Ghost of Tsushima プレイ日記/4話目/仁之道~砕けた槌~、昇り木の秘湯、仁之道~石川之譚~、伝承~内経の呪い~

最初の記事(1話目)はこちら↓


世界中が熱狂しているゴーストオブツシマ。

私もはまってます!

オープンワールドゲームとしてはベーシックなシステムですが、そつがない作りで誰でもすんなり戦国時代に入り込めると思います。

できるだけUIもシンプルに作られており、ミニマップも表示されませんが、風が行き先を教えてくれる粋な仕様で道に迷うこともありません。

それでは第四話目のプレイ日記です!よろしければご覧ください!

注意!

ここから先はネタバレが含まれています。未プレイの方はご注意ください。



プレイ動画をYoutubeに上げていますので、そちらもご覧ください。

【ゴーストオブツシマ】第四話/仁之道~砕けた槌~、昇り木の秘湯、仁之道~石川之譚~、伝承~内経の呪い~【プレイ動画】

プレイ日記4話目

さてさて前回は散策してメインストーリーが進みませんでしたが、今回はストーリーを進めてみました。命の恩人ゆなの弟たかを助けに行きます。道中でったのは杜氏で酒売りの堅二。いかにもちんけな野郎ですねw


ちんけな野郎ですが、たかを助けるためのキーパーソン。嫌々ながらも協力してくれます。


堅二は酒売りで蒙古の拠点に出入りできます。そこで荷車に隠れて拠点に乗り込む作戦をたてます。


蒙古兵に阿呆と言われてしまう堅二w


しかしその阿呆(失礼)のおかげで無事蒙古の砦の中に入れました。たかを救いたいゆなは必死です。


たかをさらった人売りを発見。たかの居場所を探すため後を追います。もはや武士ではなく忍者ですね。


そして無事たかを発見!こちらのお方もまたちんけな野郎ですw臆病者ですが、鍛冶の腕前は確か。仁に協力することを約束してくれました。


そして3人で砦を脱出。外で待っていたのは堅二でした。人数分の馬まで用意するなんて、ただのチンケな男ではないようです!


蒙古兵から逃げ延びた4人。ゆなとたかは小松という島一番の鍛冶場がある村へと向かいます。仁は蒙古に囚われた人たちを助けたいので後から合流すると告げます。仁之道~砕けた槌~はここで終了です。


昇り木の秘湯を発見したので一休み。(囚われの人たちは・・・)そして仁のサービスショットをご堪能ください。


次のメインストーリーは石川之譚。弓の名手石川先生に協力を求めに行きます。強力な兵の一人ですが、蒙古との戦に参加しなかったのはなぜなのか?真相に迫ります。


いきなり矢を向けられる仁。石川先生のご乱心か!?部屋の中でも弓を使うとは・・・


ご乱心ではなく賊に襲われていた模様。


叔父上救出を手伝ってほしいと頼む仁ですが、石川先生は弟子を探している様子。弟子を見つけてから協力することになりました。


弟子を探す道中、石川先生からのサプライズプレゼント。ここから弓を使えるようになります。


石川先生の弟子の巴が囚われているらしい蒙古の砦。正面突破しか頭にない仁ですが、冷静な石川先生に止められます。


石川先生が弓矢で敵を倒してくれました。砦の中を探索すると、巴の服を発見。釈放されたようですが・・・


実は巴は蒙古に寝返ったようです。石川先生は何かを知っている様子ですが、弓術を蒙古に奪われてはいけない、巴を始末しに行くと言います。仁はついていく気満々ですが、人手が足りないので仲間を集めてから合流することに。


ここで仁之道~石川之譚~は終了です。弓が使えるようになると拠点制圧がはかどりますね!ゆなの弟救出より先にこっちに来ればよかったw


オープンワールドあるあるのサイドクエスト。ゴーストオブツシマでは伝承と呼ばれるサイドクエストがあります。たまたま見つけた伝承~内経の呪い~をやってみます。琵琶法師の話から始まります。昔悪鬼を倒した弓の達人内経は、悪鬼に呪われてしまい人々を殺害。その罪を問われ対馬に流罪となってしまい、対馬で最後を迎えます。その弓が今も対馬に残っているらしいので、もらいに行きます。


絵を頼りに内経ゆかりの地を巡ります。


道中明らかにやばそうな人?が・・・


なんとか弓を見つけるも、弓を取ったその時、仁は霧のようなもので包まれます。


現れたのは天狗!天狗は弓を取ろうとする仁を殺しに来ます。ここでようやく私は赤く光る攻撃はパリィできないことに気づきましたwめっちゃ殺されましたよ・・・


なんとか天狗を倒して長弓ゲット!石川先生からもらった半弓より威力などが高いですが、撃つスピードは遅いようです。


さいごに

プレイ日記四話目、いかがでしたでしょうか?

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

未プレイの方はぜひプレイしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました