Ghost of Tsushima プレイ日記9話目 / 仁之道~火急の便り~、~罰~、~對馬の行方~、~闇からの使者~、~誉れと灰~

Ghost of Tsushima プレイ日記9話目 / 仁之道~火急の便り~、~罰~、~對馬の行方~、~闇からの使者~、~誉れと灰~


最初の記事(1話目)はこちら↓

世界中が熱狂しているゴーストオブツシマの公式HPはこちら。

売れるのも納得のおもしろさです!

それでは第9話目のプレイ日記です!よろしければご覧ください!

注意!

ここから先はネタバレが含まれています。未プレイの方はご注意ください。




Youtubeでプレイ動画をあげているのでそちらもご覧ください。

【ゴーストオブツシマ】第九話/仁之道~火急の便り~、~罰~、~對馬の行方~、~闇からの使者~、~誉れと灰~【プレイ動画】

プレイ日記第9話

対馬は蒙古に侵攻され武士はほとんどいなくなり、兵力が足りないため、本土から援軍を請うことになった仁。対馬の周りの海は蒙古の船で囲まれているが、五郎という男ならその包囲を抜けられると志村殿は言う。そこで五郎を探すことになった。

仁之道~火急の便り~

卯麦で五郎を見つけた仁。志村殿の指示通り、五郎に船を出すよう伝える。

卯麦で五郎を見つけた仁。志村殿の指示通り、五郎に船を出すよう伝える。

五郎を見つけたことを報告する仁。志村殿の話では、五郎は相当な船乗りであるようだ。 

五郎を見つけたことを報告する仁。志村殿の話では、五郎は相当な船乗りであるようだ。

五郎でも簡単には包囲網を抜けられないため、五郎の船から目をそらすため、志村殿と仁は砦に乗り込むことになった。

五郎でも簡単には包囲網を抜けられないため、五郎の船から目をそらすため、志村殿と仁は砦に乗り込むことになった。

敵の火槍を奪い蒙古の船を沈め、無事五郎の船は包囲網を突破した。本土からの援軍を待つことになる。援軍が到着次第、志村殿と仁は志村城を奪還するため戦を仕掛けることになった。志村殿は仁のことを甥としてではなく、子として見ている様子。「父と子として」の言葉に色々な気持ちが込められています。

敵の火槍を奪い蒙古の船を沈め、無事五郎の船は包囲網を突破した。本土からの援軍を待つことになる。援軍が到着次第、志村殿と仁は志村城を奪還するため戦を仕掛けることになった。志村殿は仁のことを甥としてではなく、子として見ている様子。「父と子として」の言葉に色々な気持ちが込められています。

仁之道~罰~

志村城奪還目前に、ある情報が舞い込んでくる。

裏切り者の竜三の居所が分かったため、討ち取りに行くことになった。

裏切り者の竜三の居所が分かったため、討ち取りに行くことになった。

ゆなにもう一度手伝ってほしいとお願いするが断られる。ゆなはたかと本土へ渡るための舟を手に入れたため、もう戦いたくないと。面倒をかけてすまなかったと礼を言い、一人で討ち取りに行くことになった。

ゆなにもう一度手伝ってほしいとお願いするが断られる。ゆなはたかと本土へ渡るための舟を手に入れたため、もう戦いたくないと。面倒をかけてすまなかったと礼を言い、一人で討ち取りに行くことになった。

しかし砦に行くとたかが来た。ともに対馬を守りたいというたか。

しかし砦に行くとたかが来た。ともに対馬を守りたいというたか。

危険なので帰るよう諭すが、敵をおびき出すくらいならできるとたかは言う。強い思いに負けた仁はたかに敵をおびき出すことを了解する。たかのおかげで蒙古兵が減った砦に忍び込む仁。 

危険なので帰るよう諭すが、敵をおびき出すくらいならできるとたかは言う。強い思いに負けた仁はたかに敵をおびき出すことを了解する。たかのおかげで蒙古兵が減った砦に忍び込む仁。

砦で竜三と再会するが、後ろから襲われ気絶する仁。

砦で竜三と再会するが、後ろから襲われ気絶する仁。

仁は蒙古に囚われてしまい、目が覚めるとそこにはたかがいた。たかは帰りが遅い仁が心配になり戻ってきたところを捕らえられてしまった。そこにハーンがやってくる。

仁は蒙古に囚われてしまい、目が覚めるとそこにはたかがいた。たかは帰りが遅い仁が心配になり戻ってきたところを捕らえられてしまった。そこにハーンがやってくる。

ハーンはたかの縄を解き、太刀を渡す。仁を殺せと命じる。

ハーンはたかの縄を解き、太刀を渡す。仁を殺せと命じる。

たかはハーンを討とうとするも、逆に殺されてしまった。目の前でたかを殺された仁は怒りに震える。ハーンが去ったあとなんとか縄を抜け、砦にいる兵を始末する。

たかはハーンを討とうとするも、逆に殺されてしまった。目の前でたかを殺された仁は怒りに震える。ハーンが去ったあとなんとか縄を抜け、砦にいる兵を始末する。

たかを追ってきたゆな。変わり果てたたかの姿に打ちひしがれる。

たかを追ってきたゆな。変わり果てたたかの姿に打ちひしがれる。

仁はゆなと友にたかの墓を作る。たかの最後の姿は真の武士であったと声をかける。

仁はゆなと友にたかの墓を作る。たかの最後の姿は真の武士であったと声をかける。


仁之道~對馬の行方~

本土から援軍が到着したため、志村城奪還の戦を仕掛ける仁たち。

本土から援軍が到着したため、志村城奪還の戦を仕掛ける仁たち。
誉れある戦さを仕掛ける志村殿。援軍の武士や対馬の仲間たちとともに志村城に攻め入る。しかし堅牢な志村城の扉は固く、志村殿は仁に道を開くよう指示する。

誉れある戦さを仕掛ける志村殿。援軍の武士や対馬の仲間たちとともに志村城に攻め入る。しかし堅牢な志村城の扉は固く、志村殿は仁に道を開くよう指示する。

仁は毒を使い蒙古兵を恐怖に陥れる。その姿を見た志村殿は誉れある武士を忘れるなと諭すが・・・

仁は毒を使い蒙古兵を恐怖に陥れる。その姿を見た志村殿は誉れある武士を忘れるなと諭すが・・・

蒙古兵を追い詰めた仁達。

蒙古兵を追い詰めた仁達。

ハーンの作戦にはまってしまう志村殿。多くの兵を失ってしまう。

ハーンの作戦にはまってしまう志村殿。多くの兵を失ってしまう。

誉れある戦いでは兵を無駄死にさせてしまうと仁は言うが、誉れある戦をするべしとひかない志村殿。二人の確執は深まっていく。

誉れある戦いでは兵を無駄死にさせてしまうと仁は言うが、誉れある戦をするべしとひかない志村殿。二人の確執は深まっていく。

一人で城に忍び込み、飲みものに毒を仕込むことにする仁。志村殿は決してそれを許さないが、民のためと決意する。

一人で城に忍び込み、飲みものに毒を仕込むことにする仁。志村殿は決してそれを許さないが、民のためと決意する。

仁之道~闇からの使者~

志村殿とは道を違え、毒を盛って蒙古兵を倒し志村城を奪還することになった仁。たかの遺作の冥人の鎧を着て単身城に忍び込みます。

志村殿とは道を違え、毒を盛って蒙古兵を倒し志村城を奪還することになった仁。たかの遺作の冥人の鎧を着て単身城に忍び込みます。 
毒を盛ることに成功した仁。ハーンを探しに城へ行きますが、そこにいたのは竜三。

毒を盛ることに成功した仁。ハーンを探しに城へ行きますが、そこにいたのは竜三。

裏切ったことを無かったことにしようと言う竜三。しかし多くの仲間を亡くした仁は決して許しはしません。

裏切ったことを無かったことにしようと言う竜三。しかし多くの仲間を亡くした仁は決して許しはしません。

死闘の末、竜三を倒した仁。よき友であった竜三を自らの手で葬るその手が震えます。

死闘の末、竜三を倒した仁。よき友であった竜三を自らの手で葬るその手が震えます。

遅れて到着した志村殿に、城を取り戻したことを報告。

遅れて到着した志村殿に、城を取り戻したことを報告。

忍び込み、毒を盛る戦に納得がいかない志村殿。蒙古と同じではないかと仁を説教します。

忍び込み、毒を盛る戦に納得がいかない志村殿。蒙古と同じではないかと仁を説教します。

志村殿は将軍様に仁を息子にし、志村の家督を継ぐことを進言していました。これまでの誉れのないやりかたは全てゆなのせいにし、志村の名を継ぐよう仁に言います。

志村殿は将軍様に仁を息子にし、志村の家督を継ぐことを進言していました。これまでの誉れのないやりかたは全てゆなのせいにし、志村の名を継ぐよう仁に言います。

しかしゆなのせいにはできず、志村殿の提言を断る仁。

しかしゆなのせいにはできず、志村殿の提言を断る仁。

仁は毒を盛り、蒙古兵を倒したことで、その誉れの無い戦を咎められ幽閉されてしまいます。

仁は毒を盛り、蒙古兵を倒したことで、その誉れの無い戦を咎められ幽閉されてしまいます。

仁之道~誉れと灰~

誉れの無い戦をしたことで、志村殿に捕らえられた仁。

誉れの無い戦をしたことで、志村殿に捕らえられた仁。
そこに現れたのは堅二。牢屋を開け、ゆなが琴で待っていると告げます。仁は悩んだ末、脱獄することを選びます。

そこに現れたのは堅二。牢屋を開け、ゆなが琴で待っていると告げます。仁は悩んだ末、脱獄することを選びます。

なんとか逃げ切る仁。しかし愛馬は矢に撃たれて疲弊し死んでしまいます。

なんとか逃げ切る仁。しかし愛馬は矢に撃たれて疲弊し死んでしまいます。

琴は蒙古兵に襲撃されていました。ゆなを探しに行く仁。

琴は蒙古兵に襲撃されていました。ゆなを探しに行く仁。

蒙古は毒の作り方を覚えたようで、琴の民を使って毒を試していたようです。さらに毒矢で撃たれた仁は倒れてしまいます。

蒙古は毒の作り方を覚えたようで、琴の民を使って毒を試していたようです。さらに毒矢で撃たれた仁は倒れてしまいます。

またゆなに助けられた仁。ハーンを倒すため体制を立て直す策を考えます。

またゆなに助けられた仁。ハーンを倒すため体制を立て直す策を考えます。

城岳寺は壁に囲まれ、ハーンの砦に近いため、良い野営地になると判断。蒙古兵を一掃することにします。

城岳寺は壁に囲まれ、ハーンの砦に近いため、良い野営地になると判断。蒙古兵を一掃することにします。

蒙古兵を全員倒した仁とゆな。ここを野営地とし、ハーンの砦を攻略する足掛かりとします。

蒙古兵を全員倒した仁とゆな。ここを野営地とし、ハーンの砦を攻略する足掛かりとします。


さいごに

ゴーストオブツシマのプレイ日記第9話、いかがでしたでしょうか?

メインストーリーも佳境となり、ハーンを追い詰めていきますが、同時に志村殿との確執もできていきます。

愛馬の死、志村殿にる投獄、そして脱獄からの野営地奪還とストーリーはめまぐるしく変化していきます。

戦闘やグラフィックだけでなく、ストーリーも面白いため、未プレイの方はぜひプレイしてみてください!

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました