Game

トライアングルストラテジーとFinal Fantasy Tactics(FFT)は似てる?

トライアングルストラテジーとFinal Fantasy Tactics(FFT)は似てる?

久しぶりにゲームをクリアしました。

Nintendo Switchで発売されているSRPGのトライアングルストラテジーというゲーム。もうすでにかなり多くのレビューがあるので、あえて私からは多くを語りませんが、音楽や美麗なドット絵、中世ヨーロッパのような秀逸な世界観、王道のストーリー、遊びやすい戦闘システム、テンポの良い戦闘エフェクト、個性が生きるキャラクターなど、とても面白いゲームでした。

トライアングルストラテジーのレビューはたくさんあるので、ご参考までリンクを貼っておきます。

AmazonレビューIGNファミ通

さて、今回ここで紹介したいのは、トライアングルストラテジーはFinal Fantasy Tactics(以下FFT)と比べてどうかというお話です。FFTは私の最も好きなFFシリーズで、初代PS、PSP、PSvitaのPSアーカイブ、Android、iPhoneと、色々なハードで遊んできました。FFTは獅子戦争という形で一度だけリメイクされていますが、それ以降は音沙汰無し。ファンとしては、もう一度リメイクを期待していますが、なかなかそのような噂もありません。

そこでFFTに似ているゲームでトライアングルストラテジーを遊んでみたというわけです。私のようにFFTが好きで、FFTのようなSRPGを求めている方にとって、トライアングルストラテジーが選択肢になるかどうか、この二つのゲームがどのように似ているか、または似ていないのかについて、私なりの着眼点でご紹介したいと思います。


トライアングルストラテジーとFFTの似ている所

トライアングルストラテジーはFFTと同じくスクエアエニックスのゲームです。メーカーが同じなのでゲーム性が似ている部分もあります。

世界観

画像引用元公式HP:https://www.jp.square-enix.com/trianglestrategy/

トライアングルストラテジーは、FFTと同じような中世ヨーロッパの世界観です。鎧と剣と魔法のファンタジーなので、FFTのような雰囲気は感じられます。

戦闘システム

画像引用元公式HP:https://www.jp.square-enix.com/trianglestrategy/

トライアングルストラテジーはFFTと同様に、ターン制のシミュレーションRPGです。全体的なゲームシステムは両者とも似てます。体当たりで落として攻撃するなどの、高さを活かした攻撃もありますし、ヘイストのようなターンを早める効果の魔法もあったりします。一方で、トライアングルストラテジーは挟撃効果など、FFTから進化した部分もあるので、FFTにはない新鮮なゲームシステムを楽しめます。


トライアングルストラテジーとFFTの似ていない所

トライアングルストラテジーとFFTの似ているところをご紹介しましたが、やはり似てない部分も当然あります。

モンスターは出てこない

画像引用元公式HP:https://www.jp.square-enix.com/trianglestrategy/

トライアングルストラテジーは魔法はありますが、FFTのようにモンスターは出てきません。あくまで人と人の争いを描いているのがトライアングルストラテジーです。FFTのようにモンスターが出てくることを期待してはいけません。

それほどダークなストーリーではない

画像引用元公式HP:https://www.jp.square-enix.com/trianglestrategy/

トライアングルストラテジーのレビューを見ると、ストーリーが重厚でダークだと言われていますが、FFTの方が10倍はダークです。トライアングルストラテジーにはモンスターが出てこないので、ダーク感はFFTと比べると薄いです。トライアングルストラテジーにFFTのドロドロとした怨念が渦巻くような展開は期待してはいけません。

ジョブチェンジは無い

トライアングルストラテジーにジョブチェンジはありません。キャラクター毎にジョブが決まっています。これは良し悪しありますが、トライアングルストラテジーのようにジョブチェンジが無い方がキャラクターの個性が活きて良いなと感じました。FFTはキャラの見た目は違っても、ジョブが一緒なら強さも似たようなものになってしまいます。トライアングルストラテジーのキャラクターは見た目だけでなく、中身も個性があって良かったです。

まとめ

トライアングルストラテジーにFFTのようなものを求めると、やはり違いはあるなと感じます。全体的には似たような雰囲気ですが、やはりFFTは唯一無二のゲームだなと改めて感じてしまいます。

一方で、トライアングルストラテジーはこれまでのSRPGの完成形とも言えるほどの出来栄えだと思います。FFTではないけれど、SRPGとして面白いゲームなので、気になる方はプレイしてみて損は無いと思います。

以上、トライアングルストラテジーとFFTの似ている所、似ていない所でした。最後までお付き合いいただきありがとうございました。


新着記事

Diary

2022/9/29

造花とぽん氏と私と

ありがとうございます。Udokkoです。 ぽん氏の部屋の片隅に、造花があります。この造花は結婚式の時に母が作ってくれた物で、もう10年以上が経ちます。 そう考えると随分時間が経ったなあとしみじみ。 みみ先生が来て、ぽん氏が来て、息子が来て。 みみ先生とは残念ながらお別れすることにもなりました。 ぽん氏はまだまだ長生きしてくれるでしょう。 なんだかんだで私も平均寿命の半分近くになりました。 歳をとるのも別に悪いことじゃないです。 年をとると知識や経験が蓄積されるので、むしろイージーモードになる気がする。 と ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/27

ミラーレスカメラの欠点!?ストロボ撮影で必須の液晶表示設定がある

ありがとうございます。Udokkoです。今回はミラーレスカメラのある意味欠点とも言えるかもしれないストロボ撮影時の液晶表示設定についてシェアしたいと思います。 ミラーレスカメラは構造上、EVFや背面液晶に写る写真がそのまま表示されます。あとからPCや印刷して見ても、基本的には液晶で見たものと同じものが写っています。これがミラーレスのメリットであると言えます。スマホと同じ感覚で撮れるので、ミラーレスは初心者向けと言えるかもしれません。 一方で、自分もやってみるまで気づかなかった意外な盲点として、ストロボ撮影 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/26

SONYのISO AUTO低速限界とはシャッタースピード下限値のこと

ありがとうございます。Udokkoです。 SONYのカメラには「ISO AUTO低速限界」という設定があります。ISO AUTO低速限界。繰り返します。ISO AUTO低速限界。これ以上難解な日本語はあるだろうか。いや、ない。 この文字だけ見ても全くピンとこない設定なんですが、意味が分かるととても便利な設定です。いまや私にとってこのISO AUTO低速限界は必須機能です。まだISO AUTO低速限界を使ったことがない方は、ぜひ一度使ってみてください。手ブレ、被写体ブレなどの失敗写真がグンと減ると思います。 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/25

LUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.の世界一遅いレビュー

ありがとうございます。Udokkoです。 個人ブログとしては世界で一番遅い、つまり言い換えると一番新しいレビューになると思います。2010年に発売され、2022年9月の時点ではすでに生産完了品となっているLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.のレビューでございます。 今は2型のLUMIX G 14mm / F2.5 Ⅱ ASPH.が発売されていますが、今回購入したのは1型の古い方。なぜ今更感満載のLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.を買ったのかをシェアさせていただきたく存じます。 ...

ReadMore

Diary

2022/9/20

机、椅子、ベッド、いずれもぽん氏の居場所になる

ありがとうございます。Udokkoです。 自由きままな猫。ぽん氏も例外ではなく、基本的に我が家のいろんなところに現れます。私の部屋の机、椅子、ベッドも、ぽん氏の居場所になります。 机の上作業しているとどこからともなく現れるぽん氏。 椅子の上にもちゃっかり乗ります。 続きます

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-Game
-, ,