2021年ビットコイン高騰でグラボが枯渇。NVIDIAの住み分け戦略に期待。

2021年ビットコイン高騰でグラボが枯渇。NVIDIAの住み分け戦略に期待。

2021年2月、ビットコインが一時は600万円を超えて高騰中。

世界的な半導体不足に加えて、マイニング需要も加わり、2021年2月21日現在ではネットショップはほとんどRTX3070やRTX3080などのグラボが在庫切れです。

ゲーマーからすると最新世代のグラボが買えないのは残念です。

しかしながらNVIDIAはプレスリリースで、ゲーマー向けとマイナー向けの2つの方向性でグラボを発売すると発表されました。

以下原文引用しています。

We are gamers, through and through. We obsess about new gaming features, new architectures, new games and tech. We designed GeForce GPUs for gamers, and gamers are clamoring for more.

Yet NVIDIA GPUs are programmable. And users are constantly discovering new applications for them, from weather simulation and gene sequencing to deep learning and robotics. Mining cryptocurrency is one of them.

With the launch of GeForce RTX 3060 on Feb. 25, we’re taking an important step to help ensure GeForce GPUs end up in the hands of gamers.

Halving Hash Rate

RTX 3060 software drivers are designed to detect specific attributes of the Ethereum cryptocurrency mining algorithm, and limit the hash rate, or cryptocurrency mining efficiency, by around 50 percent.

That only makes sense. Our GeForce RTX GPUs introduce cutting-edge technologies — such as RTX real-time ray-tracing, DLSS AI-accelerated image upscaling technology, Reflex super-fast response rendering for the best system latency, and many more — tailored to meet the needs of gamers and those who create digital experiences.

To address the specific needs of Ethereum mining, we’re announcing the NVIDIA CMP, or, Cryptocurrency Mining Processor, product line for professional mining.

CMP products — which don’t do graphics — are sold through authorized partners and optimized for the best mining performance and efficiency. They don’t meet the specifications required of a GeForce GPU and, thus, don’t impact the availability of GeForce GPUs to gamers.

For instance, CMP lacks display outputs, enabling improved airflow while mining so they can be more densely packed. CMPs also have a lower peak core voltage and frequency, which improves mining power efficiency.

Creating tailored products for customers with specific needs delivers the best value for customers. With CMP, we can help miners build the most efficient data centers while preserving GeForce RTX GPUs for gamers.

https://blogs.nvidia.com/blog/2021/02/18/geforce-cmp/

面白いなあと思うのは、文章の最初です。

We are gamers, through and through.

これは「我々は生粋のゲーマーだ」という意味。

つまりNVIDIAは「ゲーマーを大事にします」というポリシーを強く訴えている文章です。

さて、具体的には何が起きるのか。

RTX3060が近日発売予定ですが、このRTX3060はハッシュレート(マイニングでどれだけ仮想通貨を掘れるかを示す値。数値が高いほど性能が高いです。)を意図的に50%低減するとのこと。

よって、RTX3060はマイニングには向いていないグラボになりました。

代わりにマイニング向けにCMPシリーズが発売されるようです。

マイニング向けにCMPシリーズが発売されるようです。30HX、40HX、50HX、90HXの4種。映像出力は無しで完全にマイニング向けです。
引用元:https://www.nvidia.com/en-us/cmp/

30HX、40HX、50HX、90HXの4種。

映像出力は無しで完全にマイニング向けです。

生産キャパが変わらないなら、結局品不足は解消されないような気がしますが、住み分けを狙う戦略は一消費者としては歓迎です。

詳細は以下のリンク先が分かりやすいです。

ちなみに私のグラボはGTX1070です。

RTX40世代くらいになったら自作PCを新調したいなあと思っています。

そのころにはグラボの枯渇が解消されていますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました