.8で撮影してみた【作例有り】

【オールドレンズ】SONY ZV-E10にSMC Takumar 55mm F1.8で撮影してみた【作例有り】

ミラーレスカメラが世に出てきたおかげで脚光を浴びるようになったオールドレンズ。明確な定義は無いようですが、オールドレンズは20年以上前のマニュアルフォーカスレンズのことを指すようです。古いが故に逆光耐性が低くフレアが出たり、レンズに付いたカビや傷によってにじんだような描写になることもあります。一方で、それが優しい雰囲気に見えてSNSなどで人気になっているのがオールドレンズです。

今回はそんなオールドレンズの入門レンズと言われるSMS Takumar 55mm F1.8 M42マウントを購入しましたのでご紹介いたします。取り付けるカメラはSONYのVLOGCAM ZV-E10です。2021年に発売された新しいカメラと、1970年頃発売された古いレンズの魔合体です。これからオールドレンズはじめてみようかなと思っている方のご参考になるように、レンズの取り付け方、カメラの設定方法、作例も併せて載せていますので、ぜひ最後までご覧ください。

ちなみにですが、オールドレンズを買ってみた一番の理由は「レンズが安い」からです。カメラのレンズって高いですよね・・・。明るいレンズ(F値が低い)が欲しいと思って検索すると、レンズ単体で安くても3万円くらいします。まあ、カメラのレンズの世界で3万円代なら安い方なんですが、もうすぐ幼稚園入園を控える子どもがいる身としては、万単位のお金は躊躇してしまうのです。でも、せっかくレンズ交換式のカメラを持っているのだから換えてみたい!F値の低いレンズでボケた写真を撮ってみたい!と思うわけです。

そこで目をつけたのがオールドレンズ。安いし、写りもエモい感じになるということでこれはもう買うしかないなとおもったわけです。今回購入したSMC Takumar 55mm F1.8はメルカリで3600円でしたので、とりあえず買って試してダメなら売ってしまおうと思ってポチりました。

結果的に買って正解でした!このページをここまで読んでいるあなたは、今まさにオールドレンズに興味を持っていることでしょう。安いのでOKです。ぜひ買って試してみてください笑。


SMC Takumar 55mm F1.8の外観

まずは購入したSMC Takumar 55mm F1.8の外観です。55mm単焦点のため、小型軽量でシンプルなデザインです。カメラのレンズらしい良い見た目をしていると思います。

SMC Takumar 55mm F1.8の外観です。55mm単焦点のため、小型軽量でシンプルなデザインです。カメラのレンズらしい良い見た目をしていると思います。
年代物ですが見た目はキレイ。
SMC Takumar 55mm F1.8の外観です。55mm単焦点のため、小型軽量でシンプルなデザインです。カメラのレンズらしい良い見た目をしていると思います。
カビが生えてたので分解清掃しました。
SMC Takumar 55mm F1.8の外観です。55mm単焦点のため、小型軽量でシンプルなデザインです。カメラのレンズらしい良い見た目をしていると思います。
レンズのマウントはM42です。





オールドレンズをカメラに取り付ける方法

さて、オールドレンズはそのままではカメラに着きません。メーカーによってカメラとレンズをくっつけるマウントの構造が違うからです。私のZV-E10はSONYのEマウント、SMC Takumar 55mm F1.8はM42マウントです。よって、異なるマウントのカメラとレンズを取り付けるためのマウントアダプターを買う必要があります。

今回購入したのはK&F ConceptのM42-NEXマウントアダプターです。カメラとオールドレンズと対応するマウントアダプターの3つがあれば、機材の準備は完了です。余談ですが、K&F Conceptの三脚も買って持っていますが、しっかりした作りです。このマウントアダプターも作りが良いのでオススメです。

オールドレンズはそのままではカメラに着きません。メーカーによってカメラとレンズをくっつけるマウントの構造が違うからです。私のZV-E10はSONYのEマウント、SMC Takumar 55mm F1.8はM42マウントです。よって、異なるマウントのカメラとレンズを取り付けるためのマウントアダプターを買う必要があります。今回購入したのはK&F ConceptのM42-NEXマウントアダプターです。カメラとオールドレンズと対応するマウントアダプターの3つがあれば、機材の準備は完了です。
NEXとありますが、これがEマウントの意味です。





カメラの設定

オールドレンズを取り付けたら、カメラ側の設定が必要になります。必須の項目が一つと、お好みで設定する項目が2つあります。

必須の項目

最近のカメラはレンズの情報を伝えるために電子的な接点があり、そこから情報を相互に伝達しています。一方で、オールドレンズはそのような機構を持っていないため、カメラがデフォルトの設定だと、「あれ?レンズの情報が無い!どうなってるんだ!?」とパニックを起こして使えません。

そこで、レンズなしレリーズを許可に設定する必要があります。最低限これは設定しないと撮影できませんのでご注意ください。

レンズなしレリーズを許可に設定する必要があります。最低限これは設定しないと撮影できませんのでご注意ください。
レンズなしレリーズを許可しないとオールドレンズは撮れません。




お好みで設定する項目

オールドレンズを付けた場合の撮影モードは個人的にはシャッタースピード優先がオススメです。絞りはレンズで調整するので、カメラ側ではシャッタースピードのみを変えられます。

オールドレンズを付けた場合の撮影モードは個人的にはシャッタースピード優先がオススメです。絞りはレンズで調整するので、カメラ側ではシャッタースピードのみを変えられます。
シャッタースピードだけコントロールすればOK。





オールドレンズを付けた場合のピーキング設定は、ピントが合っている所を表示してくれる機能です。私はピーキング設定有りの方がマニュアルフォーカスでもピントが合わせやすかったです。

オールドレンズを付けた場合のピーキング設定は、ピントが合っている所を表示してくれる機能です。私はピーキング設定有りの方がマニュアルフォーカスでもピントが合わせやすかったです。
ピーキングレベルは高が見やすいです。
オールドレンズを付けた場合のピーキング設定は、ピントが合っている所を表示してくれる機能です。私はピーキング設定有りの方がマニュアルフォーカスでもピントが合わせやすかったです。
ピントがどこにもあっていない状態。
オールドレンズを付けた場合のピーキング設定は、ピントが合っている所を表示してくれる機能です。私はピーキング設定有りの方がマニュアルフォーカスでもピントが合わせやすかったです。
ピントが合ったところが赤く表示されます。




SONY ZV-E10にオールドレンズのSMC Takumar 55mm F1.8を着けてみた

ZV-E10にSMC Takumar 55mm F1.8を取り付けてみました。意外とカッコいい。見た目的に全然アリだなと思います。

ZV-E10にオールドレンズのSMC Takumar 55mm F1.8を取り付けてみました。意外とカッコいい。見た目的に全然アリだなと思います。
50年近い差がある組み合わせ。
ZV-E10にオールドレンズのSMC Takumar 55mm F1.8を取り付けてみました。意外とカッコいい。見た目的に全然アリだなと思います。
オールドレンズはロマン。






作例は次のページにあります。

次のページへ >

新着記事

Diary

2022/9/29

造花とぽん氏と私と

ありがとうございます。Udokkoです。 ぽん氏の部屋の片隅に、造花があります。この造花は結婚式の時に母が作ってくれた物で、もう10年以上が経ちます。 そう考えると随分時間が経ったなあとしみじみ。 みみ先生が来て、ぽん氏が来て、息子が来て。 みみ先生とは残念ながらお別れすることにもなりました。 ぽん氏はまだまだ長生きしてくれるでしょう。 なんだかんだで私も平均寿命の半分近くになりました。 歳をとるのも別に悪いことじゃないです。 年をとると知識や経験が蓄積されるので、むしろイージーモードになる気がする。 と ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/27

ミラーレスカメラの欠点!?ストロボ撮影で必須の液晶表示設定がある

ありがとうございます。Udokkoです。今回はミラーレスカメラのある意味欠点とも言えるかもしれないストロボ撮影時の液晶表示設定についてシェアしたいと思います。 ミラーレスカメラは構造上、EVFや背面液晶に写る写真がそのまま表示されます。あとからPCや印刷して見ても、基本的には液晶で見たものと同じものが写っています。これがミラーレスのメリットであると言えます。スマホと同じ感覚で撮れるので、ミラーレスは初心者向けと言えるかもしれません。 一方で、自分もやってみるまで気づかなかった意外な盲点として、ストロボ撮影 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/26

SONYのISO AUTO低速限界とはシャッタースピード下限値のこと

ありがとうございます。Udokkoです。 SONYのカメラには「ISO AUTO低速限界」という設定があります。ISO AUTO低速限界。繰り返します。ISO AUTO低速限界。これ以上難解な日本語はあるだろうか。いや、ない。 この文字だけ見ても全くピンとこない設定なんですが、意味が分かるととても便利な設定です。いまや私にとってこのISO AUTO低速限界は必須機能です。まだISO AUTO低速限界を使ったことがない方は、ぜひ一度使ってみてください。手ブレ、被写体ブレなどの失敗写真がグンと減ると思います。 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/25

LUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.の世界一遅いレビュー

ありがとうございます。Udokkoです。 個人ブログとしては世界で一番遅い、つまり言い換えると一番新しいレビューになると思います。2010年に発売され、2022年9月の時点ではすでに生産完了品となっているLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.のレビューでございます。 今は2型のLUMIX G 14mm / F2.5 Ⅱ ASPH.が発売されていますが、今回購入したのは1型の古い方。なぜ今更感満載のLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.を買ったのかをシェアさせていただきたく存じます。 ...

ReadMore

Diary

2022/9/20

机、椅子、ベッド、いずれもぽん氏の居場所になる

ありがとうございます。Udokkoです。 自由きままな猫。ぽん氏も例外ではなく、基本的に我が家のいろんなところに現れます。私の部屋の机、椅子、ベッドも、ぽん氏の居場所になります。 机の上作業しているとどこからともなく現れるぽん氏。 椅子の上にもちゃっかり乗ります。 続きます

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-Photo & Camera
-, ,