Ghost of Tsushima プレイ日記/5話目/連岩神社、仁之道~鍛冶場に火を~

最初の記事(1話目)はこちら↓

世界中が熱狂しているゴーストオブツシマの公式HPはこちら。

発売わずか3日で240万本売れた神ゲー!

売れるのも納得のおもしろさです!

それでは第五話目のプレイ日記です!よろしければご覧ください!

注意!

ここから先はネタバレが含まれています。未プレイの方はご注意ください。



プレイ動画をYoutubeに上げていますので、そちらもご覧ください。

【ゴーストオブツシマ】第五話/連岩神社、仁之道~鍛冶場に火を~【プレイ動画】

プレイ日記5話目

今回は連岩神社攻略とメインストーリーの仁之道~鍛冶場に火を~をクリアしました。


連岩神社

以前通りすぎただけで放置していた連岩神社。ここをクリアするともらえる護符が序盤に有利と聞いたので、行ってみました。


入口にあるカエルの像。お辞儀するよう看板がでていたので、お辞儀すると・・・カエルがぶわあああああ!っとでてきました!これ現実だとめっちゃ嫌ですねw


アスレチック感満載の連岩神社。アサシンクリード並みの崖伝いです。武士とは思えない身の軽さ。

たどり着いたのは海に浮かぶ美しい社。そのまま水墨画になりそうですね!

大国主神の護符をいただいたでござる!戦闘中以外で体力が徐々に回復する便利アイテム!回復アイテムがないゲームなので、これは助かります!

仁之道~鍛冶場に火を~

メインストーリーを進めます。ゆなの弟、たかを助けだしてから、しばらくぶりに会いにいくことに。たかが叔父上救出のための兵具を作ってくれるはずだが・・・

ゆなとたかが向かった小松の鍛冶場は蒙古の拠点となっていたでござる!さっそく蒙古を殲滅するでござる!

無事ゆなと合流。蒙古に襲われ、村人は殺されたり囚われたり・・・生き延びた人は隠れているそうだ。

鍛冶場を捨てて逃げようとするゆなだったが、仁は村の鍛冶場も民も失えないと言う。仁は武士というかなんというか、ただの無茶振り野郎に見えてきましたw

鍛冶場を囮にしようとする仁。もうただの戦バカですね。

まんまとおびき出される蒙古軍。蹴散らしてくれるわ!

隊長を弓矢で倒しました。

お侍様の戦い方じゃない・・・とたかが言うのだが、その通りですw

このお方は蒙古を討ち滅ぼすため冥府から蘇った伝説の武者“冥人(くろうど)”様さ。とゆなが言いますが、何とも言えない表情の仁。武士としての誉れを大切にする一方、闇討ちする戦いをせざるを得ず、葛藤しているところにこの言葉ですからね。仁の心の中はもやもやしていることでしょう。

新しい型を覚えました。水の型は盾兵に特攻。型があればかなり戦闘が楽になりそうです!結構死んでますからねw

場所は変わって金田城。コトゥンハーンと志村殿。コトゥンが仁の侍の道に背いて戦っていることを志村殿に告げ口しますが、そんな戦い方はしないと一蹴されます。すまぬ・・・志村殿・・・

さいごに

ゴーストオブツシマのプレイ日記いかがでしたでしょうか?

近年まれにみる神ゲーと個人的には評価しているゲームです。

未プレイの方はぜひプレイしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました