Diary

ワールドワイドキッズのオンラインレッスンを受けてみた

ワールドワイドキッズのオンラインレッスンを受けてみた
ワールドワイドキッズのオンラインレッスンを受けてみた

ワールドワイドキッズ(略してWWK)のオンラインレッスン(ステージ0)を受けました。

2歳0ヶ月の息子にとっても親にとっても初めての英語のオンラインレッスンでしたので、どうなるものかと思いましたが、受けてみて良かったなと思いました。

感想まとめ

・先生が優しくリードしてくれる
・親の英語力は不要
・15分はちょうど良い時間設定
・環境は整えておいた方が良い

ワールドワイドキッズのオンラインレッスンに興味がある方のために深堀していきます。

そもそもワールドワイドキッズのオンラインレッスンとは?

ざっくりベネッセのワールドワイドキッズ(以下WWK)のオンラインレッスンは以下のようなものです。

・1回15分
・フィリピンの先生
・PlayコースとTalkコースあり
・1回1,000円程度(年払いなどにより若干異なります)

PlayコースとTalkコースがありますが、私が受けたのはPlayコースのステージ0。

先生がWWKの教材の絵本やCDの歌を歌って一緒に遊ぶようなレッスンでした。

Playコースでは先生と一緒に遊ぶのがメインで、Talkコースはお話するのはメインになるそうです。

私は仕事で英語を使うことがあって、国によってちょっとクセを感じるものですが、フィリピンの先生はクセが無い方でした。

フィリピンは第2共用語が英語ですので、発音が上手な方が多いのかもしれませんね。

実際のオンラインレッスンの雰囲気は?

オンラインレッスンを受けるまで、どんな雰囲気なのか分からないので、ちょっと身構えてしまいますよね。

でも実際に受けてみると、やさしい先生が上手にリードしてくれて心配は無用でした。

まずは先生から自己紹介されます。

今回はAlison先生でした。

先生のあいさつがあって、その次にこちらの名前を聞かれます。

What's your name?とかの簡単な英語なので、WWKを一緒に聞いていれば大人でも答えられます。

自己紹介が終わったらPeek a booの絵本を一緒に読みましょうという流れに。

先生が読んで、そのあと親が同じところを読む流れです。

そのあとは一緒に歌を歌います。

親子参加型のレッスンなので、親も何かしら英語をしゃべることになりますが、基本的に先生のマネをすればOKです。

よく分からなければ先生がなんとかしてくれます。

親は英語喋れないけど大丈夫?

喋れなくても大丈夫です!

例えばオンラインで相手の声が聞き取れない、もしくは相手が聞き取れているか、などの場合、親が対応する必要がありますが、英語が分からなくても対応できるようになっています。

上記の場合にはあらかじめ公式HPでカードをダウンロード、印刷しておけばそれを見せるだけでOKです。

Can you hear me?(こちらの声が聞こえますか?)など、見せるだけで通じるようになっています。

逆に先生の方で音声が聞き取れないなどがあれば、英語で話しかけてきますが、聞き取れなければ先生も日本語のカードを使って対応してくれます。

よくできたシステムだなと思います。

15分は短い?

1回のレッスンは15分です。

15分と聞くとなんだか短い気がしますが、実際に受けてみると15分でも長いくらいだと思いました。

息子はまだ2歳0ヶ月なので、15分も集中力が持ちませんでした。

なんとか興味を持ってもらうように頑張って、それで15分ギリギリだと思います。

年齢が低いお子さんには15分は短くないですし、ちょうど良いくらいだと思います。

環境は整えておいた方が良い

今回失敗だったなと思うのは環境でした。

息子は普段見慣れないパソコンに興味がいってしまって大変でした。

テレビとPCをつないで、PC内臓カメラを使ってたのですが、キーボードを触って途中映像が途切れるアクシデントも・・・

別売りのウェブカメラをテレビの上につけて、PCは手の届かない所に置いた方が良かったです。

それ以外は特に難しいこともトラブルはありませんでした。

事前にマイクチェックや回線の適正も確認できたので、その辺は心配無用ですね。

さすがベネッセ!

公式サイトでもQ&Aがありますし、サポートセンターに電話しても対応してくれますので、つながらなくて困ることは無いと思います。

まとめ

子どもの英語教育はインプットするものが多くなりがちです。

アウトプットできる状況を作ることも大事だと思いますが、オンラインレッスンなら手軽にできて良いと思います。

1回15分でもやるとやらないではずいぶん違ってくると思います。

特に小さい頃から英語にふれておくことで、英語が勉強にならずに済むと思います。

英語ができると世界が広がることは間違いないので、今後もWWKのオンラインレッスンは続けていこうと思います。

新着記事

Photo & Camera

2023/1/6

標準ズームレンズを着けたフルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ

ありがとうございます。Udokkoです。 私の愛機はSONYのα7Riiで、レンズは小三元レンズのSEL2470Zです。カメラをカバンに入れて持ち運ぶときに、そのまま入れてしまうとダメージがありそうなのが気になりますよね。今回はその対策としてラッピングクロスを購入してみました。カメラのラッピングクロスを購入しようとしている方は、サイズ感が気になると思いますので、そのご参考にしていただければ幸いです。 フルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ 結論は題名に書いてある通りなんですが、フルサイ ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/4

GRⅢxのRAWデータは情報量が豊富

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxはコンパクトなカメラながら、APS-Cセンサーを搭載しています。よって、そのデータの情報量はコンデジとは思えない物です。今回はRAWで撮ったデータをLightroomに取り込んで、シャドウやハイライトをいじってみました。GRⅢxのデータにどれだけの情報量が詰め込まれているのか、感覚的に掴んでみたいと思います。 室内で撮った写真のRAW現像 まずはこちらの写真。これは何もいじっていないスタンダードな状態です。部屋の床に落ちていた猫じゃらし。左上は黒潰れ、右上 ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/3

RX100M6の外観レビュー。滑るのが気になる。

ありがとうございます。Udokkoです。 GoopassさんでSONYのコンデジのRX100M6をお借りしました。GRⅢxでコンデジの魅力に気づいたので、借りてみたわけです。GRⅢxは単焦点、RX100M6は24−200mmの超便利なズームレンズという違いがあります。レンズの構成を見るとある意味対極に位置するような2つのカメラです。また、GRⅢxのズームができない、AFや動画性能が劣るという点をRX100M6は克服してくれています。とても面白そうなコンデジ。試さずにはいられませんね。というわけで今回はRX ...

ReadMore

Game

2023/1/2

COD DMZのコントローラーの上下反転の設定方法

ありがとうございます。Udokkoです。 COD Warzoneに新たに追加されたDMZの、コントローラーの上下反転の設定方法です。PS5版ですが、おそらくPS4でも同様だと思います。意外と分かりにくかったので、備忘録として残しておきます。 歯車マーク → コントローラー → エイム → 垂直エイム軸 → 通常を反転に変更 以上が手順になります。画像も載せておきますので、反転民の方はご参考くださいませ。 この記事は以上です。

ReadMore

Photo & Camera

2022/12/28

GRⅢxのイメージコントロールを猫で比較してみた

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxには10種類のイメージコントロールがあります。 https://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr-3/feature/03.html Fujifilmで言えばフィルムシミュレーション、SONYだとクリエイティブコントロールになりますね。各社色々言い方がありますが、要はカメラメーカーが用意してくれている画作りのことです。特にRICOHのGRⅢxはモノクロはもちろんですが、ポジフィルム調やブリーチバイパスなどが ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-Diary
-, , , , ,