Photo & Camera

RX100M6の外観レビュー。滑るのが気になる。

RX100M6の外観レビュー。滑るのが気になる。

ありがとうございます。Udokkoです。

GoopassさんでSONYのコンデジのRX100M6をお借りしました。GRⅢxでコンデジの魅力に気づいたので、借りてみたわけです。GRⅢxは単焦点、RX100M6は24−200mmの超便利なズームレンズという違いがあります。レンズの構成を見るとある意味対極に位置するような2つのカメラです。また、GRⅢxのズームができない、AFや動画性能が劣るという点をRX100M6は克服してくれています。とても面白そうなコンデジ。試さずにはいられませんね。というわけで今回はRX100M6の外観レビューです。


RX100M6の基本情報




まずはRX100M6の基本情報です。公式サイトは以下リンクからどうぞ。いつの間にか生産完了となっていますね。

https://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX100M6/

主要な仕様は以下の通りです。

レンズZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ(レンズ構成:12群15枚(AAレンズを4枚含む非球面レンズ8枚))
焦点距離・F値F2.8(ワイド端時) -4.5(テレ端時)
撮像素子1.0型(13.2mm x 8.8mm) Exmor RS CMOSセンサー、アスペクト比3:2
有効画素数約2100万画素
手ぶれ補正光学式
画像処理エンジンBIONZ X
顔/瞳検出顔、瞳AF対応
撮影距離範囲(レンズ先端から)AF約8cm-∞(ワイド端時)、約100cm-∞(テレ端時)
画像モニター3.0型(4:3) / 921,600ドット / エクストラファイン液晶 / TFT LCD
電池寿命撮影可能枚数:約240枚
外形寸法101.6x58.1x42.8 mm
質量約301g(バッテリーNP-BX1、“メモリーカード”を含む)/約274g(本体のみ)
公式HPより引用:https://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX100M6/spec.html




RX100M6はコンパクトな筐体にたくさんの機能を詰め込んでいる

RX100M6の外観について、一言で言えば「よくこれだけの物を詰め込んだな」という感想です。小さな筐体に24−200mmのズームレンズに、収納式有機ELファインダー、ポップアップ式フラッシュが入っています。

RX100M6の外観レビュー






収納式のファインダーは物理的に押し込むと収納できます。

RX100M6の外観レビュー






個人的にはメガネをしているせいもあって、背面液晶で十分なんですよね。ファインダーは日中の明るくて液晶が見えない時用というのが私の使い方です。

RX100M6の外観レビュー






RX100M6の便利なところはなんといっても24−200mmの広角から望遠までの焦点距離ですよね。これがこのコンパクトな筐体に入っているなんて驚きです。

RX100M6の外観レビュー






レンズは24mmスタートでこんな感じ。起動するととりあえず24mmになるようで、起動時に50mmから、などという設定はできないようです。

RX100M6の外観レビュー






こちらが200mm。流石に長いですね。

RX100M6の外観レビュー






RX100M6は手のひらサイズ

RX100M6はコンデジなのでコンパクト。手の平サイズです。

RX100M6の外観レビュー






手にすっぽりとハマる大きさ。

RX100M6の外観レビュー






小さく軽いので、割と不安定そうな持ち方でも大丈夫。ただし滑りやすいので要注意です。

RX100M6の外観レビュー






サムレストは非常に滑りにくい素材なので、普通に構える持ち方なら滑りはしないと思います。

RX100M6の外観レビュー






RX100M6はスチル機らしくチルト式液晶

RX100M6はチルト式液晶です。昨今VLOGの流行りで動画機はバリアングルが多いですが、光軸からズレるので私はチルト派です。自分撮りはしないので、特にバリアングルの必要性がないんですよね。

RX100M6の外観レビュー






低い位置からでも撮りやすいチルト式。まあこんな使い方したこと一度もないんですけどね。

RX100M6の外観レビュー






バリアングルの方が自撮り向きとは言いますが、RX100M6のチルトは自分撮りにも使えます。

RX100M6の外観レビュー






RX100M6はツルツルとした表面。これはマイナスポイント。

これは実際に持ってみると分かるんですが、RX100M6はめちゃめちゃツルツルした表面です。故に滑りやすい。ポケットやカバンから取り出すときにもツルッとしていて出しにくい。これはマイナスポイント。逆にGRⅢxはカメラ全体が滑りにくく、持ちやすく取り出しやすいので良かったです。

RX100M6の外観レビュー






唯一の救いはサムレストは非常に滑りにくいです。ここだけ異常に滑りにくいので、普通に構えて撮る分には問題ないです。

RX100M6の外観レビュー





次はマイナスポイント。

次のページへ >

新着記事

Photo & Camera

2023/1/6

標準ズームレンズを着けたフルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ

ありがとうございます。Udokkoです。 私の愛機はSONYのα7Riiで、レンズは小三元レンズのSEL2470Zです。カメラをカバンに入れて持ち運ぶときに、そのまま入れてしまうとダメージがありそうなのが気になりますよね。今回はその対策としてラッピングクロスを購入してみました。カメラのラッピングクロスを購入しようとしている方は、サイズ感が気になると思いますので、そのご参考にしていただければ幸いです。 フルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ 結論は題名に書いてある通りなんですが、フルサイ ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/4

GRⅢxのRAWデータは情報量が豊富

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxはコンパクトなカメラながら、APS-Cセンサーを搭載しています。よって、そのデータの情報量はコンデジとは思えない物です。今回はRAWで撮ったデータをLightroomに取り込んで、シャドウやハイライトをいじってみました。GRⅢxのデータにどれだけの情報量が詰め込まれているのか、感覚的に掴んでみたいと思います。 室内で撮った写真のRAW現像 まずはこちらの写真。これは何もいじっていないスタンダードな状態です。部屋の床に落ちていた猫じゃらし。左上は黒潰れ、右上 ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/3

RX100M6の外観レビュー。滑るのが気になる。

ありがとうございます。Udokkoです。 GoopassさんでSONYのコンデジのRX100M6をお借りしました。GRⅢxでコンデジの魅力に気づいたので、借りてみたわけです。GRⅢxは単焦点、RX100M6は24−200mmの超便利なズームレンズという違いがあります。レンズの構成を見るとある意味対極に位置するような2つのカメラです。また、GRⅢxのズームができない、AFや動画性能が劣るという点をRX100M6は克服してくれています。とても面白そうなコンデジ。試さずにはいられませんね。というわけで今回はRX ...

ReadMore

Game

2023/1/2

COD DMZのコントローラーの上下反転の設定方法

ありがとうございます。Udokkoです。 COD Warzoneに新たに追加されたDMZの、コントローラーの上下反転の設定方法です。PS5版ですが、おそらくPS4でも同様だと思います。意外と分かりにくかったので、備忘録として残しておきます。 歯車マーク → コントローラー → エイム → 垂直エイム軸 → 通常を反転に変更 以上が手順になります。画像も載せておきますので、反転民の方はご参考くださいませ。 この記事は以上です。

ReadMore

Photo & Camera

2022/12/28

GRⅢxのイメージコントロールを猫で比較してみた

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxには10種類のイメージコントロールがあります。 https://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr-3/feature/03.html Fujifilmで言えばフィルムシミュレーション、SONYだとクリエイティブコントロールになりますね。各社色々言い方がありますが、要はカメラメーカーが用意してくれている画作りのことです。特にRICOHのGRⅢxはモノクロはもちろんですが、ポジフィルム調やブリーチバイパスなどが ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-Photo & Camera
-,