AviUtl PC & Gadget Video editing

動画編集ソフトAviUtlに使うパソコンのスペック【予算10万円/OS込み】

動画編集ソフトAviUtlに使うパソコンのスペック【予算10万円/OS込み】

どうもUdokkoです。

動画編集ソフトAviUtlを快適に使える予算10万円の自作パソコンのスペックを紹介いたします。

色々なサイトで自作PCのスペック紹介が予算別でありますが、その多くがOS(Windows10)抜きの価格になっていますが、こちらで紹介するのはOS込みで計算しています。

2020年4月現在、なりたい職業にYoutuberがランクインしてからずいぶん経った今でも、これからYoutubeで動画をあげてみようかなと思う方は多いのではないでしょうか。

「とりあえずスマホで撮った動画を上げてみる」で良いと思いますが、やはり収益化の基準であるチャンネル登録者1,000人、年間総再生時間4,000時間を超えるには、ある程度の動画編集は必要だと思います。

しかしながら副業にしても、お遊びにしても、いきなり有料の動画編集ソフトを使うのはもったいないですよね。

そこで選択肢に上がるのがAviUtl

私もAviUtlを使って動画編集にチャレンジしていますが、使えば使うほど奥が深くおもしろい動画編集ソフトだと思います。

今回は「AviUtlに興味はあるけど、どんなパソコンを買えば良いか分からない」という方の疑問にお答えします。

コストメリットがあるので、私は自作PCをオススメしています。

自作PCと言われても、PCパーツは何を選べば良いか分からない・・・という方のご参考になれば幸いです。

2020年5月、新型コロナの経済対策として一人10万円が支給されますので、興味があればぜひ検討してみてください。

いきなりですが、おすすめスペックはこちら。(パーツ名をクリックすると楽天またはAmazonの商品紹介ページに飛びます。)

PCパーツおすすめ最安値(価格.com )
OSDSP Windows 10 home 64Bit J \12,980 @最安
CPUインテル Core i7 9700 BOX\39,138 @最安
GPU無し
マザーボードTUF Z390-PLUS GAMING\14,289 @最安
メモリCORSAIR CMK16GX4M2A2666C16 8GB 2枚組\8,470 @最安
SSDCrucial SSD 1000GB 正規代理店保証品 CT1000P1SSD8JP\12,980 @最安
電源ANTEC NeoECO Gold NE650G\9,480 @最安
ケースThermaltake Versa H26 Black\4,378 @最安
光学ドライブ無し
合計¥ 101,715

それではオススメする理由をひとつずつ説明していきます。

AviUtlにオススメPCスペック:OS

AviUtlにオススメPCスペック:OSは
Windows10

AviUtlはWindowsのソフトのため、OSは必然的にWindows10になります。

Windows10はHomeとProの2種類ありますが、安いHomeで十分です。

またOSは色々な売り方があって分かりづらいですが、安価なDSP版を買えばOK。

DSP版でセットにするPCパーツは、ちょっとデータ保存するのに役立つSSDが良いと思います。

DSP版とは?
WindowsのOSとPCパーツをセットにして安価に販売するものです。PCパーツとOSが紐づけられるので、DSP版でセットで購入したPCパーツは接続しておきましょう。


AviUtlにオススメPCスペック:CPU

AviUtlにオススメPCスペック:CPUはi7-9700

CPUはパソコンの脳みそ部分。

動画編集ではCPUのパワー(賢い脳みそ)があれば快適になります。

Core i7 9700 BOXはAviUtlで動画編集するのに必要十分で、ネット情報を参考に見ながら動画編集しても快適に動くスペックです。

またBOXバージョンはCPUクーラーが付属されますので、別途CPUクーラーを買う必要がありません。

インテル or AMD

CPUメーカーは「インテル」と「AMD」の2社があります。

AviUtlにはインテルがオススメ。

なぜならAviUtlの正式バージョンの1.00が開発されたのは2013年4月。

この時のCPU市場はインテルが圧倒的シェアをとっており、AMDはあまり一般的ではありませんでしたので、AviUtlはインテルCPUに最適化されていると言われています。

なのでインテルの方が安定した動作が見込めます。

ちょっと余談

2017年から発売されたAMDのCPUブランド「Ryzen」。このRyzenはインテルのCPUよりもコスパに優れることで一気にシェアを広げています。コストとパフォーマンスに優れるRyzenですが、AviUtlではプレビュー表示が遅くなるなどが報告されています。


core i9?i7?i5?i3?

インテルのCPUにはいくつかのブランドがありますが、動画編集にはCore iシリーズを推奨します。

Core iシリーズの下にCerelonがありますが、CPUのパワー不足で快適とは言えません。

Core iには9、7、5、3の3つのグレードがありますが、数字が大きいほど性能が高くなります。

Core i3でも十分ですが、予算10万円であれば上位のCore i7を選ぶとよいでしょう。

ちなみに

私はCore i3 8100を使用していますが、AviUtlの編集には何ら支障はないです。Core i3でも第8世代以降なら必要十分なCPU性能です。


AviUtlにオススメPCスペック:GPU

AviUtlにオススメPCスペック:GPU

AviUtlの動画編集には基本的にGPU(グラフィックボード)は不要です。

なくても問題ないため、その予算をCPUに振り分けると良いです。

設定次第ではGPUを利用してエンコード(動画出力)が速くなる利点はありますので、将来的に購入を考えても良いと思います。


AviUtlにオススメPCスペック:マザーボード

AviUtlにオススメPCスペック:マザーボードはASUS TUF Z390-PLUS GAMING
おすすめマザーボード

TUF Z390-PLUS GAMING

マザーボードは名前の通り、PCパーツを載せて繋げる重要なパーツです。

耐久性の高いマザーボードが好ましく、タフさを売りにしているASUS TUF Z390-PLUS GAMINGは値段と性能のバランスが良いと思います。

マザーボードは組み合わせるPCパーツに合わせてソケット(CPU)とフォームファクタ(PCケースのサイズ)を選ぶ必要があります。
CPUがインテルのCore iシリーズならLGA1151、AMDのRyzenならAM4です。(詳細はCPUの製品情報をご確認ください。)
PCケースのサイズが大きいならマザーボードはATX、PCケースが小さいとMicroATX、またはMiniITXになります。(詳細はケースの製品情報をご確認ください。)
今回の推奨スペックならいずれも問題ない組み合わせになっています。


AviUtlにオススメPCスペック:メモリ

AviUtlにオススメPCスペック:メモリはCORSAIR CMK16GX4M2A2666C16 8GB 2枚組

メモリは大きいほど作業台が大きくなるイメージです。

つまり数字が大きいほど効率的に作業ができます。

AviUtlでは4Gまでしかメモリを使えませんが、 8G以上あると良いです。

AviUtlは多機能でできることが多い反面、凝った編集をしようとするとネットなどで参考情報を見ながら編集することになります。

そういった理由からメモリは8G以上、16Gあれば必要十分です。

メモリは同じ容量でも2枚組(デュアルチャネル)にすると性能がアップします。
16Gメモリ1枚 → ×
8Gメモリ2枚 → 〇


AviUtlにオススメPCスペック:SSD

AviUtlにオススメPCスペック:SSDはcrucialのP1 CT1000P1SSD8JP

動画編集すると動画や写真を保存するため、最低でも1TBは欲しいところです。

SSD vs HDD

データ保存用の媒体にはSSDかHDDの2種類ありますが、SSD一択です。

SSDにWindows10のOSをインストールして、AviUtlもSSDにインストールすることで、サクサク動くようになります。

間違ってもHDDにWindows10を入れないようにしましょう。

HDDはサブ的に使う(SSDにOS入れて、動画などをHDDに保存する)と良いでしょう。

SATA vs NVMe

SSDの接続規格は大きく分けてSATAとNVMeの2種類があります。

以前はSATAは速度そこそこで値段が安い、NVMeは速度が速くて値段が高い、というのが常識でしたが、2020年4月では、crucial P1 CT1000P1SSD8JPはSATA接続のSSDとほとんど変わらない値段です。

SATAでも動画編集するには何ら問題ないですが、ケーブルの取り回しなどが煩雑になるので、値段が変わらないなら、ケーブルが無くケース内がスッキリきれいになるNVMeがおすすめです。


AviUtlにオススメPCスペック:電源

AviUtlにオススメPCスペック:電源はANTEC NeoECO Gold NE650G
おすすめ電源

ANTEC NeoECO Gold NE650G

電源を選ぶ時に重要なのは電源容量80PLUS認証です。

ANTEC NeoECO Gold NE650Gの電源容量は650Wで、これは将来GPUを増設したとしても十分賄える容量です。

さらに80PLUS認証が80+Goldであり、電源変換効率が良いです。

80PLUS認証は品質を直接保証するものではありませんが、変換効率を良くするため、結果的に品質が良くなりますので、最低Blonze以上にしましょう。


AviUtlにオススメPCスペック:PCケース

AviUtlにオススメPCスペック:PCケースはThermaltake Versa H26 Black
オススメPCケース

Thermaltake Versa H26 Black

PCケースはほとんど好みで選んでOKですが、大きさには注意です。

マザーボードの大きさ(ATX or MicroATX or MiniITX)に合わせて選ぶ必要があります。

Thermaltake Versa H26 BlackはATXのマザーボードが入りますので、上記推奨マザーボードが問題なく組み込めます。

120mmファンが前面背面に1つずつあるので、冷却性能にも問題ないです。

PCケースは大きい方が組みたてが簡単です。また、動画編集ではCPUがフル回転して高熱になりやすいですが、ケースが大きいとPCパーツの間に隙間ができて、風の流れが良くなり、熱暴走のリスクが減ります。


AviUtlにオススメPCスペック:光学ドライブ

光学ドライブは特に不要です。

必要なら外付けのドライブで十分です。

ただしWindows10のDSP版を購入する場合、PCパーツを何にするか悩む(何でもいい)なら光学ドライブを選択すると、意外と役に立つときがあります。

(私はDSP版で光学ドライブを選びましたが、意外とあってよかったです。)

合計金額:¥ 101,715

合計金額:¥ 101,715

上記PCパーツで組み立てると、合計101,715円になります。(価格.comの最安値の場合です。)

モニターはTVがあればTVとHDMIケーブルでつなげばOKですし、周辺機器としてキーボードとマウスセットを購入しても+3,000円程度となります。

CPUやマザーボード、電源など、あと5年以上は十分戦えるスペックなので、長期的に見ればコスパは良いと思います。

下手に安いPC買って何度も買い替えるよりは、最初に良いPCを買っておいた方が良いと思います。

パソコン自作なんてできない!という方はこちら

パソコン自作なんてできない!という方はこちら、ドスパラとツクモのBTO

パソコンを自作するとコストメリットもあり、組み立ても簡単なのでぜひチャレンジしてもらいたいですが、もう出来上がったパソコンですぐ動画編集始めたい方はこちらをご参考にしてください。

基本的にBTOがオススメです。

ドスパラ:Magnate GE マグネイト GE Minecraft for Windows 10 Master Collection 同梱版

CPUは上記と同じCore i7 9700。SSDの容量は250GBと少ないですが、HDD1TBがついてきます。

値段も86,980 円(+税)で、各種ポイント還元もあるのでコスパは良いですね。

保証もつくのがBTOの良いところです。

TSUKUMO:eX.computer ミニタワーモデル (Thermaltake製PCケース採用モデル) RT7J-D200/T

CPUは上記と同じCore i7 9700。SSDの容量は250GBと少ないのでカスタマイズで容量を増やした方が良いです。

値段は¥78,800 (+税)で、各種ポイント還元もあるのでコスパは良いですね。


BTOの注意点

上記で上げたパソコンはAviUtlで動画編集するには十分な性能です。

一方で、将来的に有料の動画編集ソフト(例えばAdobe PremiereProなど)で4K動画編集しようとすると性能不足になるかもしれませんが、拡張性が低いため、PCを買い替える必要があるかもしれません。

BTOで買ったPCでもPCパーツは流用できるので、BTOでパソコンを買ったとしても、自分で組み立てられるくらいの知識があると失敗が少なくなります。

さいごに

動画編集ソフトAviUtlに使うパソコンのスペックを予算10万円で紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

動画編集はやってみるとおもしろいですし、もしかしたらYoutubeで一攫千金のチャンスもあるかもしれません。

新しい通信規格5Gが始まり、さらに動画の需要が増えることも予想されますので、自宅待機中にチャレンジしてみてはどうでしょうか?

この記事は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



新着記事

Photo & Camera

2023/1/6

標準ズームレンズを着けたフルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ

ありがとうございます。Udokkoです。 私の愛機はSONYのα7Riiで、レンズは小三元レンズのSEL2470Zです。カメラをカバンに入れて持ち運ぶときに、そのまま入れてしまうとダメージがありそうなのが気になりますよね。今回はその対策としてラッピングクロスを購入してみました。カメラのラッピングクロスを購入しようとしている方は、サイズ感が気になると思いますので、そのご参考にしていただければ幸いです。 フルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ 結論は題名に書いてある通りなんですが、フルサイ ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/4

GRⅢxのRAWデータは情報量が豊富

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxはコンパクトなカメラながら、APS-Cセンサーを搭載しています。よって、そのデータの情報量はコンデジとは思えない物です。今回はRAWで撮ったデータをLightroomに取り込んで、シャドウやハイライトをいじってみました。GRⅢxのデータにどれだけの情報量が詰め込まれているのか、感覚的に掴んでみたいと思います。 室内で撮った写真のRAW現像 まずはこちらの写真。これは何もいじっていないスタンダードな状態です。部屋の床に落ちていた猫じゃらし。左上は黒潰れ、右上 ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/3

RX100M6の外観レビュー。滑るのが気になる。

ありがとうございます。Udokkoです。 GoopassさんでSONYのコンデジのRX100M6をお借りしました。GRⅢxでコンデジの魅力に気づいたので、借りてみたわけです。GRⅢxは単焦点、RX100M6は24−200mmの超便利なズームレンズという違いがあります。レンズの構成を見るとある意味対極に位置するような2つのカメラです。また、GRⅢxのズームができない、AFや動画性能が劣るという点をRX100M6は克服してくれています。とても面白そうなコンデジ。試さずにはいられませんね。というわけで今回はRX ...

ReadMore

Game

2023/1/2

COD DMZのコントローラーの上下反転の設定方法

ありがとうございます。Udokkoです。 COD Warzoneに新たに追加されたDMZの、コントローラーの上下反転の設定方法です。PS5版ですが、おそらくPS4でも同様だと思います。意外と分かりにくかったので、備忘録として残しておきます。 歯車マーク → コントローラー → エイム → 垂直エイム軸 → 通常を反転に変更 以上が手順になります。画像も載せておきますので、反転民の方はご参考くださいませ。 この記事は以上です。

ReadMore

Photo & Camera

2022/12/28

GRⅢxのイメージコントロールを猫で比較してみた

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxには10種類のイメージコントロールがあります。 https://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr-3/feature/03.html Fujifilmで言えばフィルムシミュレーション、SONYだとクリエイティブコントロールになりますね。各社色々言い方がありますが、要はカメラメーカーが用意してくれている画作りのことです。特にRICOHのGRⅢxはモノクロはもちろんですが、ポジフィルム調やブリーチバイパスなどが ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-AviUtl, PC & Gadget, Video editing
-, , , ,