PC & Gadget

Windows歴18年の私がMacに乗り換えたいと思った理由

Windows歴18年の私がMacに乗り換えたいと思った理由

Mac book proが発売されましたね!


M1 pro、M1 Maxを搭載し、本当の意味でPROモデルになったとMac信者の間で話題になっています。Windows一筋の私はMacなんていらんわって思うかと思いきや、普通に欲しいと思ってしまいました。

今回はなぜWindows18年の私がMacに乗り換えようと思ったのかをシェアさせていただきたいと思います。。

これからWindowsにしようかMacにしようか検討している方には、こういう考えもあるんだなと思っていただければ幸いです。

Windows歴18年の私がMacに乗り換えたいと思った理由

Macに乗り換えようと思った理由を書く前に一つ言わせてほしい。WindowsかMacで悩んでいるそこのあなた!

Windowsで大丈夫です!

なぜならこの世のPCのほとんどはWindows。普通の使い方するならWindowsで問題ないはずです。

なのになぜ私がMacに乗り換えようと思ったのかと言うと、Macに対してポジティブな理由とWindowsに対してネガティブな理由があるからです。

Macに乗り換えたいポジティブな理由:使いたいソフトの最適化が進んでいるから

最近私のPCの利用はもっぱら動画編集と写真の現像です。

動画編集にはDavinci Resolveを、写真の現像にはAdobeのLightroomを使用しています。これらのソフトについてはWindowsよりもMacのほうが最適化が進んでおり、快適に使えそうなのです。特にDavinci ResolveはM1 Macがでるたびに最適化され、3倍高速になりました!とか5倍高速になりました!といった具合で、Macに対してのソフトの最適化が素晴らしいのです。

一方、Windows11がリリースされていますが、未だにWindows11に対しては正式サポートのない状況です。

使いたいソフトがMacに向いているので、Macに乗り換えたいと思った理由の一つです。

Macに乗り換えたいポジティブな理由:Macはシンプル

すごく抽象的ですが、Windowsはごちゃごちゃしてません?

カスタマイズ性が良いといえば良く、実際あれこれイジるのが楽しかったりもします。ただ最近はそういうカスタマイズに興味がなくなってしまったので、もうシンプルに使いたいソフトが使えれば良いという感覚になっております。

Macは割とカスタマイズができない、ある意味でappleが想定している使い方しか使わせないような作りになっているのが、逆に好感持てるようになりました。

概念的にMacはシンプルであるという部分に惹かれているのが、Macに乗り換えようと思った理由の一つです。

Windowsを辞めたいネガティブな理由:ゲームをしなくなった

今使っているWindowsは自作PCで、これはゲームをしたいがために作りました。当時PUBGが流行りだしたときで、ゲーム実況を見て自分もやりたい!と思ったのが理由です。結果的にこの自作PCでゲームもできて、ブログも書けて、動画編集してYoutubeを始めることができたので、本当に最高の相棒だと思っています。

ただ幸運にもPS5が当たりまして、ゲームはもっぱらPS5です。自作PCよりPS5のほうが性能良いんですよね・・・ゲームの起動も早いし、PS5は本当にゲームを始める敷居が低くなるので、最高のゲーム機だと思います。

というわけで、PCでゲームをすることがなくなったので、Windowsを使う理由が無くなった、というのがMacに乗り換えようと思った理由の一つです。

Windowsを辞めたいネガティブな理由:Windowsに飽きた

ある意味これが一番の理由かもしれない。

Windowsに飽きました

これまでいろんなバージョンのWindowsを使ってきましたが、結局WindowsはWindowsなんですよ。

さすがに18年も使えば飽きてきます。

新しいものを使ってみたいという好奇心。これこそがMacに乗り換えようと思った一番の理由かもしれませんね。

まとめ

Mac book proの発売で、私の心はWindowsからMacに移り変わろうとしています。

使いたいソフトがあって、なんとなく自分の使用感に合っているのではないかというMacに対するポジティブな考えと、ゲームはPS5でするのでPCでゲームをしなくなった、飽きたというWindowsに対するネガティブな考えがあります。

次買うPCはおそらくMacでしょう。一番狙っているのは次期iMacの27インチ。CPUがM2かもしくはM1 pro or Max搭載されるでしょうから、それ狙いです。

今ディスプレイはフルHDしかないので、4Kのディスプレイが欲しいんですよね。iMacなら4Kディスプレイも付いてくるので願ったり叶ったりです。

aplpleさん、次期iMacの発表を心待ちにしております。

以上、WindowsからMacに乗り換えようと思った理由でした。


新着記事

Diary

2022/9/29

造花とぽん氏と私と

ありがとうございます。Udokkoです。 ぽん氏の部屋の片隅に、造花があります。この造花は結婚式の時に母が作ってくれた物で、もう10年以上が経ちます。 そう考えると随分時間が経ったなあとしみじみ。 みみ先生が来て、ぽん氏が来て、息子が来て。 みみ先生とは残念ながらお別れすることにもなりました。 ぽん氏はまだまだ長生きしてくれるでしょう。 なんだかんだで私も平均寿命の半分近くになりました。 歳をとるのも別に悪いことじゃないです。 年をとると知識や経験が蓄積されるので、むしろイージーモードになる気がする。 と ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/27

ミラーレスカメラの欠点!?ストロボ撮影で必須の液晶表示設定がある

ありがとうございます。Udokkoです。今回はミラーレスカメラのある意味欠点とも言えるかもしれないストロボ撮影時の液晶表示設定についてシェアしたいと思います。 ミラーレスカメラは構造上、EVFや背面液晶に写る写真がそのまま表示されます。あとからPCや印刷して見ても、基本的には液晶で見たものと同じものが写っています。これがミラーレスのメリットであると言えます。スマホと同じ感覚で撮れるので、ミラーレスは初心者向けと言えるかもしれません。 一方で、自分もやってみるまで気づかなかった意外な盲点として、ストロボ撮影 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/26

SONYのISO AUTO低速限界とはシャッタースピード下限値のこと

ありがとうございます。Udokkoです。 SONYのカメラには「ISO AUTO低速限界」という設定があります。ISO AUTO低速限界。繰り返します。ISO AUTO低速限界。これ以上難解な日本語はあるだろうか。いや、ない。 この文字だけ見ても全くピンとこない設定なんですが、意味が分かるととても便利な設定です。いまや私にとってこのISO AUTO低速限界は必須機能です。まだISO AUTO低速限界を使ったことがない方は、ぜひ一度使ってみてください。手ブレ、被写体ブレなどの失敗写真がグンと減ると思います。 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/25

LUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.の世界一遅いレビュー

ありがとうございます。Udokkoです。 個人ブログとしては世界で一番遅い、つまり言い換えると一番新しいレビューになると思います。2010年に発売され、2022年9月の時点ではすでに生産完了品となっているLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.のレビューでございます。 今は2型のLUMIX G 14mm / F2.5 Ⅱ ASPH.が発売されていますが、今回購入したのは1型の古い方。なぜ今更感満載のLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.を買ったのかをシェアさせていただきたく存じます。 ...

ReadMore

Diary

2022/9/20

机、椅子、ベッド、いずれもぽん氏の居場所になる

ありがとうございます。Udokkoです。 自由きままな猫。ぽん氏も例外ではなく、基本的に我が家のいろんなところに現れます。私の部屋の机、椅子、ベッドも、ぽん氏の居場所になります。 机の上作業しているとどこからともなく現れるぽん氏。 椅子の上にもちゃっかり乗ります。 続きます

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-PC & Gadget
-, ,