Diary

徳山動物園がリニューアル!ゾウ舎も新しくなりました!

徳山動物園がリニューアル!ゾウ舎も新しくなりました!

先日山口県にある徳山動物園に行ってきました。

場所はこちら↓


2016年からリニューアル進行中だそうです。

平成28年3月に動物たちと触れ合える「るんちゃ♪るんちゃ」、平成29年10月に自然学習館「ねいちゃる」と「野鳥観察所」、平成30年8月に「ペンギンプール」、平成31年4月に国内最大級の「新ゾウ舎」がまだ未完成ですがオープンしました。

リニューアルについての詳細は周南市HPのPDFに載っております。


たしか前に訪れたのは2016年よりも前だったと思いますが、その時は古い動物園だなあ、という印象でした。

まだリニューアル中ですが、2021年現在ではずいぶん印象が良くなりました。

園内は広すぎず狭すぎずで、幼児連れにはちょうど良い動物園だなと思います。

息子も大はしゃぎでダッシュ!ダッシュ!

とても疲れましたw

EOS Kiss X8iで写真を撮ってきたので紹介します。

写真はどれもAdobe LightroomでRAW現像したものを、250KBくらいまで圧縮しています。

ご参考まで、シャッタースピードや絞り値なども載せています。


Canon EOS Kiss X8i (41mm, f/5, 1/640sec, ISO400)視線の先にはレッサーパンダがいました。レッサーパンダの資料館は残念ながらコロナ対策中のため入場不可。
Canon EOS Kiss X8i (41mm, f/5, 1/640sec, ISO400)

視線の先にはレッサーパンダがいました。レッサーパンダの資料館は残念ながらコロナ対策中のため入場不可。

Canon EOS Kiss X8i (41mm, f/5, 1/800sec, ISO100)シロクマのパネルにバイバイする親子。残念ながらシロクマさんはお亡くなりになり、今はその写真が展示されているだけです。ぱっと見本当にシロクマがいるのかと思いましたw
Canon EOS Kiss X8i (41mm, f/5, 1/800sec, ISO100)

シロクマのパネルにバイバイする親子。残念ながらシロクマさんはお亡くなりになり、今はその写真が展示されているだけです。ぱっと見本当にシロクマがいるのかと思いましたw


Canon EOS Kiss X8i (37mm, f/5, 1/500sec, ISO160)カッコいいポーズ!よく分かりませんが息子の最近のカッコいいポーズはこれですw
Canon EOS Kiss X8i (37mm, f/5, 1/500sec, ISO160)

カッコいいポーズ!よく分かりませんが息子の最近のカッコいいポーズはこれですw


Canon EOS Kiss X8i (18mm, f/6.3, 1/500sec, ISO100)ミーアキャットの前で興奮する息子。このポーズも割と好きですw
Canon EOS Kiss X8i (18mm, f/6.3, 1/500sec, ISO100)

ミーアキャットの前で興奮する息子。このポーズも割と好きですw


Canon EOS Kiss X8i (43mm, f/5, 1/640sec, ISO4000)新しいゾウ舎の屋内でゾウさんと写る息子。ゾウさんにかなり近づけるのが良いですね。ゾウ舎にはかなり力を入れている印象です。写真的には屋内なので、ISOが4000とかなり高め。ノイズが結構あります。これはもうカメラとレンズの限界なのかなと思います。(フルサイズ機欲しい・・・)
Canon EOS Kiss X8i (43mm, f/5, 1/640sec, ISO4000)

新しいゾウ舎の屋内でゾウさんと写る息子。ゾウさんにかなり近づけるのが良いですね。ゾウ舎にはかなり力を入れている印象です。写真的には屋内なので、ISOが4000とかなり高め。ノイズが結構あります。これはもうカメラとレンズの限界なのかなと思います。(フルサイズ機欲しい・・・)


Canon EOS Kiss X8i (43mm, f/5.6, 1/640sec, ISO100)ペンギンにくぎ付けの息子。お気に入りのハヤブサTシャツがキレイに撮れましたw
Canon EOS Kiss X8i (43mm, f/5.6, 1/640sec, ISO100)

ペンギンにくぎ付けの息子。お気に入りのハヤブサTシャツがキレイに撮れましたw


以上がリニューアルされた徳山動物公園での写真でした。

まだ前面リニューアルではないですが、幼児連れにはちょうど良い動物園だと思いますので、興味ある方はぜひ訪れてみてください!

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。


新着記事

Diary

2022/9/29

造花とぽん氏と私と

ありがとうございます。Udokkoです。 ぽん氏の部屋の片隅に、造花があります。この造花は結婚式の時に母が作ってくれた物で、もう10年以上が経ちます。 そう考えると随分時間が経ったなあとしみじみ。 みみ先生が来て、ぽん氏が来て、息子が来て。 みみ先生とは残念ながらお別れすることにもなりました。 ぽん氏はまだまだ長生きしてくれるでしょう。 なんだかんだで私も平均寿命の半分近くになりました。 歳をとるのも別に悪いことじゃないです。 年をとると知識や経験が蓄積されるので、むしろイージーモードになる気がする。 と ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/27

ミラーレスカメラの欠点!?ストロボ撮影で必須の液晶表示設定がある

ありがとうございます。Udokkoです。今回はミラーレスカメラのある意味欠点とも言えるかもしれないストロボ撮影時の液晶表示設定についてシェアしたいと思います。 ミラーレスカメラは構造上、EVFや背面液晶に写る写真がそのまま表示されます。あとからPCや印刷して見ても、基本的には液晶で見たものと同じものが写っています。これがミラーレスのメリットであると言えます。スマホと同じ感覚で撮れるので、ミラーレスは初心者向けと言えるかもしれません。 一方で、自分もやってみるまで気づかなかった意外な盲点として、ストロボ撮影 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/26

SONYのISO AUTO低速限界とはシャッタースピード下限値のこと

ありがとうございます。Udokkoです。 SONYのカメラには「ISO AUTO低速限界」という設定があります。ISO AUTO低速限界。繰り返します。ISO AUTO低速限界。これ以上難解な日本語はあるだろうか。いや、ない。 この文字だけ見ても全くピンとこない設定なんですが、意味が分かるととても便利な設定です。いまや私にとってこのISO AUTO低速限界は必須機能です。まだISO AUTO低速限界を使ったことがない方は、ぜひ一度使ってみてください。手ブレ、被写体ブレなどの失敗写真がグンと減ると思います。 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/25

LUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.の世界一遅いレビュー

ありがとうございます。Udokkoです。 個人ブログとしては世界で一番遅い、つまり言い換えると一番新しいレビューになると思います。2010年に発売され、2022年9月の時点ではすでに生産完了品となっているLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.のレビューでございます。 今は2型のLUMIX G 14mm / F2.5 Ⅱ ASPH.が発売されていますが、今回購入したのは1型の古い方。なぜ今更感満載のLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.を買ったのかをシェアさせていただきたく存じます。 ...

ReadMore

Diary

2022/9/20

机、椅子、ベッド、いずれもぽん氏の居場所になる

ありがとうございます。Udokkoです。 自由きままな猫。ぽん氏も例外ではなく、基本的に我が家のいろんなところに現れます。私の部屋の机、椅子、ベッドも、ぽん氏の居場所になります。 机の上作業しているとどこからともなく現れるぽん氏。 椅子の上にもちゃっかり乗ります。 続きます

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-Diary
-, , , ,