Ghost of Tsushima プレイ日記8話目 / 仁之道~在りし日の亡霊~、仁之道~鑓川の壁~、仁之道~鑓川の臆病者~、仁之道~鑓川の冥人~、


最初の記事(1話目)はこちら↓

世界中が熱狂しているゴーストオブツシマの公式HPはこちら。

売れるのも納得のおもしろさです!

それでは第8話目のプレイ日記です!よろしければご覧ください!

注意!

ここから先はネタバレが含まれています。未プレイの方はご注意ください。



プレイ動画をYoutubeに上げているのでよろしければご覧ください。

【ゴーストオブツシマ】第八話/仁之道~在りし日の亡霊~、仁之道~鑓川の壁~、仁之道~鑓川の臆病者~、仁之道~鑓川の冥人~【プレイ動画】

プレイ日記8話目

サイドストーリーばかりしていてメインストーリーがなかなか進みませんw

ほとんどの人はもうクリアしてるのではないでしょうか?

学生時代だったら1日中これやってましたね。

妻子持ちサラリーマンは1日2時間プレイが限界なのです。

余談はこの辺で、メインストーリーのお話です。

仁之道~在りし日の亡霊~

仁は生家に帰って境井家由来の鎧を取りに帰ります。

家に帰ると飾っていた鎧が無い。そこに現れたのは・・・?

乳母の百合。名前とは裏腹に正真正銘のババ様でしたw

とんでもねえババアだよw賊を追い返す乳母の百合。蒙古との戦いに参戦してくれれば勝てたのでは?w

鎧は百合が隠していたようです。百姓の太一にとって来させる百合。百合は百姓にネズミ避けのための毒草を育てさせているらしい。仁は鎧を取りに行ってもらう間に父上の墓まりに行きます。

父上の墓の前で和歌を詠む仁。墓の前で何を想うのでしょうか?武士として生き抜くにはあまりに辛い現状。冥人として戦う道は武士の父の意に反していると思われます。複雑な心境でどのような和歌を詠むべきでしょうか。そして和歌を詠み終えたら家に戻り鎧を取りに行きます。

仁は父が着けていた鎧を見て、賊に襲われた過去を思い出します。父の呼びかけに応えられなかった仁はずっと悔やんでいる様子でしたが、その過去を乗り越え鎧を手にします。そして毒を育てていると聞いた仁は、百合に毒を蒙古兵に使えないかと相談します。

百合は毒を使うなど武士ではないと言わんばかりですが、仁はこれ以上犠牲を出せないので仕方ないと考えていて、百合に毒草を用意させます。毒草は吹き矢に染み込ませて使いますが、吹き矢の筒の材料の葦は蒙古の野営に生えているとのこと。早速採りに行きます。

蒙古兵をぶった切る仁。もう鬼のようです。

材料がそろったらあっという間に出来上がり。毒吹き矢を簡単に作ってしまう百合こそ最強説ありますねw

ここで仁之道~在りし日の亡霊~は終了です。鎧と吹き矢が手に入りました!

仁之道~鑓川の壁~

境井家代々伝わる鎧を手にした仁は、志村城奪還のため、さらに兵力を集めるよう志村殿に依頼されました。鑓川という地区にはまだ兵力が残っているらしく、味方につくよう説得に行きます。ただし昔鑓川の乱が起きて志村殿がその乱を沈めた経緯があります。そこで鑓川の出であるゆなが説得の仲介となってくれます。

鑓川も蒙古兵に囲まれていて困っているらしい。蒙古を追い払えば味方してくれるだろうと考えます。

めちゃくちゃ囲まれてますwこれはもう陥落寸前。どうにか町の中に入ろうと、隠れ道を探します。

滝つぼの裏を抜けて町に入った仁。鑓川は昔追放した鑓川殿の末の息子が治めている様子。

蒙古兵が鑓川の民を脅します。服従か死か。究極の二択ですが、考える猶予は与えてくれます。

鑓川氏政殿に味方に加わるよう説得するも、氏政殿は首を縦にはふりません。父親の仇に味方するのは嫌な様子。蒙古もそのうちいなくなると楽観的です。

この顔である。腹立つ顔してますねwハリウッド映画なら次の登場シーンで殺されるやつですよ!

ここで仁之道~鑓川の壁~は終了。鑓川の説得は失敗、次の作戦を考えます。

仁之道~鑓川の臆病者~、仁之道~鑓川の冥人~、

鑓川の民を味方につけられなかった仁は別の手を考えます。鑓川の弓の名手たちが行方不明になっているとの情報があり、その人たちを見つけ助け出すことで、鑓川を味方につけようと考えます。

蒙古兵を矢で射抜く鑓川の者。

無事発見。鑓川の武士である大黒。やはり鑓川は志村殿に壊滅させられたので、大黒さんも志村嫌いのようです。大黒さんたちは蒙古の兵糧を奪うつもりでしたが、あえなく失敗。仲間が数人捕らえられてしまいます。その仲間たちを救うため、罠を張って蒙古兵を壊滅させる作戦に出ます。

蒙古から奪った火薬で罠を作り、蒙古兵を壊滅させた仁と大黒達。大黒は仁が冥人であることに驚き、ともに戦ってほしいと言います。これで鑓川は仁の味方になりそう。一旦鑓川の町に戻ります。

鑓川の町に戻ると蒙古兵が攻めてきます。投石器もでてきてピンチになりますが、仁の素晴らしい働きで投石器を破壊、蒙古兵をやっつけます。

蒙古兵の隊長との戦い。サイドクエストを結構進めて体力、気力みなぎる仁の敵ではないですw

ここで覚醒する仁。鬼のような強さを発揮します。びびる蒙古兵。鑓川の兵たちとともに蒙古を追い返すことに成功します。

鑓川の町を守った仁。今度は対馬を守ろうと鑓川の民に訴えます。そしてついに鑓川は仁の味方になるのです。

ここで仁之道~鑓川の冥人~は終了です。

さいごに

ゴーストオブツシマのプレイ日記8話目、いかがでしたでしょうか?

父の鎧を手にし、鑓川の民を味方につけた仁。段々冥人としての自分を受け入れていく感じが刺さりますね!

戦闘システムや雰囲気だけでなく、そのストーリーも良くできてると思います。

未プレイの方はぜひプレイしてみてください!

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました