Game

Ghost of Tsushima デラックスエディションのご紹介!

Ghost of Tsushima デラックスエディションのご紹介!
この記事はこんな人にオススメ

・ゴーストオブツシマの通常版かデラックスエディションのどちらを買おうか迷っている人
・通常版とデラックスエディションの違いを知りたい人

ゴーストオブツシマ、面白いです!私もはまっています!

プレイ日記の最初の記事(1話目)はこちら↓

世界中が熱狂しているゴーストオブツシマの公式HPはこちら。

売れるのも納得のおもしろさです!がしかし通常版とデジタルデラックスエディションの2バージョンがあり、どちらを買おうか悩んでいる方もいるのではないかと思います。私はデラックスエディションを購入しましたので、悩んでいる方の参考になればと思い、この記事を書いています。

紹介動画をYoutubeに上げていますので、そちらもご覧ください。


デラックスエディションに含まれるもの

ゴーストオブツシマのデラックスエディションに含まれる特典は以下の通りです。

ゴーストオブツシマのゲーム本編
技量1点
八幡神の護符
対馬の英雄スキンセット(鎧、馬など)
デジタルミニアートブック
ディレクターズコメンタリー
侍ダイナミックテーマ

ゲーム本編は言うまでもないですね。それでは一つずつご紹介していきます。

技量1点

技量とは技を覚えるのに使うもので、これはゲームを進めていけば普通に得られるものです。ちょっとだけゲーム進行が楽になります。

八幡神の護符

八幡神の護符はゲーム中で使えるアイテムの一つです。敵を倒すと体力が少し回復する効果を持っています。ゴーストオブツシマは回復アイテムがないので、これは地味にありがたいです。

対馬の英雄スキンセット(鎧、馬など)

対馬の英雄スキンセットは黄金の面頬、鎧、鞘と柄、馬、鞍の見た目を変えるアイテムです。鎧には効果が有り、体力値が大きく増加する、敵によるあらゆるダメージが中程度減少する効果が有ります。敵に囲まれてボコボコにされやすいゲームなので、この効果はありがたいです。

デジタルミニアートブック

デジタルミニアートブックはどれもかっこいいです!見ているだけでその世界に引き込まれそうになります!普通に紙で売ってほしいですね!

ディレクターズコメンタリー

ディレクターズコメンタリーはディレクターのネイトさんと、吉田さん、本郷教授の3人の面談形式の動画です。なぜ日本を舞台にしたゲームにしたのか?しかもなぜ鎌倉時代なのか?といった疑問にネイトさんが答えます。さらに東京大学の本郷教授が時代考証を解説してくれます。

余談ですが、本郷教授の本、こちらが面白かったです。イラスト付きで人物の相関図などあり、日本史に詳しくない人でも読みやすいと思います。

侍ダイナミックテーマ

侍ダイナミックテーマは上記の通り。PS4の待ち受け画面が一気に時代劇になります。

早期予約特典:サウンドトラック

こちらは早期予約特典のため、今から購入してもついてこないと思いますが、ご参考です。4曲収録されています。

さいごに

ゴーストオブツシマのデジタルデラックスエディションについて、いかがでしたでしょうか?

対馬の英雄スキンセットが欲しい!とか、デジタルアートブックを見たい!ディレクターズコメンタリーを見たい!という方はデラックスエディションの購入をオススメします。ただしデラックスエディションはダウンロード版のみで、パッケージ版はありませんのでご注意ください。

ゲームで使える特典アイテムは基本的に見た目だけの問題ですし、見た目の変わるアイテムはゲームで他にも得られますので、どうしても必要なものではありません。対馬の英雄スキンセットに興味がなければ通常版で良いと思います。パッケージ版の方がちょっと安いですしね。

以上、ご参考になれば幸いです。

新着記事

Photo & Camera

2023/1/6

標準ズームレンズを着けたフルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ

ありがとうございます。Udokkoです。 私の愛機はSONYのα7Riiで、レンズは小三元レンズのSEL2470Zです。カメラをカバンに入れて持ち運ぶときに、そのまま入れてしまうとダメージがありそうなのが気になりますよね。今回はその対策としてラッピングクロスを購入してみました。カメラのラッピングクロスを購入しようとしている方は、サイズ感が気になると思いますので、そのご参考にしていただければ幸いです。 フルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ 結論は題名に書いてある通りなんですが、フルサイ ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/4

GRⅢxのRAWデータは情報量が豊富

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxはコンパクトなカメラながら、APS-Cセンサーを搭載しています。よって、そのデータの情報量はコンデジとは思えない物です。今回はRAWで撮ったデータをLightroomに取り込んで、シャドウやハイライトをいじってみました。GRⅢxのデータにどれだけの情報量が詰め込まれているのか、感覚的に掴んでみたいと思います。 室内で撮った写真のRAW現像 まずはこちらの写真。これは何もいじっていないスタンダードな状態です。部屋の床に落ちていた猫じゃらし。左上は黒潰れ、右上 ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/3

RX100M6の外観レビュー。滑るのが気になる。

ありがとうございます。Udokkoです。 GoopassさんでSONYのコンデジのRX100M6をお借りしました。GRⅢxでコンデジの魅力に気づいたので、借りてみたわけです。GRⅢxは単焦点、RX100M6は24−200mmの超便利なズームレンズという違いがあります。レンズの構成を見るとある意味対極に位置するような2つのカメラです。また、GRⅢxのズームができない、AFや動画性能が劣るという点をRX100M6は克服してくれています。とても面白そうなコンデジ。試さずにはいられませんね。というわけで今回はRX ...

ReadMore

Game

2023/1/2

COD DMZのコントローラーの上下反転の設定方法

ありがとうございます。Udokkoです。 COD Warzoneに新たに追加されたDMZの、コントローラーの上下反転の設定方法です。PS5版ですが、おそらくPS4でも同様だと思います。意外と分かりにくかったので、備忘録として残しておきます。 歯車マーク → コントローラー → エイム → 垂直エイム軸 → 通常を反転に変更 以上が手順になります。画像も載せておきますので、反転民の方はご参考くださいませ。 この記事は以上です。

ReadMore

Photo & Camera

2022/12/28

GRⅢxのイメージコントロールを猫で比較してみた

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxには10種類のイメージコントロールがあります。 https://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr-3/feature/03.html Fujifilmで言えばフィルムシミュレーション、SONYだとクリエイティブコントロールになりますね。各社色々言い方がありますが、要はカメラメーカーが用意してくれている画作りのことです。特にRICOHのGRⅢxはモノクロはもちろんですが、ポジフィルム調やブリーチバイパスなどが ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-Game
-, , ,