Diary

【SSL】サソルの事業内容、業績、株価、配当などの銘柄紹介

【SSL】サソルの事業内容、業績、株価、配当などの銘柄紹介

どうもUdokkoです。

アメリカ株の【SSL】サソルを購入しました。

購入直後に爆上げし、個人的には思い入れのある銘柄です。

【SSL】サソルがどんな会社か知っている方は少ないと思います。

事業内容、業績、株価、配当などをまとめましたので、この銘柄についてご紹介いたします。

【SSL】サソルの事業内容


サソルの公式HPはこちら

サソルは、世界32カ国で働く31,270人の従業員の技術と専門知識を活用した、化学品とエネルギーの国際的な総合企業です。技術を開発・商業化し、世界規模の施設を建設・運営して、液体燃料、化学品、低炭素電力など、さまざまな高価値製品を生産しています。
サソルの新しいバリューチェーンベースの事業モデルは2014年に施行されました。そのために、サソルグループは現在、2つの川上ビジネスユニット、3つの地域運営ハブ、4つの顧客志向の戦略的ビジネスユニットで構成されており、新しいサソルのウェブサイトにも反映されています。
サソルは、人材の才能と技術的優位性を組み合わせることで、60年以上にわたってイノベーションの先駆者としての地位を築いてきました。市場のニーズやステークホルダーの期待が変化する中で、私たちの方法、設備、製品も変化し、長期的な株主価値を持続的に提供するための進歩を遂げてきました。南部アフリカにおける基盤事業の成長と強化は、サソルの歴史の中で大きな成長を遂げてきたことによって補完されています。
サソルでは、エネルギーと化学品の供給を確保するために、各国のニーズが高まっていることを認識しています。多くの国、特に炭化水素が豊富な国では、これらの資源を国内で液体燃料や化学品に変換することが、国の経済を後押しするための長い道のりとなります。
サソルの集中的で強力なプロジェクト・パイプラインは、南部アフリカと北米における当社の強みを活かした成長機会を積極的に活用していることを意味しています。私たちの焦点は持続的に価値を創造することであり、この会社を新たなフロンティアに導くことを誇りに思っています。
サソルは1950年に南アフリカで設立され、資本プロジェクト、スキル開発、技術研究開発への国内最大級の投資家であり続けています。 南アフリカではJSEに、米国ではニューヨーク証券取引所に上場しています。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

サソルHP:Profileから引用

サソルは石油石炭の生産、そこから様々な化学品を製造する南アフリカの会社で、60年以上前から続く老舗企業です。

【SSL】サソルの業績

【SSL】サソルの事業内容、業績、株価、配当などの銘柄紹介
楽天証券より引用

サソルは2015年から営業利益が常にプラスです。

残念なのはここ2年ほどは利益が減少傾向です。

【SSL】サソルの事業内容、業績、株価、配当などの銘柄紹介
楽天証券より引用

サソルのキャッシュフローです。

営業キャッシュフローは2016~2019年はプラス、投資キャッシュフローはマイナスで、ここまでは良いですね。

財務キャッシュフローがプラス続きなのが気になるところ。

【SSL】サソルの株価

【SSL】サソルの事業内容、業績、株価、配当などの銘柄紹介
楽天証券より引用

【SSL】サソルの2010年から2020年の株価推移です。

コロナショックを除いても、ここ10年ではやや下がり傾向です。

それでも今現在の株価は安く、買い時だと思います。

【SSL】サソルの配当

【SSL】サソルの事業内容、業績、株価、配当などの銘柄紹介
楽天証券より引用

2015年から2019年まで、安定して配当があります。

表では単位がZARですが、1ZAR=0.055USDです。(2020年4月現在)

【SSL】サソルの事業内容、業績、株価、配当などの銘柄紹介
楽天証券より引用

財務キャッシュフローがプラス、すなわちお金の借り入れが多いことは気になりますが、安定して営業利益を確保していますし、利益剰余金も増え続けていますので、現時点で無配当は無いのではと思います。

(コロナショックで一旦無くなることは十分あり得ますが・・・)

最後に

【SSL】サソルの事業内容、業績、株価、配当についてまとめてみました。

個人的には安定した配当が得られそうな銘柄と思っています。

以上、ご参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

新着記事

Diary

2022/9/29

造花とぽん氏と私と

ありがとうございます。Udokkoです。 ぽん氏の部屋の片隅に、造花があります。この造花は結婚式の時に母が作ってくれた物で、もう10年以上が経ちます。 そう考えると随分時間が経ったなあとしみじみ。 みみ先生が来て、ぽん氏が来て、息子が来て。 みみ先生とは残念ながらお別れすることにもなりました。 ぽん氏はまだまだ長生きしてくれるでしょう。 なんだかんだで私も平均寿命の半分近くになりました。 歳をとるのも別に悪いことじゃないです。 年をとると知識や経験が蓄積されるので、むしろイージーモードになる気がする。 と ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/27

ミラーレスカメラの欠点!?ストロボ撮影で必須の液晶表示設定がある

ありがとうございます。Udokkoです。今回はミラーレスカメラのある意味欠点とも言えるかもしれないストロボ撮影時の液晶表示設定についてシェアしたいと思います。 ミラーレスカメラは構造上、EVFや背面液晶に写る写真がそのまま表示されます。あとからPCや印刷して見ても、基本的には液晶で見たものと同じものが写っています。これがミラーレスのメリットであると言えます。スマホと同じ感覚で撮れるので、ミラーレスは初心者向けと言えるかもしれません。 一方で、自分もやってみるまで気づかなかった意外な盲点として、ストロボ撮影 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/26

SONYのISO AUTO低速限界とはシャッタースピード下限値のこと

ありがとうございます。Udokkoです。 SONYのカメラには「ISO AUTO低速限界」という設定があります。ISO AUTO低速限界。繰り返します。ISO AUTO低速限界。これ以上難解な日本語はあるだろうか。いや、ない。 この文字だけ見ても全くピンとこない設定なんですが、意味が分かるととても便利な設定です。いまや私にとってこのISO AUTO低速限界は必須機能です。まだISO AUTO低速限界を使ったことがない方は、ぜひ一度使ってみてください。手ブレ、被写体ブレなどの失敗写真がグンと減ると思います。 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/25

LUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.の世界一遅いレビュー

ありがとうございます。Udokkoです。 個人ブログとしては世界で一番遅い、つまり言い換えると一番新しいレビューになると思います。2010年に発売され、2022年9月の時点ではすでに生産完了品となっているLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.のレビューでございます。 今は2型のLUMIX G 14mm / F2.5 Ⅱ ASPH.が発売されていますが、今回購入したのは1型の古い方。なぜ今更感満載のLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.を買ったのかをシェアさせていただきたく存じます。 ...

ReadMore

Diary

2022/9/20

机、椅子、ベッド、いずれもぽん氏の居場所になる

ありがとうございます。Udokkoです。 自由きままな猫。ぽん氏も例外ではなく、基本的に我が家のいろんなところに現れます。私の部屋の机、椅子、ベッドも、ぽん氏の居場所になります。 机の上作業しているとどこからともなく現れるぽん氏。 椅子の上にもちゃっかり乗ります。 続きます

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-Diary
-, , ,