PC & Gadget

iPhone SE(第2世代)のカメラ性能を写真で比較。2018年のハイエンドXperiaに勝てるのか?

iPhone SE(第2世代)のカメラ性能を写真で比較。2018年のハイエンドXperiaに勝てるのか?

先日購入したiPhoneSE(第2世代)は安いのにカメラ性能が良いという評判です。同じ世代のiPhone11と同等レベルという評価もあります。


上記リンクの記事の中ではiPhoneSE第1世代、iPhone11 Proと比較されています。実際iPhoneSE第2世代で写真を撮ってみると、結構キレイに写してくれます。

では2018年に購入したハイエンドAndroid機、Xperia XZ2 Premiumと、2020年に購入したエントリーAndroid機、AQUOS Sense4 Liteとひかくするとどうなるのか、実際に検証してみました。

先に結論を言うと、Xperia XZ2 Premiumの方がキレイでした!やはりカメラはSONYが強い!

ありがとうございます。Udokkoです。YoutubeTwitterInstagramもやっているのでぜひご覧ください。



iPhone SE(第2世代)のカメラ性能を比較。2018年のハイエンドXperiaに勝てるのか?

iPhoneSEはXperia XZ2 Premiumの定価は半分以下。はたしてどこまでカメラの画質は迫れるのか、または追い越せるのか?

スペック比較

今回比較するスマホはこちら。カメラのスペック値はアウト側のみ記載しています。

iPhoneSE(第2世代)Xperia XZ2 PremiumAquos Sense4 Lite
発売日2020年4月2018年7月2020年11月
定価44,800円(64GB)10,8000円25,000円
SoC/AntutuスコアA13 Bionic / 468401Snapdragon 845 / 359549 Snapdragon 720G / 273594
画面4.7インチ
1334 x 750
5.8インチ
3840×2160(4K)
5.8インチ
1,080 × 2,280
カメラ(標準) f値/センサーサイズf1.8 / 推定1/2.9型f1.8 / 1/2.3型f2.0 / 不明
重量148g236g176g

iPhoneSEはXperia XZ2 Premiumのカメラと比較すると、f値は同じ1.8、センサーサイズは詳細不明ですがXperia XZ2 Premiumよりも小さいものと推定されます。

カメラのスペック的にはXperia XZ2 Premiumの方が優れていますが、さあどうなるでしょうか。

実際に撮影して比較してみた

最近のスマホのカメラは普通にキレイに撮れてしまいます。ガラケーから使っている身としては、この進化は素晴らしすぎると言わざるを得ない。普通にキレイなので、普通に撮っては差が出ないであろうことから、部屋の中で、かつベッドの下という薄暗い場所であえて撮ってみました。

今回の撮影場所はこのベッドの下の部分。部屋の薄暗い場所なら画質の差がよく分かるはずです。


被写体はこちらのIラブ北海道ベアーさん。今回もにっこり笑顔が素敵です。撮影頑張ってもらいましょう!

なお、カメラ設定はすべて標準搭載のカメラアプリを使用、モードは通常(ナイトモードなどは使用していません)モードで撮影しています。できるだけ同じ条件になるよう撮影しています。


iPhoneSEで撮ってみた

それではまずはiPhoeSEから。

薄暗い割には良く撮れてると思います。実際の見た目の印象よりも全体的に明るく仕上がってます。

くまさんを拡大してみました。これはカメラのズームではなく、一つ上の写真の切り取りでアップしているだけです。くまさんの毛並みが写っているのが分かります。


さらに拡大して、バーコードの部分を見てみましょう。数字がかろうじて見えるかなというくらい。これだけ薄暗い中でもなんとか見えるまで写せるスマホが44,000円。お買い得感あります。


Xperia XZ2 Premiumで撮ってみた

続いていXperia XZ2 Premiumの写真です。間違えてアスペクト比を16:9にしてしまいました。

さすがキレイに写っています。iPhoneSEよりも全体的に暗く見えますが、見た目の印象に近いです。明るい所、暗い所の差が分かります。ダイナミックレンジが広い。

くまさんを拡大。毛並みがよく分かります。

バーコードの数字がはっきり見えます。iPhoneSEよりも明らかに解像度が高い。これはセンサーサイズが大きいことで、暗所耐性が高いためだと考えられます。

AQUOS Sense4 liteで撮ってみた

次にAQUOS Sense4lite。

意外とキレイ。25,000円のスマホのカメラとしては十分でしょう。

くまさんの毛並みが写っておらず、のっぺりした印象。画像処理を甘くすることで、ぱっと見良く見えるように画像処理されているのではと思います。


バーコードの数字はかろうじて解読できそう。iPhoneSEと同じくらいの解像感です。


比べてみた

3つのスマホで撮った写真のバーコードの数字部分を並べてみました。やはりXperia XZ2 Premiumが最もキレイに写っています。次にiPhoneSEですね。AQUOS Sense4liteも割とキレイに見えますが、ディテールが潰れています。


まとめ

iPhoneSEのカメラ性能を2018年のハイエンドAndroid機のXperia XZ2 Premiumと比較してみましたが、Xperia XZ2 Premiumに軍配が上がりました。やはり廉価版のiPhoneSEなのか、2年という歳月の差があってもハイエンドXPERIAにはかなわない様です。iPhoneSEがiPhone11と同じくらいのカメラ性能と言われていますが、そうなるとiPhoneよりXPERIAの方がカメラ性能は良いのかなという印象です。

とはいえiPhoneSEも十分キレイに撮れます。今回は薄暗いベッドの下での撮影で、かなり条件としては悪いです。それでもここまで写せるのであれば必要十分以上かなと思います。

スマホのカメラの進化はえげつないですが、そろそろ頭打ちの様子。2021年12月現在でスマホのカメラ性能が気になる方は、もしかしたら2年くらい前のハイエンド機でも十分満足できるかもしれません。

以上、iPhoneSEのカメラ性能を比較してみた!でした。

iPhoneSEは楽天モバイルで利用しています。

楽天モバイルを1年無料で使ってみた感想【お得に使えて良かった】

続きを見る


iPhoneSEを買うなら新品未使用を探すのがオススメです。





新着記事

Photo & Camera

2023/1/6

標準ズームレンズを着けたフルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ

ありがとうございます。Udokkoです。 私の愛機はSONYのα7Riiで、レンズは小三元レンズのSEL2470Zです。カメラをカバンに入れて持ち運ぶときに、そのまま入れてしまうとダメージがありそうなのが気になりますよね。今回はその対策としてラッピングクロスを購入してみました。カメラのラッピングクロスを購入しようとしている方は、サイズ感が気になると思いますので、そのご参考にしていただければ幸いです。 フルサイズミラーレスのラッピングクロスはMサイズがおすすめ 結論は題名に書いてある通りなんですが、フルサイ ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/4

GRⅢxのRAWデータは情報量が豊富

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxはコンパクトなカメラながら、APS-Cセンサーを搭載しています。よって、そのデータの情報量はコンデジとは思えない物です。今回はRAWで撮ったデータをLightroomに取り込んで、シャドウやハイライトをいじってみました。GRⅢxのデータにどれだけの情報量が詰め込まれているのか、感覚的に掴んでみたいと思います。 室内で撮った写真のRAW現像 まずはこちらの写真。これは何もいじっていないスタンダードな状態です。部屋の床に落ちていた猫じゃらし。左上は黒潰れ、右上 ...

ReadMore

Photo & Camera

2023/1/3

RX100M6の外観レビュー。滑るのが気になる。

ありがとうございます。Udokkoです。 GoopassさんでSONYのコンデジのRX100M6をお借りしました。GRⅢxでコンデジの魅力に気づいたので、借りてみたわけです。GRⅢxは単焦点、RX100M6は24−200mmの超便利なズームレンズという違いがあります。レンズの構成を見るとある意味対極に位置するような2つのカメラです。また、GRⅢxのズームができない、AFや動画性能が劣るという点をRX100M6は克服してくれています。とても面白そうなコンデジ。試さずにはいられませんね。というわけで今回はRX ...

ReadMore

Game

2023/1/2

COD DMZのコントローラーの上下反転の設定方法

ありがとうございます。Udokkoです。 COD Warzoneに新たに追加されたDMZの、コントローラーの上下反転の設定方法です。PS5版ですが、おそらくPS4でも同様だと思います。意外と分かりにくかったので、備忘録として残しておきます。 歯車マーク → コントローラー → エイム → 垂直エイム軸 → 通常を反転に変更 以上が手順になります。画像も載せておきますので、反転民の方はご参考くださいませ。 この記事は以上です。

ReadMore

Photo & Camera

2022/12/28

GRⅢxのイメージコントロールを猫で比較してみた

ありがとうございます。Udokkoです。 GRⅢxには10種類のイメージコントロールがあります。 https://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr-3/feature/03.html Fujifilmで言えばフィルムシミュレーション、SONYだとクリエイティブコントロールになりますね。各社色々言い方がありますが、要はカメラメーカーが用意してくれている画作りのことです。特にRICOHのGRⅢxはモノクロはもちろんですが、ポジフィルム調やブリーチバイパスなどが ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

udokko

37歳、妻子有りのサラリーマン。自分が疑問に感じたこと、困ったことの解決策を備忘録的にブログにしています。誰かの助けになればありがたいです。最近は写真にはまり、猫の写真日記多めです。どれか1枚でも心に刺さる写真があると嬉しいです。

-PC & Gadget
-, , , , ,