株の(予)、(実)、(連)、(単)の意味

株の(予)、(実)、(連)、(単)の意味って何?という疑問についてお答えします。

株の(予)、(実)、(連)、(単)の意味って何?という疑問についてお答えします。

株の(予)、(実)の意味

割安性を示すPERやPBRの横に(実)、(予)と記載されています。その他にも成長性、収益性を示すEPSの横にも(実)、(予)の記載があります。(実)は過去の実績を示しています。(予)は次期決算の会社の予想値を示しています。
引用元:楽天証券/アップルの主な指標

上記は楽天証券から引用したアップルの主な指標です。

割安性を示すPERやPBRの横に(実)、(予)と記載されています。

その他にも成長性、収益性を示すEPSの横にも(実)、(予)の記載があります。

  • (実)は過去の実績を示しています。
  • (予)は次期決算の会社の予想値を示しています。

株は将来性を期待して買うものですので、過去の実績より予想値を一般的に重視します。

つまり、(実)より(予)の数値を参考にすればよい、ということになります。

株の(連)、(単)の意味

上記は楽天証券から引用したアップルの業績の推移です。3行目に連・単の項目があり、各年度は連と記載されています。連)は子会社を含めた連結の数値を示しています。(単)は子会社を含めない単体の数値を示しています。
引用元:楽天証券/アップルの業績の推移

上記は楽天証券から引用したアップルの業績の推移です。

3行目に連・単の項目があり、各年度は連と記載されています。

  • (連)は子会社を含めた連結の数値を示しています。
  • (単)は子会社を含めない単体の数値を示しています。

上場企業の多くは子会社を持っていることが多いため、連結決算が記載されていることが多いです。

グループ全体の状況をまとめて把握できるため、基本的には連結決算を参考にすればよい、ということになります。

さいごに

株の(予)、(実)、(連)、(単)の意味について、いかがでしたでしょうか?

株価を調べるとよく分からないことが多いですよね。

自分で調べて解決することで、身についていくことが実感できます。

このブログでは他にも投資に関する記事がございますので、よろしければご一読ください。

この記事は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました