4月の米国株取引履歴【5万円だけで投資してみた結果】

2020年4月の米国株取引履歴

どうもUdokkoです。

米国株を5万円だけで始めて1ヶ月。

いろいろ買っていろいろ売って、今のところ5万円を元手に28.34ドルの利益を得ており、約+6%増になりました。

当初は高配当株とETFを中心に長期保有と思っていましたが、あまりにも値動きが大きいことと、実際の経済を反映していない株の値上がりが気になり、保有していた株をほとんど売りました。

2020年4月の米国株取引履歴
SPYD以外全部売却。売却はすべて外貨決済です。

結果的にその次の日に株価が軒並み暴落し、うまく利益を得ることができました。

実際に何を買って何を売ったのか、紹介したいと思います。

2020年4月の米国株取引履歴

2020年4月の米国株取引履歴
2020年4月の米国株取引履歴

売却した銘柄と株数とその利益はこちら↓

銘柄(ティッカー)売却株数利益
SSL106.5ドル
OEC47.98ドル
KRO34.71ドル
DOW14.51ドル
LYB14.64ドル


2020年4月29日にあまりにも株価が上がりすぎている感じがしたので、SPYD以外全部成行で売りました。

結果的に次の日2020/4/30(木)から株価が下落。高値で売りぬくことに成功しました。下のチャートはYahoo financeより引用していますが、NYダウの平均株価です。

NYダウの平均株価
Yahoo financeよりチャート引用:NYダウ

値動きが激しいので、あまり欲を持たずにこまめに売り買いした方が良いかもしれませんね。

ただ手数料を取られるので、1%程度で売るのはもったいないので、あくまでも長期保有を念頭に、10%近い上昇なら売る、という考え方にしようかなと思います。

4月の取引を振り返って

2020年4月の米国株取引履歴を振り返って

4月の米国株取引は人生初の米国株取引でしたが、うまく利益を得ることができました。

当初予定していた5万円を元手に+3%目標をすでに達成してしまいました。

この状態であと11ヶ月放置すれば、当初の目標をほとんど達成できることを意味します。

しかしながら今回のアメリカ株を色々と見ていくと、自分の知らない企業や分野を知ることができるのは面白く、ここで取引をやめるのはもったいないと感じていますので、今後もいろいろ買っていろいろ売ってみようと思います。

基本的に高配当株とETFを中心に、長期保有をスタンスとして持っていきますが、値動きが激しい今の相場では、ある程度株価が上昇して売買利益が得られるなら躊躇なく売っていこうと思います。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

TwitterやInstagramでは毎日のようにウサギとネコの日常をつぶやいていますので、ぜひフォローしてください!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ

株・資産運用:人気記事一覧

【2021年版】GPUマイニングで利益はだせるか?【ビットコイン】
ビットコインのGPUマイニングで利益はだせるか?【2020年最新版】
代替肉関連銘柄の紹介。今後世界の食料を変えるかもしれない米国企業2選。
ダウ・インク【DOW】の株価、配当金、業績などの銘柄分析
【LYB】ライオンデルバセル・インダストリーズの事業内容、業績、株価、配当などの銘柄紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました