Diary

日本で買える代替肉まとめ

日本で買える代替肉まとめ

代替肉(人口肉、植物肉、大豆ミート、フェイクミート)が日本でも注目されはじめています。私は大学院まで植物培養やDNAの研究をしていたので、とても興味深い分野だと感じています。

牛や豚などの畜産に頼らない植物をベースとして、お肉そっくりな食品が代替肉です。代替肉が注目される理由として以下2つのメリットが挙げられます。

地球環境に優しい
動物を屠殺しなくて良い

代替肉が地球環境に優しいのはちょっと意外ですよね。実は世界全体の温室効果ガスのうち、畜産業で約15%を占めているという報告があります。植物を原料とした代替肉が広まり、畜産業が減れば温室効果ガス排出が減ることになります。代替肉を食べることが間接的に環境保護運動に参加することになると言えます。

また、おいしく感謝してお肉を食べれば気に病む必要はないと思いますが、それでも動物の命をいただいているという罪悪感はあるかもしれません。そういった倫理的な問題も解消できるのが代替肉のメリットですね。

さて、アメリカでは代替肉専業メーカーのビヨンド・ミート、インポッシブル・フーズなどが一般消費者向けに代替肉を販売していますが、日本では残念ながら購入できません。そこで日本でも買える代替肉をまとめましたのでご参考ください。代替肉の味が気になる方は購入先リンクを貼っておきますので、ご賞味ください。

Udokko

ありがとうございます。Udokkoです。YoutubeTwitterInstagramもやっているのでぜひご覧ください。

大塚食品【ゼロミート】

日本の大手食品メーカーの大塚食品からゼロミートという代替肉製品が販売されています。

「そこそこおいしい」のフレーズが正直で面白いですねw

ゼロミートは大豆を原料とした代替肉で、ハンバーグ、ハム、ソーセージがあります。いずれの製品もお肉由来に比べるとタンパク質が多く、脂質が低いのが特徴。ダイエットや筋トレ中の方にもおすすめです。

購入はこちらからできます。

日本ハム【ナチュミート】

日本の大手食品メーカーの日本ハムからナチュミートという代替肉製品が販売されています。

お肉メーカーが代替肉を作るのは面白いですよね。それだけ代替肉の需要が見込めるという期待感の現れだと思います。ナチュミートは大豆たんぱくやこんにゃくを使用しています。ナチュミートにはハンバーグ、ハム、ソーセージ、キーマカレー、ミートボールがあります。

購入はこちらからできます。


ネクストミーツ

ネクストミーツは2020年6月に設立した日本ではおそらく初の代替肉専業メーカーです。地球環境保護を全面に押し出したキャッチコピーです。

このメーカーのおもしろいのは、商品をスマホのようにアップデートしていくところ。ネクストバーガーは1.0から2.0にアップデートされています。

2.0になってギルトフリー(罪悪感無し)、生産ラインにも動物性の原料がなくヴィーガンの方にも対応しているそうです。国産代替肉ではネクストミーツが最先端だと思います。ネクストバーガー2.0は予約注文、12月23日より順次発送です。これ以外のカルビ1.0、ハラミ1.0、牛丼1.2はアマゾンやYahooでも購入できます。

購入はこちらからできます。



オムニミート

オムニミートは香港の会社ですが、日本に上陸しました。

植物性代替肉のひき肉を販売しています。ひき肉なのでいろいろな料理に使えるのが良いですね。ちなみにヴィーガン認証取得(Vegan Action)、ハラール認証取得されています。各種オンラインショップで植物性代替肉のひき肉が購入できます。

オンラインショップはこちら

さいごに

世界で注目される代替肉が日本でも買えるようになっています。2020年には代替肉専業メーカーが日本でも誕生しており、その需要、期待値の高さが伺えます。

私自身はベジタリアンでもヴィーガンでもありませんが、地球環境保護に貢献できるという点で食べる価値はあると思っています。ドラスティックなことはしなくとも、時々代替肉を食べることがエコ活動になるので、皆様もぜひ一度代替肉を食べてみてはいかがでしょうか。

以上、日本でも買える代替肉まとめでした。

代替肉にはデメリットもあると思っています。

ご参考
代替肉のデメリットは?3つ考えられます。

続きを見る

代替肉は投資対象としても興味深いです。

ご参考
代替肉関連銘柄の紹介。今後世界の食料を変えるかもしれない米国企業2選。

続きを見る

新着記事

Diary

2022/9/29

造花とぽん氏と私と

ありがとうございます。Udokkoです。 ぽん氏の部屋の片隅に、造花があります。この造花は結婚式の時に母が作ってくれた物で、もう10年以上が経ちます。 そう考えると随分時間が経ったなあとしみじみ。 みみ先生が来て、ぽん氏が来て、息子が来て。 みみ先生とは残念ながらお別れすることにもなりました。 ぽん氏はまだまだ長生きしてくれるでしょう。 なんだかんだで私も平均寿命の半分近くになりました。 歳をとるのも別に悪いことじゃないです。 年をとると知識や経験が蓄積されるので、むしろイージーモードになる気がする。 と ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/27

ミラーレスカメラの欠点!?ストロボ撮影で必須の液晶表示設定がある

ありがとうございます。Udokkoです。今回はミラーレスカメラのある意味欠点とも言えるかもしれないストロボ撮影時の液晶表示設定についてシェアしたいと思います。 ミラーレスカメラは構造上、EVFや背面液晶に写る写真がそのまま表示されます。あとからPCや印刷して見ても、基本的には液晶で見たものと同じものが写っています。これがミラーレスのメリットであると言えます。スマホと同じ感覚で撮れるので、ミラーレスは初心者向けと言えるかもしれません。 一方で、自分もやってみるまで気づかなかった意外な盲点として、ストロボ撮影 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/26

SONYのISO AUTO低速限界とはシャッタースピード下限値のこと

ありがとうございます。Udokkoです。 SONYのカメラには「ISO AUTO低速限界」という設定があります。ISO AUTO低速限界。繰り返します。ISO AUTO低速限界。これ以上難解な日本語はあるだろうか。いや、ない。 この文字だけ見ても全くピンとこない設定なんですが、意味が分かるととても便利な設定です。いまや私にとってこのISO AUTO低速限界は必須機能です。まだISO AUTO低速限界を使ったことがない方は、ぜひ一度使ってみてください。手ブレ、被写体ブレなどの失敗写真がグンと減ると思います。 ...

ReadMore

Photo & Camera

2022/9/25

LUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.の世界一遅いレビュー

ありがとうございます。Udokkoです。 個人ブログとしては世界で一番遅い、つまり言い換えると一番新しいレビューになると思います。2010年に発売され、2022年9月の時点ではすでに生産完了品となっているLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.のレビューでございます。 今は2型のLUMIX G 14mm / F2.5 Ⅱ ASPH.が発売されていますが、今回購入したのは1型の古い方。なぜ今更感満載のLUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.を買ったのかをシェアさせていただきたく存じます。 ...

ReadMore

Diary

2022/9/20

机、椅子、ベッド、いずれもぽん氏の居場所になる

ありがとうございます。Udokkoです。 自由きままな猫。ぽん氏も例外ではなく、基本的に我が家のいろんなところに現れます。私の部屋の机、椅子、ベッドも、ぽん氏の居場所になります。 机の上作業しているとどこからともなく現れるぽん氏。 椅子の上にもちゃっかり乗ります。 続きます

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-Diary
-, , , ,