Game

後悔しないために伝えたいポケモンレジェンズアルセウスを途中で辞めた3つの理由

後悔しないために伝えたいポケモンレジェンズアルセウスを途中で辞めた3つの理由

ポケモン赤以来、実に約26年ぶりにポケモンの新作をプレイしました。どうもUdokkoです。

1996年に初代ポケットモンスター赤緑が発売され、小学6年生の私は例にもれずポケモンをプレイしておりました。そして月日は流れ、2022年。36歳になった私ですが、ポケモンの最新作アルセウスをやりたくなったので、早速発売日にダウンロード版を購入、プレイしてみました。

結論から申し上げますと、10時間くらいで飽きてしまい、途中でもう辞めてしまいました。

これから購入しようとしている人が、買って後悔しないように、私が途中で辞めた理由をシェアさせていただきたいと思います。


理由1:ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドと比較してしまった

一番の理由はこれでしょうね。私的神ゲーのゼルダの伝説ブレスオブザワイルド(以下ゼルダ)と比較すると、世界の広さの違いにがっかりしてしまいました。ゼルダは目に見える遠くの山までも行けてしまうほどのオープンワールドゲームで、その世界観にがっつり引き込まれました。ポケモンアルセウスも、プレイ動画を見るとゼルダっぽい見た目なので、ゼルダのような世界観を期待してしまっていました。結果的にこれが裏切られてしまったため、途中で飽きてしまったのです。

ポケモンアルセウスはオープンワールドではなく、マップごとにロードがあります。具体的には拠点の村から外へ行くときに一回ロードが入ります。これがなんかこう、興ざめしてしまいました。ポケモンにオープンワールドを求める必要性は全くないと思いつつも、ゼルダ的なものを期待していたからこそ、がっかり感が大きかったのでしょう。


理由2:単調な作業の繰り返しに飽きた

2番めの理由としては、単調なストーリー展開と、単調な作業の繰り返しに飽きました。ネタバレになるので具体的なことは書きませんが、クエストを受ける、ポケモンを捕獲するということの繰り返しです。今作ではモンスターボールを投げるというアクションRPG的な要素があります。がしかし、それは個人的には蛇足だったかなという印象。アクションと従来のRPGの良い所取りなら良かったんですが、私的にどちらつかずの中途半端な感じに思えました。


理由3:全体的に難易度が低い

ポケモンの対象年齢が低めなこともあると思いますが、全体的にゲームの難易度が低く感じました。例えば技名の横に、相手との相性が書かれており、効果抜群を選べば良いという親切設計です。親切なのは良いのですが、この技はこの相手に効くのかな?とか、うわあこれ相性悪かった!とか、一喜一憂しながら技の相性を、自分で覚えるほうがゲームらしくて良いなと思います。このあたりの利便性というかゲームの難易度は、人それぞれ感じるところはあると思うので、ゲーム難易度を選べるようなシステムならもっと良かったのかなと思います。


まとめ:ダウンロード版じゃなくてパッケージ版買えば良かった

結論をまとめると、損しないためにポケモンレジェンズアルセウスはダウンロード版じゃなくて、パッケージ版買えば良かった、ということです。こんなにすぐ飽きるなら、パッケージ版買ってすぐ売れば損失が少なくてすんだなと後悔しています。スイッチのソフトって中古の値段が下がりにくいので、相対的に買取価格も良いので、今度なにかスイッチのソフトを買うときはパッケージ版にしようと思います。

ポケモンアルセウスは私にとっては残念なゲームでした。しかしながら27年という歳月でゲームがこれほどまで進化したことは素直に感動です。そして自分自身の変化も感じられました。白黒のドット絵、BGMは単音の電子音という初代ポケモンであんなに遊んでいたのに、2022年の再診ゲームではすぐ飽きるというのは、良くも悪くも自分が変化したんだなあと実感できます。

色々と酷評になってしまいましたが、ポケモンアルセウスが気になるならプレイしてみたら良いと思います。前述の通り、もし飽きてもパッケージ版なら損失は少ないですし、面白ければそれはそれでOK。気になるゲームはプレイしてみて、機会損失を少なくしたほうが、人生はよりリッチなものになると思います。

以上、後悔しないために伝えたいポケモンアルセウスを途中で辞めた3つの理由でした。

新着記事

Diary

2022/9/29

造花とぽん氏と私と

ありがとうございます。Udokkoです。 ぽん氏の部屋の片隅に、造花があります。この造花は結婚式の時に母が作ってくれた物で、もう10年以上が経ちます。 そう考えると随分時間が経ったなあとしみじみ。 みみ先生が来て、ぽん氏が来て、息子が来て。 みみ先生とは残念ながらお別れすることにもなりました。 ぽん氏はまだまだ長生きしてくれるでしょう。 なんだかんだで私も平均寿命の半分近くになりました。 歳をとるのも別に悪いことじゃないです。 年をとると知識や経験が蓄積されるので、むしろイージーモードになる気がする。 と ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/27

ミラーレスカメラの欠点!?ストロボ撮影で必須の液晶表示設定がある

ありがとうございます。Udokkoです。今回はミラーレスカメラのある意味欠点とも言えるかもしれないストロボ撮影時の液晶表示設定についてシェアしたいと思います。 ミラーレスカメラは構造上、EVFや背面液晶に写る写真がそのまま表示されます。あとからPCや印刷して見ても、基本的には液晶で見たものと同じものが写っています。これがミラーレスのメリットであると言えます。スマホと同じ感覚で撮れるので、ミラーレスは初心者向けと言えるかもしれません。 一方で、自分もやってみるまで気づかなかった意外な盲点として、ストロボ撮影 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/26

SONYのISO AUTO低速限界とはシャッタースピード下限値のこと

ありがとうございます。Udokkoです。 SONYのカメラには「ISO AUTO低速限界」という設定があります。ISO AUTO低速限界。繰り返します。ISO AUTO低速限界。これ以上難解な日本語はあるだろうか。いや、ない。 この文字だけ見ても全くピンとこない設定なんですが、意味が分かるととても便利な設定です。いまや私にとってこのISO AUTO低速限界は必須機能です。まだISO AUTO低速限界を使ったことがない方は、ぜひ一度使ってみてください。手ブレ、被写体ブレなどの失敗写真がグンと減ると思います。 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/25

LUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.の世界一遅いレビュー

ありがとうございます。Udokkoです。 個人ブログとしては世界で一番遅い、つまり言い換えると一番新しいレビューになると思います。2010年に発売され、2022年9月の時点ではすでに生産完了品となっているLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.のレビューでございます。 今は2型のLUMIX G 14mm / F2.5 Ⅱ ASPH.が発売されていますが、今回購入したのは1型の古い方。なぜ今更感満載のLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.を買ったのかをシェアさせていただきたく存じます。 ...

ReadMore

Diary

2022/9/20

机、椅子、ベッド、いずれもぽん氏の居場所になる

ありがとうございます。Udokkoです。 自由きままな猫。ぽん氏も例外ではなく、基本的に我が家のいろんなところに現れます。私の部屋の机、椅子、ベッドも、ぽん氏の居場所になります。 机の上作業しているとどこからともなく現れるぽん氏。 椅子の上にもちゃっかり乗ります。 続きます

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-Game
-