株式投資と節約で住宅ローンを早期完済を目指す

先日投資について思うことを書き連ねてみました。

投資をする、と言っても投資手法は千差万別。

一概にどれが良いとは言い難く、自分に合った投資を見つけることが肝要と気づきました。

では自分に合った投資とはどうやって見つけるのか?

それは投資の目的を明確にすることだと思います。

ゴールを設定すれば自ずと道筋が決まります。

今回はその目的と、それを達成する手法を備忘録として残していきます。

株式投資と節約で住宅ローンを早期完済を目指す

私の投資目標は、住宅ローンを早期返済することです。

具体的には15年後に住宅ローン完済すること。

さらに具体的には15年後の住宅ローン残高は1,700万円のため、15年後までに1,700万円を準備することになります。

住宅ローン早期完済したい理由

15年後は息子が18歳になる年です。

息子が大学進学して一人暮らしをすると仮定すると、仕送りだけで月10万円くらいはかかるでしょう。

住宅ローンを払いながら、仕送りもして、学費も払うとなると結構な額になります。

なので、住宅ローンを完済することで、月々の負担を減らしたいと考えました。

一方で、住宅ローンは金利が低く、それを上回るリターンが得られるなら投資をした方が良い、という考え方もあると思います。

この考えには賛成する部分はありますが、今後必ずしも低金利が続くとは限りません。

それよりも住宅ローンが無くなるという安心感を得たいと思っています。

よって、15年後に住宅ローン完済を目指そうと思った次第です。

住宅ローン繰り上げ返済のためのお金はどうする

15年後に1,700万円準備するためには、年間約113万円の貯金が必要です。

全く無理な数字ではないかもしれませんが、家族にひもじい思いはさせたくありませんし、息子には世の中の色々なことを経験させてあげたいので、貯金だけでは達成困難と思います。

よって、株式投資と節約でこれを達成しようと考えています。

節約で投資資金を確保し、長期投資で利益を得ていこうという作戦です。

作戦①積立NISA

すでに始めていますが、積立NISAを活用します。

下の図は積立NISAの月上限の月々33000円を15年積立て、リターンを5%とした場合の最終積立金額です。

楽天証券/https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/saving/simulation/

元金は594万円ですが、運用収益が288万円となり、合計で約880万円になります。

この利益は積立NISAのため非課税、まるまる利益になります。

リスクはありますが、インデックス投資なら比較的リスクは低く、過去の実績からは十分なリターンが得られると思っています。

作戦②10万円投資

積立NISAが投資の主軸になりますが、それ以外にもチャレンジしてみるつもりです。

10万円を元手に日本株、アメリカ株で運用してみようと思っています。

決算書の読み方などは理解しているつもりですが、投資の勉強はまだまだ不足。

インプットを増やしながら、このブログでアウトプットしつつ、勝てる投資パターンを見つけようと思います。

さいごに

私は妻子持ちの資産無しのサラリーマン。

おそらく日本社会に数多くいるであろう一般人です。

どこにでもいる一般人でも、投資と節約で住宅ローンの早期完済ができるということを証明してみたいと思います。

しばらくは節約を続けながら積立NISAをコツコツ積立てます。

今現在我が家には現金が無いので、生活防衛費や車買い替え費用などを考慮し、300万円ほど現金預金を目指します。

現金300万円ほど貯まったら、投資資金を増やしていこうと思います。

この目標が達成できているか、15年後にこのブログで発表できればと思います。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました